*

Kindle Paperwhite Wi-Fiを持っていたけれど、Kindle Paperwhite 3Gを買い足した理由

公開日: : 最終更新日:2013/08/13 Kindle

1.Kindleで文字中心の電子書籍を読むなら、Kindle Paperwhiteがいい

Kindleは、Amazonが提供する電子書籍サービスの総称です。

Kindleという電子書籍サービスを利用するためには、Amazonが提供するKindleという電子書籍リーダーを利用する必要はありません。Kindleという電子書籍リーダーを利用しなくても、iPadやAndroidタブレット、あるいはiPhoneやAndroidスマートフォンにKindleアプリを入れれば、Kindleという電子書籍サービスを利用することができます。

しかし、Kindleで文字中心の電子書籍を読むなら、Kindle Paperwhiteがいいです。わざわざお金を出して、Kindle Paperwhiteを買うのがおすすめです。理由は、次の4点。

  1. Kindle Paperwhiteは、軽くてコンパクトです。持ちやすいですし、持っていて疲れません。
  2. Kindle Paperwhiteは、ページめくりが簡単で、片手操作可能です。立っていても、座っていても、寝転がっていても、簡単に操作できます。
  3. Kindle Paperwhiteは、目は疲れません。読書は長時間集中して行う行為なので、目が疲れないのは、重要です。
  4. Kindle Paperwhiteは、バッテリーが軽く1週間もちます。バッテリー切れの心配がありません。

Kindle Paperwhiteは、文字中心の白黒本を読むことに特化した端末です。Kindleという電子書籍サービスで、主に文字中心の白黒本を読むなら、Kindle Paperwhiteを使うのがよいです。

2.Kindle Paperwhiteには、Wi-Fi版と3G版がある

ところで、Kindle Paperwhiteには、Wi-Fi版と3G版があります。大きさ、重さ、ディスプレイ性能などは変わらず、違いはネットワーク機能のみです。

3G版は、Wi-Fiネットワークに加えて、3Gネットワークを、維持費0円で使用することができ、その分、Wi-Fi版の7980円よりも5000円高い12980円です。

3.私は、Kindle Paperwhite Wi-Fiを持っていたけれど、Kindle Paperwhite 3Gを買い足した

(1) 当初、Kindle Paperwhite Wi-Fiを購入した理由

私が当初購入したのは、Kindle Paperwhite Wi-Fiでした。

Amazonのサイトには、Kindle Paperwhite 3Gのメリットとして、「ほとんどの場所でいつでも本をダウンロードでき」ること、「接続済みなので、箱から出したらすぐに使え」ることなどが記載されています。

しかし、自宅以外で本をダウンロードできなくても困らないし、箱から出してWi-Fiに接続設定するくらい、たいした手間ではありません。そこで、「Wi-Fi版と3G版で5000円の価値の差はない。」と判断し、Wi-Fi版を購入しました。

Kindle Paperwhite 3G – ライト内蔵の電子書籍リーダー

携帯電話と同じ3G回線が無料で利用できるので、ほとんどの場所でいつでも本をダウンロードできます(3G接続は日本の国内のみ。また、コミックなど一部大容量のファイルやパーソナルドキュメントは3G接続でダウンロードできません)。煩雑な契約も月額料金も不要。Kindle Paperwhite 3Gは接続済みなので、箱から出したらすぐに使えます。

(2) 「共有」を利用するために、Kindle Paperwhite 3Gを買い足した

実際、ダウンロードやWi-Fi設定の手間の点では、Wi-Fi版で、何の不都合もありませんでした。しかし、Kindle Paperwhite 3Gには、Kindle Paperwhite Wi-Fiにはない決定的な強みが、ひとつありました。それは、「共有」の利用です。

Kindle Paperwhiteでの読書中、文字を選択すると、「ハイライト」や「メモ」と一緒に、「共有」というメニューが表示されます。これは、選択した文字列を、TwitterやFacebookに共有する機能です。KindleをTwitterやFacebookのアカウントに連携することによって、Kindleの操作だけで、読んでいる本の一節や読書の進捗状況を、簡単に、TwitterやFacebookに共有することができます。

「共有」を利用するなら、Kindle Paperwhiteを利用して読書をしている間中、Kindle Paperwhiteをネットワークにつないでいる必要があります。このためには、Kindle Paperwhite Wi-Fiでは不十分であり、Kindle Paperwhite 3Gでなければいけません。

Kindle Paperwhiteから「共有」機能を利用したかったため、私は、Kindle Paperwhite 3Gを買い足しました。

4.Kindle Paperwhite Wi-FiかKindle Paperwhite 3Gか

Kindle Paperwhiteから「共有」を使うなら、Kindle Paperwhite 3Gの方が適しています。Kindle Paperwhite Wi-Fiでは、リアルタイムに「共有」を利用することができません。「共有」の利用のためなら、5000円の価格差は、安いです。

Kindle Paperwhiteから「共有」を使わず、自宅にWi-Fi環境があるなら、Kindle Paperwhite Wi-Fiで十分です。本を読むのは時間がかかりますから、いつでもどこからでもできなくても、全然問題ありません。「ほとんどの場所でいつでも本をダウンロード」のためなら、5000円の価格差は、高いです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

彩郎版のKindleハイライト取得ブックマークレットを構想する

1.はじめに hilotter(@hilotter)さまによるブックマークレット「KindleHig

記事を読む

no image

Kindleのいいところを活かすために、4つのエリアのKindle本をそろえる

1.Kindleのいいところを活かすために、本のバランスを整える (1) Kindleのいいところ

記事を読む

no image

本を、「思考する場所」として捉える

1.「本は読者と作者が一堂に会する場所となる」 (1) 『本は死なない』の予言 『本は死なない

記事を読む

no image

ブックマークレット「KindleHighlight」で、「kindle.amazon.co.jp」から、Kindle本のハイライト箇所を、シンプルなデータで、クリップボードに取り込む

その後の展開です。(2015-04-07追記) WorkFlowyにKindleのURLを書いて

記事を読む

no image

Kindleのハイライト箇所が「kindle.amazon.co.jp」に表示されないときの対策手順

1.Kindleのハイライト箇所が「kindle.amazon.co.jp」に表示されないケース

記事を読む

no image

Kindleが、電車やスタバを、書斎にする

1.はじめに 以前、私は、電子書籍に懐疑的でした。読書は紙じゃなくちゃ、と思っていました。紙の方が

記事を読む

no image

kindle.amazon.co.jpで、パソコンからKindle本に書き込む(が、現時点では保存できない。)

1.kindle.amazon.co.jpで、パソコンから、Kindle本に書き込むことができる!

記事を読む

no image

Kindleの個人ページをウェブクリップして、Evernoteに読書メモを残す

1.Kindleの個人ページを使えば、読書メモを残すのが簡単 Kindle本の一節に、ハイライトを

記事を読む

no image

Kindle Paperwhiteは、買いです。とてもいいところと、ちょっとだけいまいちなところ。

1.もっぱらKindle Paperwhiteによる、私のKindleライフ すっかりKindle

記事を読む

no image

自信を持っておすすめする、2013年に収穫したKindle本10冊

1.Kindle Paperwhiteのおかげで、たくさん本が読めた1年だった 私にとって、201

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑