*

Kindleの「Your Highlights」で、目当ての本のハイライト一覧を、直接、表示するには?

公開日: : Kindle

1.課題=Kindleの「Your Highlights」で、目当ての本のハイライト一覧を簡単に表示するには?

(1) Kindle個人ページ(kindle.amazon.co.jp)の「Your Highlights」は、とてもよい。

Kindle本で読書をするなら、Kindleの個人ページ(kindle.amazon.co.jp)は、見ておいて損はないです。

とりわけ、「Your Highlights」は必見。自分がつけたハイライトやメモを、Kindle本ごとに、ウェブ上で一覧表示できるのです。

『ストーリーとしての競争戦略』のハイライト一覧ページ

(2) Kindle個人ページ(kindle.amazon.co.jp)の「Your Highlights」は、とてももったいない。

ところが、こんなワクワクする機能を備えているにも関わらず、Kindleの個人ページ、まったく使いやすくありません。

  • 反応が遅い。
  • サーバーがエラーとなることも多い(私は、「Proxy Error」によく遭遇します)。
  • どこをクリックするとどのように動くのかがよくわからない。
  • SNS的なコンセプトを感じるものの、全然動いていない。
  • 画像をハイライトしてしまうと、その本のハイライト全体が「Your Highlights」に出てこない。
  • 「Add a note」をクリックしてメモを書いても、保存されない。

といったことも問題なのですが、私がとりわけ残念に感じるのは、「Your Highlights」の中から、目当ての本を探しだす方法がほとんど用意されていないこと。「Your Books」というページに、一応、検索メニューらしきものはありますが、そこに書名を入れても、目当ての本がヒットすることは稀です。そのため、目当ての本を探すには、

  • 目当ての本に適当なハイライトをひとつ追加して、ハイライト一覧の最新に持ってくる
  • 「Your Books」を目で見て、手作業で探す

という2つの方法しかありません。

せっかくすばらしい機能を備えているのに、こんな使いにくさが、とにかく残念です。

せめて、目当ての本のハイライト一覧を簡単に表示することさえできれば、ずいぶんと使い勝手が上がります。何か手はないでしょうか。

2.課題の解決=マロ。さんのブックマークレット

(1) 課題の解決

本日(2016年7月30日)、この課題は、ほとんど完璧に解決されました。例によって、マロ。さんの仕事です。

マロ。さんのブックマークレットはこちら。

Amazonからkindle highlightページを開くブックマークレット|マロ。|note

このブックマークレットを使うと、AmazonのKindle本のページから、そのKindle本の、Kindleの個人ページの「Your Highlights」に移動できます。

つまり、

  • ある本のハイライト一覧を表示したいと思う。
  • Amazon(amazon.co.jp)で、目当てのKindle本のページを開く。
  • ブックマークレットを実行する。
  • Kindle個人ページ(kindle.amazon.co.jp)の、目当てのKindle本の「Your Highlights」ページが開く。

という手順になります。

Amazon(amazon.co.jp)で目当てのKindle本を探すのはものすごく簡単なので(Google検索だけでたどり着けることが大半だし、Amazon内の検索機能も使いやすい)、Kindle個人ページ(kindle.amazon.co.jp)内で検索しなければいけない従来の方法と比較して、その優位は明らかです。

(2) 仕組み

シンプルながら、合理的な仕組みです。

Amazon(amazon.co.jp)が持っているASIN番号(Amazonが紙の書籍以外の商品を特定するために利用している番号)を利用しています。

Amazon.co.jp ヘルプ: ISBN/ASINについて

あるKindle本についての、Kindle個人ページ(kindle.amazon.co.jp)の「Your Highlights」ページのURLは、「kindle.amazon.co.jp/your_highlights_and_notes/[asin番号」です。

そこで、マロ。さんのブックマークレットは、

  • 表示中のAmazon(amazon.co.jp)のページから、目当てのKindle本のASIN番号を取得する
  • ASIN番号から、Kindle個人ページ(kindle.amazon.co.jp)の「Your Highlights」のURLを生成する
  • 生成したURLに移動する

というメカニズムで動いています。

(3) 使い方

「AmazonでKindle本を開いてブックマークレットを実行」に尽きるのですが、一応、スクリーンショットを載せながら、解説します。

手順1 Amazon(amazon.co.jp)で、目当てのKindle本のページを開く

あるKindle本のハイライト一覧をkindle.amazon.co.jpで表示したい、と思ったとします。ここでは、『ストーリーとしての競争戦略』です。

そうしたら、kindle.amazon.co.jpを開くのではなく、まずは、Amazon(amazon.co.jp)の中の、『ストーリーとしての競争戦略』というKindle本のページを表示します。

Googleで『ストーリーとしての競争戦略』と検索すれば、すぐにたどりつくことができます。

『ストーリーとしての競争戦略』のAmazonのページ

※注意点その1

紙の本ではなく、Kindle本です。『ストーリーとしての競争戦略』には紙の本もありますが、紙の本の『ストーリーとしての競争戦略』についてのAmazonページでブックマークレットを実行しても、うまくいきません。

手順2 ブックマークレットを実行する

ブックマークレットを実行します。

※注意点その2

ブックマークレットを実行したブラウザからkindle.amazon.co.jpにログインしていなければ、kindle.amazon.co.jpへのログイン画面になります。

kindle.amazon.co.jpのログイン画面は、amazon.co.jpへのログインとは別物らしいので、たとえamazon.co.jpにログインしていたとしても、kindle.amazon.co.jpへのログインを求められることがあります。

(なお、IDとパスワードは、amazon.co.jpと同一です。アカウントを新しく作る必要もありません。)

手順3 しばし待つ

しばし待つと、『ストーリーとしての競争戦略』のKindle個人ページの「Your Highlights」が表示されます。

『ストーリーとしての競争戦略』のハイライト一覧ページ

※注意点その3

kindle.amazon.co.jpは、それほど高性能ではありません。主観的な体感に基づく推測ですが、サーバーの性能がそれほど高くないため、反応が遅いのではないかと思われます。どれほど通信環境がよく、どれほど高性能の端末からアクセスしても、待たされるときは、待たされます。

だから、気長に待ちましょう。

3.その後の展開(Kindle本のハイライト一覧を活用する)

マロ。さんのブックマークレットを使えば、Kindle本のハイライト一覧をKindle個人ページの「Your Highlights」から取得することが、ぐっと簡単になります。

では、こうして取得したKindle本のハイライト一覧を、どのように活用するとよいでしょうか?

(1) Evernoteに蓄積する

ひとつは、Evernoteへの蓄積です。

Kindleのハイライト箇所をテキストでEvernoteに取り込み、読書のアウトプットを促す(kindle.amazon.co.jp)

Evernoteに取り込むなら、ブックマークレット「kindle highlight js bookmarklet」を使うことをおすすめします。

[kindle]読書メモ(Highlight)をEvernoteにいい感じに保存できるブックマークレットをつくった – hello-world.jp.net

Kindle本のハイライト一覧をEvernoteに蓄積できれば、Evernoteにクラウド読書ノートを育てることも、ぐっとハードルが下がります。

Evernote×読書「Evernoteにクラウド読書ノートを作る」(『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』Chapter-4のご紹介)

(2) WorkFlowyに取り込み、活用する

もうひとつは、WorkFlowyを利用する方法です。

WorkFlowyは、(有料版のWorkFlowy Proの利用が事実上前提となりますが、)読書ノートのためにも、うまく機能するツールです。

Kindleのハイライト一覧をWorkFlowyに取り込むなら、マロ。さんによる、次のブックマークレットがとても便利です。

WorkFlowyに取り込まれたハイライト箇所は、単なる記録にとどまらず、次のアウトプットのための素材となったり、思考の場となったりします。

私は、WorkFlowyこそが、Kindle本のハイライト一覧を最も活かす存在ではないか、と考えています。

WorkFlowy抜き書き読書ノート

4.おわりに

2016年7月30日は、kindle.amazon.co.jpユーザーにとって、記念すべき日です。マロ。さんのブックマークレットが、大きなボトルネックを解消したことによって、kindle.amazon.co.jpの使い勝手は、格段に上がりました。

Kindle本で読書しているけれど、Kindle個人ページ(kindle.amazon.co.jp)をあまり使っていなかった方も、Kindle個人ページのハイライト一覧をたくさん利用しているけれど、その使いにくさに辟易していた方も、ぜひ、マロ。さんのブックマークレットをお試しください。

Amazonからkindle highlightページを開くブックマークレット|マロ。|note

スポンサードリンク

関連記事

no image

amazon.comとamazon.co.jpの両方でKindleを利用している人が、Kindleハイライト一覧ページ(kindle.amazon.co.jp)をうまく使えないことの解決策

問題を発見したのも解決したのも私ではありませんが、この情報を必要としている方がいるような気がするので

記事を読む

no image

本を、「思考する場所」として捉える

1.「本は読者と作者が一堂に会する場所となる」 (1) 『本は死なない』の予言 『本は死なない

記事を読む

no image

kindle.amazon.co.jpで、パソコンからKindle本に書き込む(が、現時点では保存できない。)

1.kindle.amazon.co.jpで、パソコンから、Kindle本に書き込むことができる!

記事を読む

no image

WorkFlowyにKindleのURLを書いて、「読書ノート」を育てる

1.前提知識 (1) WorkFlowyに関する前提知識 a.WorkFlowyは、「読書ノート」と

記事を読む

no image

Kindle Paperwhiteで、テキスト選択と文字入力をちょっとでも快適にするコツ

1.Kindle Paperwhiteの、難点 (1) Kindle Paperwhite礼賛 Ki

記事を読む

no image

Kindleの個人ページ(kindle.amazon.co.jp)はおもしろい

1.Kindleの個人ページ、見たことありますか? Kindleの個人ページ、見たことありますか?

記事を読む

no image

Kindleのハイライト箇所が「kindle.amazon.co.jp」に表示されないときの対策手順

1.Kindleのハイライト箇所が「kindle.amazon.co.jp」に表示されないケース

記事を読む

no image

Kindleが紙の本から異次元の進化を遂げた3つのポイント

1.Kindleの読書は、紙の本の読書とは、異次元の営み Kindleの読書は、紙の本にも負けていま

記事を読む

no image

Kindleの個人ページをウェブクリップして、Evernoteに読書メモを残す

1.Kindleの個人ページを使えば、読書メモを残すのが簡単 Kindle本の一節に、ハイライトを

記事を読む

no image

Kindleが、電車やスタバを、書斎にする

1.はじめに 以前、私は、電子書籍に懐疑的でした。読書は紙じゃなくちゃ、と思っていました。紙の方が

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑