*

IT関係費用の自給自足を視野に入れて、ブログへの広告設置を検討

公開日: : ブログ

1.はじめに

私が現在使っているIT関係費用は、概算で月額2万円です。内訳は、ウェブサービスに600円程度、通信に1万1000円程度、デジタルツールに7500円程度、ブログに600円程度です。

他方、このブログのPVは、現時点で、1ヶ月でおおむね50000くらいです。インターネット上に散らばっている情報から判断するに、PVが月間5万だと、Google AdSenseなどから、月額数千円程度の収入を期待できるようです。

このブログは、私の趣味です。このブログから何らかの実際上の利益を得ようとは、これまでは、思っていませんでした。しかし、IT関係費用を整理した結果、ブログにかかっている費用(月額600円程度)くらいは、ブログ自身で稼いでもいいのかもしれない、と思うに至りました。さらに、IT関係費用の全部をこのブログから稼ぐことができれば、このブログも、立派な収入源となります。

そこで、とりあえずはブログ関連費用の、最終的にはIT関係費用の自給自足を視野に入れて、このブログに広告を設置することを検討することにしました。

2.どのアフィリエイトプログラムを利用するか

(1) メジャーな3つ

ブログに広告を設置するなら、アフィリエイトプログラムに登録する必要があるようです。現時点で個人がブログに設置することで利用できるアフィリエイトプログラムのうち、メジャーなものは、次の3つのようです。

a.Google AdSense

Google AdSense – AdSense ヘルプ

Google AdSenseは、Googleが提供する広告配信サービスです。ブログを訪れた方が、Google AdSenseの広告をクリックしたときに、報酬が発生します。

収益が10000円に達したら、銀行振り込みなどにより、現金で報酬が支払われます。

Google AdSenseを始めるには、Googleによる審査を受ける必要があるようです。

b.Amazonアソシエイト

Amazon アソシエイト (アフィリエイト): アフィリエイトで副収入!

Amazonアソシエイトは、Amazonが提供するアフィリエイトプログラムです。ブログのアソシエイトリンクからAmazon.co.jpに入った方が、商品を購入した場合に、一定割合の報酬が支払われます。成果型報酬です。

報酬の受け取りは、銀行振り込みとAmazonギフトカードから選ぶことができます。手数料と最低振込金額の点から、Amazonギフトカードで受け取った方がお得なのではないかと思います。

c.楽天アフィリエイト

【楽天アフィリエイト】日本最大級のアフィリエイトプログラム

【楽天アフィリエイト】無料登録で収入アップ!楽天アフィリエイトとは?

楽天アフィリエイトは、楽天が提供するアフィリエイトプログラムです。ブログのアフィリエイトリンクから商品が購入されると、一定割合の報酬が支払われます。Amazonと同じく、成果型報酬です。

楽天アフィリエイトの受け取りは、楽天スーパーポイントによるようです。

(2) 選択の指針

a.Google AdSense

ブログの広告収入を考えるなら、Google AdSenseは必須のようです。広告を設置するなら、まずGoogle AdSenseを使うことにします。

b.Amazonと楽天

Amazonと楽天は、少々検討が必要です。

まず、ブログ記事で本や製品を紹介することが、どれくらいあるのか、という点です。今までのところ、このブログで本や製品を紹介することは、あまりしてきませんでした。だとすると、Amazonや楽天のアフィリエイトを設置しても、あんまり意味がないかもしれません。

次に、Amazonと楽天の報酬支払いは、Amazonギフトカードや楽天スーパーポイントを選ぶことになると思います。これらのポイントを使うあてがなければいけません。Amazonは、日常的に使っているため、問題ありません。他方、楽天は、今のところはたまに使う程度なので、楽天スーパーポイントをいただいても仕方ないかなあ、という気もします。

そこで、暫定的に、Amazonアソシエイトを試してみます。

3.これから準備すること

(1) Google AdSenseの審査に通る

Google AdSenseを使うには、審査に通らなければいけません。まずは、審査を申し込み、審査に通ります。必ずしもスムーズにいくことばかりではないようですが、まあ、がんばります。

(2) Amazonアソシエイトのアカウントを作成する

Amazonアソシエイトのアカウントを作成します。

また、Amazonアソシエイトに、どのような種類の広告があるのか、調べます。 そして、このブログに合う広告を作成して、適切な場所に設置することを模索します。

(3) WordPressのテーマを調整する

広告を設置するために、WordPressのテーマを調整します。どこに広告を設置するのが効果的なのか、少しずつ試行錯誤します。

スポンサードリンク

関連記事

no image

500番目の記事に、「単純作業に心を込めて」でやりたいことを見つける(ブログで考え合う)

1.500番目の記事は、「単純作業に心を込めて」を続けてきたことの成果だった (1) 500番目の

記事を読む

no image

「文章を書き上げる理由」の獲得

1.自分のブログを持つ効用を、自分の価値観や考え方に引きつけて、探しだす こんなエントリを書きまし

記事を読む

no image

2014年1月に書いたブログエントリ一覧コメント付き段差バージョンと、OmniOutlinerの段差を一瞬でHTML化するAppleScript

1.はじめに 12月になったので、自分なりにぼちぼちと2014年をふり返っているところです。私にと

記事を読む

no image

WordPress for Androidをインストール:MyStatsが見やすくて、満足です。

1.MyStatsを見る習慣 ブログを書く上で、WordPress.comのMyStatsは、いろ

記事を読む

no image

「単純作業に心を込めて」のfacebookページを作りました。匿名ブログがfacebookページを作る手順。

1.facebookページの作成 (1) 「単純作業に心を込めて」のfacebookページをよろしく

記事を読む

no image

心から書きたいテーマやネタこそ、気楽に、どんどん、何度も、書く

1.心から書きたいテーマやネタに対して、どんなスタンスをとるか ブログをしていると、ときどき、「この

記事を読む

no image

「小さな作品」をたくさん積み重ねて、大きなメッセージを表現する

「単純作業に心を込めて」の第1戒律は、「作品未満のものを出さない」です。 「単純作業に心を込めて」の

記事を読む

no image

ブログとの円満な関係を維持・発展するための目的設定:成長と貢献と実益の3本柱

1.何を目的に設定すると、ブログとの円満な関係を維持・発展できるか? 幸運なことに、今、私は、ブログ

記事を読む

no image

ブログは、ひとつの記事をひとりの読者に届けるための限界費用が、おそろしく低い

1.ブログによる情報発信と紙による情報発信は、属する世界が違う WordPressによるブログを1年

記事を読む

no image

価値を生み出すことに関するブログのあり方が、とりわけ好き。

1.ブログをするのが好きなのは、なぜか? 最近しみじみと思うのですが、私は、ブログをするのが、好きで

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑