*

【Toodledo】CalendarビューとEndTime2を活用した時間帯Context運用の実例

公開日: : Toodledo

1.Toodledoで時間帯Context運用をうまく回す3つのポイント

ToodledoのContext、うまく使えていますか?

ToodledoのContextは、いろんな使い方があるのですが、ひとつの有力な使い方が、時間帯別のContextを作る、という方法です。

私は、時間帯Context運用をはじめて1週間くらいなのですが、時間帯Context運用をうまく回すには、次の3つのポイントに気をつけるのがよいと思っています。

  1. Contextビューを使わない
  2. Calendarビューを、第1ソート順位をContextに設定して、使う
  3. ブックマークレットEndTime2を使う

なぜこの3つのポイントが大切なのかは、別の記事で書きました。

Toodledoで時間帯Context運用をうまく回すための3つのポイント

本記事では、この3つのポイントを押さえると、Toodledoの画面がどうなるか、実例スクリーンショットを使って、解説します。

2.ある日の私のToodledo画面(ちょっとフィクション)

これは、ある日の私のToodledo画面です。多少フィクションを入れてますが。

3つのポイントを押さえると、こんな画面になります。

Image

3.スクリーンショット解説(1) Calendarビュー×第1ソート順位Context

(1) Calendarビューを使う

タスクを実行する際に使うビューは、Calendarビューです。Contextを大切にするからといって、Contextビューを使ってはいけません。時間帯Context運用においては、Contextビューは無意味です。Contextビューではなくて、Calendarビューを使います。

Calendarビューは、特定の一日をDue Dateとするタスクを表示するビューです。

Image

Calendarビューを使うと、左メニューにカレンダーが出現します。左メニューのカレンダーには、その日のタスクの量が黒丸で示されています。左メニューのカレンダーから任意の一日を選べば、その日をDue Dateとするタスクが、タスクリストに表示されます。

(Due-Dateビューは、今日と明日をDue-Dateとするタスクのリストを作ることはできますが、任意の一日をDue-Dateとするタスクのリストを作ることができません。なので、Calendarビューの方が使いやすいです。)

(2) Calendarビューの第1ソート順位をContextにする

Calendarビューの第1ソート順位は、Contextにします。

Image

Contextを第1ソート順位にすると、タスクリストが、Contextで区切られます。Contextを時間帯ごとに作成すれば、その日のタスクを、タスク実行の時間帯ごとに区切って表示させることができます。

Image

(3) どういう状態になるか→実行すべきタスクが、時間帯ごとに分かれて、並ぶ

Calendarビューを使い、Calendarビューの第1ソート順位をContextにすると、Toodledoの画面は、こうなります。これが、タスクを実行するときの、基本となるToodledo画面です。

Image

4.スクリーンショット解説(2) LengthとEndTime2

(1) 時間を使うすべての作業を、Lengthと共に、Toodledoに入れる

時間帯Context運用のメリットのひとつは、時間帯ごとの所要時間が把握できるので、どの時間帯がきつくてどの時間帯が余裕かを把握できることです。このためには、時間を使うすべての作業を、見積り時間と共に、タスクとして、Toodledoに追加することが必要です。

まず、時間を使うすべての作業を、タスクとしてToodledoに追加する必要があります。たとえば、移動時間。移動は、普通に考えれば、タスクではありません。しかし、時間を使う作業なので、Toodledoに追加します。

次に、Toodledoに追加するすべてのタスクに、Lengthを入力する必要があります。見積り時間です。見積りは、まあ、適当でもかまいません。

(2) ブックマークレットEndTime2を使う

時間を使う作業をすべてToodledoに追加して、Toodledoに追加したすべてのタスクにLengthを設定すれば、時間帯ごとの見積り時間がわかります。合計見積り時間とひとつのContextに設定した時間を比べれば、その時間帯の余裕度合いがわかります。

このために、ひとつのContextごとの見積り時間を合計する必要があるのですが、そのときに便利なのが、EndTime2というブックマークレットです。

今日の仕事は何時何分に終わる…がすぐ見える「EndTime2」for Toodledoが新しくなりました | Toodledo Tips Blog

EndTime2を実行すると、こんな四角が出現します。ここには、順に、現在時刻、終了時刻、Contextごと(その画面の第1ソート順位の要素ごと)の合計所要時間が表示されます。

Image

私が便利に使っているのは、Contextごとの合計所要時間です。

(3) どういう状態になるか→時間帯ごとの合計所要時間が表示される

時間を使うすべての作業を、Lengthと共に、Toodledoに入れて、EndTime2を実行すると、時間帯ごとの合計所要時間が表示されます。EndTime2の四角を見れば、どの時間帯に余裕があるかが、一目瞭然です。

5.まとめ

ToodledoのContextを、タスク実行時間帯管理に使う方法は、Contextの活用法としては、費用対効果の高い方法ではないかと感じます。一度お試しください。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Gmailでタスクを含むメールを受信したとき、ブックマークレットでToodledoに追加する仕組み

1.Gmailでタスクを含むメールを受信したときの方針 タスクが入ってくる経路はいろいろありますが、

記事を読む

no image

Toodledoで人生が変わったサラリーマンの、Toodledo運用例・全部入り(2014.2段階)

1.Toodledoでタスクを管理 (1) Toodledoで持続可能な毎日を実現する運用例をご紹

記事を読む

no image

【Toodledo×IFTTT×Evernote】電子業務日誌を自動的に作成する

1.『「超」整理法』がすすめる電子業務日誌 『「超」整理法』は、時代を超える名著です。この本は、単

記事を読む

no image

Toodledoを使う(9) 締め切り日のレベルを分けるため、Contextを使う

1.3種類の締め切りを区別したい (1)すべてのタスクに締め切りを設定する 私は、Toodled

記事を読む

no image

Toodledoによる個人的タスク管理システムのはじめ方

0.要約 (1) Toodledoを使えば、費用なしですぐにでも自分の個人的なタスク管理システムを

記事を読む

no image

GoogleタスクからNozbeに乗り換え、結局、Toodledoに落ち着いている理由

1.私のタスク管理の変遷 (1)2010.11 Goolgeタスク導入 Androidを入手した

記事を読む

no image

Androidの使い方の一例(機種・キャリア/使い方・アプリ・設定)

今の私のAndroidの使い方をメモしておきます。 1. 機種とキャリア (1) 機種 SC-

記事を読む

no image

【Toodledo】Folderをどう使うか

1.Toodledoを、Due Date+Folderで、シンプルに使う (1) 私は、Due D

記事を読む

no image

Toodledoで「Dailyタスクリスト」の3つの特徴を実現するために、Toodledoのどの機能をどう使うとよいか

1.はじめに 〜Toodledoで「Dailyタスクリスト」〜 (1) Toodledoで「Dai

記事を読む

no image

「やれば残る」から、やる気になる。(ToodledoとEvernoteによる「タスクの実行」のやる気を出すシステム)

1.Toodledoの完了タスク情報をEvernoteに蓄積する目的と、副次的効果 (1) Too

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑