*

ブログのGoogle+ページを作り、ブログ投稿をGoogle+に流し、ブログにGoogle+バッジを設置する

公開日: : ブログ

1.Google+ページを作って、やったこと

先日、「単純作業に心を込めて」のGoogle+ページを作成しました。facebookページと似たようなものがGoogle+にもないのだろうかと思い、調べたところ、その名もGoogle+ページというものが用意されていたため、早速作ってみました。

私がやったのは、以下の3つです。

(1) Google+ページ作成

Googleアカウントを持っていれば、すぐに作れます。所要時間10分くらい。

(2) ブログへの投稿をGoogle+ページに自動的に流すように設定

Google+ページでも、facebookページと同じように、ブログへ投稿した記事を、RSSを通じて、自動的に流し込むようにしました。

Hootsuiteのアカウントを登録するところから、設定完了まで、30分くらいでした。

(3) ブログへGoogle+のブログパーツ「Google+バッジ」を設置

facebookページのLike! Boxと同じようなブログパーツで、Google+ページのものを、ブログのサイドバーに設置しました。

コードを取得して、サイドバーにテキストウィジェットで追加するために、所要時間10分くらいでした。

2.Google+ページ関係でやったこと3つ

(1) Google+ページ作成

a.Google+ページとは

Google+にも、facebookページと同じように、Google+ページというものがあります。

Google+ ページについて – Google+ ヘルプ

Google+ ページは、Google+ 上で、企業や製品、ブランド、組織の認知度を高めたり、存在感を発揮したりするのに役立ちます。

Google+ ページは、Google+ 内で Google+ プロフィールのオーナーと同様のことができます。サークルへのユーザーの追加、プロフィールの編集、Google+ 内での共有、コメントや写真への +1、ハングアウトの作成と参加などです。ただし、完全に同じというわけではありません。

Google+ページを使えば、本名を出さずに、ブログでGoogle+を利用することができます。

b.Google+ページの作り方

Googleアカウントを持っていて、Google+を利用しているなら、Google+ページを作るのは簡単です。

Google+のメインメニューから、「ページ」を選んで、「ページを作成」とすればOKです。やり方は、このページに書いてありました。

Google+ ページ スタート ガイド – Google+ ヘルプ

Google+ ページを作成するには:

1.Google+ のメイン メニューの左上にカーソルを置きます。

2. をクリックします。

3.右上の [ページを作成] ボタンをクリックします。

4.作成する Google+ ページのカテゴリを選択します。

5.[作成] ボタンをクリックします。

カテゴリは、そんなに深刻に考えなくてもよいそうです。

カテゴリの選択を深刻に考える必要はありません。適当なカテゴリが見つからなければ、「その他」を選んでください。カテゴリは、ページの主要な機能や発見されやすさには影響しません。

ブログの場合は、「商品/ブランド」でよいのではないかと思います。

(2) ブログへの投稿をGoogle+ページに自動的に流すように設定

a.Google+ページに、ブログの投稿を自動的に流すための方法2つ

Google+のコンテンツを考えたのですが、やはり、facebookページと同じように、ブログに投稿した記事を自動的に流すことから始めるのがよいという結論に至りました。

そこで、Google+ページへブログ記事を自動的に流す仕組みについて調べたところ、次のふたつがありました。いずれも、ブログのRSSを読み取って、自動的にGoogle+ページに投稿してくれます。

(a) Hootsuite

ひとつめは、Hootsuiteです。私は、Hootsuiteのことを、クラウドのTwitter管理ツールくらいに認識していたのですが、Twitter以外のSNSとの連携機能もあるそうです。

Social Media Management Dashboard – HootSuite

Google+との連携も、以下の通り、多彩です。

Google+ Pages – HootSuite

HootsuiteによってGoogle+ページに投稿する為には、Hootsuiteの無料アカウントで可能です。

(b) dlvr.itの有料プラン

ふたつめは、dlvr.itの有料プランです。

私は、dlvr.itを、ブログ記事をTwitterに自動的に通知するために使っています。使い勝手がよいので、気に入っています。このdlvr.itには、Google+ページへの投稿機能もあるそうです。

コンテンツ通知サービス dlvr.it が Google+ ページに対応 | Lifehacking.jp

しかし、dlvr.itでGoogle+に流すためには、dlvr.itの有料プランを利用する必要があります。そのため、私は、この方法をあきらめました。

b.Hootsuiteの設定方法

Hootsuiteを使って、ブログに投稿した記事をGoogle+に流すための設定方法ですが、これらのページが参考になります。

Google+ページを作成してRSSフィードを自動投稿する|Google関連|Web関連特集|PHP & JavaScript Room

HootSuiteを使ってGoogle+ページにブログの更新を自動ポストする方法 | [M] mbdb

(3) ブログへGoogle+のブログパーツを設置

a.Google+のブログパーツ

Google+にも、facebookページのLike! Boxと同じようなブログパーツがあります。Google+バッジというそうです。

Inside Adsense – 日本語: Google+ バッジが新しくなりました

b.作り方(コードの取得)

Google+バッジを作るには、Google+にログインした状態で、以下のページにアクセスします。

Google+ Badge – Google+ Platform — Google Developers

c.WordPressブログへの設置方法

サイドバーに設置するなら、テキストウィジェットを使うのがシンプルです。表示されたコードをコピーして、テキストウィジェットにコピーするだけでOKです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

現役効果を発揮させるための手段としてのブログ

1.ブログを持つ効用 by WRM 第214号 倉下忠憲さんのメールマガジン「Weekly R-s

記事を読む

no image

ブログがよき聞き手になるために大切なことは、読み手の存在を実感し、読み手に伝えたいと願えること

1.「どんなブログでも、よき聞き手になるのか?」 こんな文章を書きました。 よき聞き手としてのブ

記事を読む

no image

ブログというゲームのルールを設定したい

1.「ブログ」というゲーム (1) 切り抜きジャック @tamkaiさんの持論に、腹の底から納得し

記事を読む

no image

WordPress.comへの投稿に、Windows Live Writerを使ってみる。

1.いろいろあるWordpress.comの投稿方法 Wordpress.comに記事を投稿する方

記事を読む

no image

自分の「面白い」を掘り下げることと〈自己了解〉

1.自分の「面白い」を掘り下げること by WRM 2016/09/26 第311号 倉下忠憲さんの

記事を読む

no image

iPS細胞・パソコン・自分のブログ。精度の高い試行錯誤を積極的に繰り返すための仕組み。

1.クローズアップ現代を見て、iPS細胞って本当にすごいんだ、と実感した話 先日放送されたクローズ

記事を読む

no image

500番目の記事に、「単純作業に心を込めて」でやりたいことを見つける(ブログで考え合う)

1.500番目の記事は、「単純作業に心を込めて」を続けてきたことの成果だった (1) 500番目の

記事を読む

no image

WorkFlowyについて書いてきた177個のブログ記事を、WorkFlowyによって組み替えた、ひとつの大きな階層つきリスト

1.はじめに 2015年1月から、私は、この「単純作業に心を込めて」というブログに、WorkFlow

記事を読む

no image

「自分以外の読み手を想定している&書いたあとで整理する」の領域に位置づけられる、Postach.ioとFargo

1.「自分以外の読み手を想定している&書いたあとで整理する」候補の、Postach.ioとF

記事を読む

no image

「WorkFlowy」と「自分のブログ」と「ハサミスクリプト」(物事を考え続けるための、奇跡のような組み合わせについて)

1.物事を考え続けるための、奇跡のような組み合わせ 私は、今、「WorkFlowy」が大好きです。か

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑