*

Toodledoをタスクシュート式で使う人へ。Chrome拡張機能「EndTime2 for Toodledo」が公開されました!

公開日: : Toodledo

1.もうひとつのうれしいお知らせ

IFTTTのToodledoチャンネルに新しいTriggerが追加されたことは、Toodledoの完了タスクのログをEvernoteなどに蓄積したいと思う人にとって、うれしいお知らせでした。

IFTTTに、Toodledoチャンネルの新しいTriggerが来た!

加えて、昨日(2014/05/15)、もうひとつのうれしいお知らせがありました。これは、Toodledoをタスクシュート式で使う人にとってのうれしいお知らせです。

Toodledoをタスクシュート式で使うために大活躍するブックマークレット「EndTime2 for Toodledo」が、Chrome機能拡張になりました。

Chrome拡張機能「EndTime2 for Toodledo」(Chromeウェブストア)

Toodledo.comのセキュリティ関連アップデートのため、Chrome等一部のブラウザ・環境で利用できなくなっていた「EndTime2」をChrome拡張機能として公開いたしました。

Chrome拡張機能「EndTime2 for Toodledo」を公開しました | Toodledo Tips Blogより)

2.EndTime2 for Toodledoとは

(1) EndTime2 for Toodledoは、Toodledoをタスクシュート式で使うためのツール

「EndTime2」はタスクリストの終了予定を表示する、タスク管理ツール「Toodledo」専用のブックマークレットです。

今日の仕事は何時何分に終わる…がすぐ見える「EndTime2」for Toodledoが新しくなりました | Toodledo Tips Blogより)

EndTime2は、ToodledoのLengthを第1順位のソートごとに合計して表示してくれるツールです。EndTime2を使えば、Toodledoをタスクシュート式で使うことができます。

参考になるのは、次の2つのページです。

Toodledoの使い方 第18回 タスクシュート式にToodledoを使う | シゴタノ!

ToodledoをTaskChute風に使う一例 | タスクセラピー

以前書いたこの記事も、タスクシュート式っぽい感じです。

【Toodledo】CalendarビューとEndTime2を活用した時間帯Context運用の実例

(2) ブックマークレット版とChrome機能拡張版の違い

ブックマークレット版と今回公開されたChrome機能拡張版は、基本的に、同一機能だそうです。

ただし、以下の点が異なります。

また、ブックマークレットでは都度表示の際に実行する必要がありましたが、Chrome拡張機能版では毎回Toodledo.comにアクセスするたびに自動的に表示することも可能になりました。

Chrome拡張機能「EndTime2 for Toodledo」を公開しました | Toodledo Tips Blogより)

この機能があるので、Toodledoをアプリケーションショートカットとして使っている場合も、ブックマークレットの実行に工夫する必要がなくなりましたね。

(ということで、この記事(アプリケーションショートカット化したToodledoで、ブックマークレットEndTime2を実行するために、Keyconfigを使う)は役割を終えました。)

3.「ウィンドウの表示位置」を「左ナビの下に固定」

EndTime2 for ToodledoのChrome機能拡張を使うのは、ぜんぜん難しくありません。Chromeウェブストアからインストールするだけです。これでToodledoにEndTime2 for Toodledoのウィンドウが表示されます。

ただ、私の環境下では、インストール直後は、EndTime2 for Toodledoのウィンドウが、ブラウザのウィンドウの真ん中に来てしまいました。

原因は、EndTime2 for Toodledo設定メニューの「ウィンドウの表示位置」が「フロート」になっていたためです。

フロートの場合、表示位置を細かく設定できるため、ちょうどよい場所を数字で設定することもできます。しかし、左ナビの下に固定できれば十分なので、私は、「左ナビの下に固定」にしました。

Image(35)

4.感謝

Chrome機能拡張になったことによって、ますます便利にEndTime2 for Toodledoを使うことができそうです。作者さまに、たいへん感謝しております。

Toodledo Tips Blog | Toodledoの使い方を日本語で解説してるブログ

スポンサードリンク

関連記事

no image

ToodledoとGoogleカレンダーの役割分担 ー Googleカレンダーの「作業枠」カレンダーにタスクをスケジュールとして登録する

1.はじめに 私は、タスクとスケジュールを管理するために、ToodledoとGoogleカレンダー

記事を読む

no image

【Toodledo】『クラウド時代のタスク管理の技術』からの収穫→ContextとLengthを試す

1.『クラウド時代のタスク管理の技術』を読んだ Amazon.co.jp: クラウド時代のタスク管

記事を読む

no image

わざわざToodledoでタスクを管理する理由(3つの目的と、副次的な1つの価値)

1.メリットがあるから、わざわざToodledoでタスクを管理している (1) わざわざToodl

記事を読む

no image

GoogleカレンダーとToodledoのよいところは、いろんな表示が可能なところ

1.GoogleカレンダーとToodledoのよいところ私は今、GoogleカレンダーとToodle

記事を読む

no image

「瞬時レビュー」で、Toodledoは、力を発揮する。(Toodledoで「瞬時レビュー」する方法とそのメリット)

1.Toodledoの力を引き出す「瞬時レビュー」 Toodledoで「瞬時レビュー」をすることを

記事を読む

no image

Toodledoの時間帯Context運用をうまく回すための3つのポイント

1.Toodledoの時間帯Context運用について (1) ToodledoのContextの使

記事を読む

no image

Toodledoの完了タスクを、ifttt経由で、Googleドライブのスプレッドシートに記録する

1.Actionは、Googleドライブのスプレッドシートの方がよい? (1) よいこと思いついた

記事を読む

no image

Toodledoを無料で使う。プランの比較と無料でもできる運用例(シンプル・タスクシュート・7つの習慣・GTD)

1.Toodledoは、無料でも、十分使える 私は、Toodledoというタスク管理サービスを使っ

記事を読む

no image

Evernote×Toodledo Toodledoの完了タスクをEvernoteに蓄積するiftttレシピの整理

1.いろんな人の助けを借りてできあがった、おすすめの方法 Toodledoの完了タスクをEvern

記事を読む

no image

「Dailyタスクリスト」というシステム

1.「Dailyタスクリスト」というシステムのまとめ これまで、何回かにわたって、Toodledo

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑