*

ブログの成長のモノサシは、何だろうか。

公開日: : 最終更新日:2013/06/14 ブログ

1.ブログを育てるには、モノサシがあるとよい

私がブログをする目的のひとつは、ブログ「単純作業に心を込めて」を育てることです。私にとっては、ブログを成長させること自体が、ブログをする目的のひとつです。何か別の目的を達成するための手段ではなく。

ブログを育てること自体を目的とする場合、大切なのは、どんな状態になればブログが成長しているといえるのか、ということです。ブログが成長しているかどうか、を判断するためのモノサシが求められます。

2.モノサシに求める機能と、避けたい弊害

(1) モノサシに求める機能

私がモノサシに求める機能は、大きく分けて、ふたつです。

ひとつめは、「そのモノサシをあてれば、ブログが成長しているかがわかること」という機能です。ブログを育てることができているのか、停滞しているのか、それを知りたいです。この機能は、最低限、求めたいです。

ふたつめは、「そのモノサシを使えば、ブログ成長のために何をしたらいいかがわかること」という機能です。モノサシをあてれば、現状のブログのどこが足りなくて、どの方向に伸びていくべきなのかがわかる、というモノサシだといいなと思います。

(2) 避けたい弊害

他方で、モノサシについて、避けたい弊害があります。それは、「モノサシ自体が自己目的化すること」です。

モノサシは、目的に近づいているかを判断するための手段です。モノサシ自体が目的なのではありません。モノサシ自体を目的にしてしまい、「ブログは成長しなくてもいいから、PVを伸ばしたい」「何が何でもPageRank3/10を目指す」というように考えるのは、あんまり楽しくなさそうなので、避けたいです。

3.どんなモノサシがあるか、ひとつひとつ考えてみる

ブログは、いろんなデータが簡単に手に入るので、成長を測るモノサシとなりうるものが豊富です。代表的なものとしては、以下の5つではないかと思います。

  1. PV
  2. 個別記事へのSNSの反応数
  3. facebookページ、Google+ページの登録者
  4. PageRank
  5. 投稿の数

いずれも、客観的な数字で把握可能なので、計測可能です。それぞれのモノサシが、ブログの成長とどのように関わっているか、考えてみます。

(1) PV

PVは、ブログへのアクセス数です。

PVは、ブログの成長段階のいちばん基本的なモノサシです。月間1万PVのブログと、月間10万PVのブログと、月間100万PVのブログとでは、成長段階が違います。別物です。

なぜ、PVが基本的なモノサシなのでしょうか。PVが、そのブログの情報発信力を表すからではないかと思います。PVが一桁増えれば、ブログの情報発信力は、10倍になります。ブログの情報発信力が強まれば、同じだけの力を費やして作成した記事を、多くの人に届けることができるようになります。

PVをブログの成長のモノサシとして使うためには、変化を追うのがよいのではないかと思います。大きく見てPVが増えていれば、ブログはちゃんと成長しているので問題ない、と考えます。他方で、PVが徐々に減っているなら、ブログの成長が停滞していると考えるべきなのかもしれません。

(2) 個別記事へのSNSの反応数(いいね!、Tweet、はてブ、+1)

PVが、単純なアクセス数であるのに対して、SNSの反応数は、その記事を読んだ人が、積極的に、その記事に対して表現してくださった、積極的な反応です。SNSの反応数は、ふたつの意味で、ブログの成長と関わります。

ひとつは、SNSの反応数が、ブログの情報発信力に、大きく影響する、ということです。SNSで反応していただくこと自体が情報発信を後押ししてくれる上に、SNSでの反応が大きくなれば、Googleからの評価も高まるようです。

ふたつめは、SNSの反応数は、ブログ記事への評価だということです。SNSから多くの反応をいただけるということは、それだけ、ブログが成長した、ということなのではないかと思います。

SNSの反応数をブログの成長のモノサシとして使うためには、ブログ全体の反応数を集計するとよいのではないかと思います。

(3) facebookページとGoogle+ページの登録人数

ブログのfacebookページやGoogle+ページを作れば、個別記事ではなく、ブログそのものへの登録人数を把握することができます。このブログは、2013年5月末に、facebookページとGoogle+ページを作りました。

facebookページやGoogle+ページを登録していただくと、このブログそのものに対して何らかの共感をしていただいたのかな、という気がして、大変ありがたいです。これからも、登録してくださる方を少しずつ増やしていけたらと思います。

(4) PageRank

PageRankは、Googleが採用する検索順位をコントロールするアルゴリズムです。重要なページからリンクされるページは重要である、という基本的な発想から、ページを、PageRank0/10からPageRank10/10までのランク付けをしています。

Googleの検索アルゴリズムは、今や、ウェブの世界を支配しているため、ウェブの世界で情報発信をするなら、GoogleのPageRankを重視するべきではないかと思います。また、個人的にも、Googleが考えるウェブの理想像には共感できますので、私は、このブログを、Googleから見ても一定の価値があるブログに育てたいと思います。

今のところ、このブログのPageRankは、1/10です。下から2番目なので、まだまだです。私がときどき訪れるブログの中には、PageRank4/10ほどのものがいくつかあるので、PageRank4/10あたりがひとつの目標かなと思います。

(5) 投稿の数

投稿の数は、ブログの成長の基本的な要素です。多ければいいというものではないかもしれませんが、スペースに限りがあるわけではないので、たくさんあってマイナスはありません。

ブログに掲載された投稿の数が増えれば、その分、ブログが持つ情報量は多くなります。投稿が10個だけのブログよりも、投稿が100個、1000個あるブログの方が、情報量が多いので、成長したブログといえるのではないかと思います。

投稿の数というモノサシは、私がコツコツ実践しさえすれば間違いなく伸びていくものです。インサイドアウトでブログに取り組むという観点からは、重視すべきモノサシではないかと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

ブログに文章を書くのは大好きだけれど、プロブロガーには、なりたくない。

1.私が考えたい対象は、「会社員ブロガー」ではなくて「プロブロガー」 (1) 会社員ブロガーを巡る

記事を読む

no image

ノート、Evernote、ブログ、そして……

1.自分の考えや思いに、文章というかたちを与えること こんな文章を書きました。 よき聞き手として

記事を読む

no image

Amazonアソシエイトで、自分の土台を構成する本のリストを設置する

1.Amazonアソシエイトのお気に入りウィジェット Amazonアソシエイトプログラムにも登録し

記事を読む

no image

WordPress.comへの投稿に、Windows Live Writerを使ってみる。

1.いろいろあるWordpress.comの投稿方法 Wordpress.comに記事を投稿する方

記事を読む

no image

一冊の読書から得る果実を増やすために、読書記事の型を作った

1.読みっぱなしは、もったいない気がしてきた (1) Kindle Paperwhiteを使ったら、

記事を読む

no image

自分の好きなことへの没頭を、「作品」として公開すること

ここしばらく、ブログを続けることの意味について、考えています。普通の勤め人である私が、ブログを続ける

記事を読む

no image

さくらのレンタルサーバとさくらのドメイン取得を使って、独自ドメインでWordPressを運用するために必要な費用は、年間6800円(1ヶ月あたり567円)かな。

1.はじめに 今、このブログは、Wordpress.comを使っています。 WordPress.

記事を読む

no image

「セルフブランディングを実践した先にある世界」と「その時点までの考察をアウトプットして、フィードバックを得る仕組み」

1.普通の個人が、自分の毎日に、「その時点までの考察をアウトプットして、フィードバックを得る仕組み」

記事を読む

no image

ブログのPDCAサイクルを回す

1.PDCAサイクルとは (1) PとDとCとA PDCAサイクルとは、業務を改善する手法のひとつで

記事を読む

no image

過去と未来に向けて開かれた流動的な構造

千夜一夜の物語 今から2年ほど前の2014年9月30日、この「単純作業に心を込めて」というブログに、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑