*

新しいKindle Paperwhiteは、基本性能を重視した堅実なバージョンアップ

公開日: : Kindle

1.新しいKindle Paperwhiteが、発表&予約開始

2013/09/04、Amazonから、新しいKindle Paperwhiteが発表されました。

Image(16)

新しいKindle Paperwhiteも、Wi-Fi版と3G版の2種類です。

Kindle Paperwhite Wi-Fi版は、10月22日発売で、9980円(しかも、今なら1980円分のKindle本用クーポンがもらえるキャンペーンあり)。

Kindle Paperwhite 3G版は、11月12日発売で、14980円。

どちらも、今からでも、予約可能です。

2.新しいKindle Paperwhiteの、どこが魅力か

(1) Kindle Paperwhiteは、「買ってよかったなあ」といちばん強く思う物

Kindle Paperwhiteは、私がここ数年で購入した少なくない物の中で、「買ってよかったなあ」といちばん強く思う物です。Wi-Fi版で魅了されて、3G版を買い足したくらいです。

Kindle Paperwhiteの魅力は、次の4つです。

a.バッテリー長持ち

バッテリーが長持ちです。毎日数時間使って、気になったところをどんどんTwitterに共有しても、1週間程度は軽く持ちます。

b.片手で簡単操作

片手で操作が可能です。片手で持ち、片手でページをめくることができます。

片手で操作可能なので、片手でカバンを持って立っているときでも、ストレスなく読書を楽しむことができます。

c.目が疲れない

Kindle PaperwhiteのディスプレイはE inkという技術を使っているため、液晶ディスプレイに比べて、目が疲れません。

d.軽い

Kindle Paperwhiteは、軽いです。片手で持っていて、その手が疲れることは、ありません。常にカバンの中に入れていても、そのせいでカバンが重たくなることはありません。

(2) Kindle Paperwhiteの数少ないけれど、それほど小さくはない不満

しかし、Kindle Paperwhiteにも、数少ないけれど、それほど小さくない不満があります。次の3つです。

a.ページめくりが、若干もたつく

まず、ページめくりが、若干もたつきます。たまに、めくれていないのかと思い、2度タップしてしまって、一気に2ページ飛んでしまう、ということも発生します。

b.文字の選択がやりにくい

次に、文字の選択がやりづらいです。

書籍の一節をハイライトしたり、Twitterに共有するためには、文字の選択をする必要があります。

しかし、Kindle Paperwhiteで文字を選択するためには、なんというか、それなりの技術を必要とします。

c.文字入力がやりづらい

さらに、文字入力がやりづらいです。書籍の一部にメモを加えたり、Twitterへのコメントを書くためには、文字を入力する必要がありますが、これがやりづらい。

まず、ソフトウェアキーボードの反応が悪いです。タップしたつもりがタップできていない、といことが、頻繁に発生します。

また、変換は賢くありません。文節区切りを調整する機能はないようです。

さらに、予測変換があるのですが、予測までのタイムラグが若干あるために、スムーズに文字入力をすることができません。

(3) 基本性能を重視した、堅実なバージョンアップ

a.不満の原因は、基本性能の不足?

不満の原因は、基本的には、基本性能の不足によるものです。ページめくりがもたつくことは、処理速度の問題だと思いますので、プロセッサやRAMの問題なのでしょう。文字選択と文字入力のやりにくさは、処理速度とタッチパネル性能の問題なのではないかと思います。

b.プロセッサとタッチパネルが改善されたようです

これに対して、新しいKindle Paperwhiteは、プロセッサーとタッチパネルが改善されたようです。

25%速くなった新しいKindle Paperwhiteのプロセッサー。本を開くのもページをめくるのもさらに速く、スムーズに。また、Kindle Paperwhiteは最新の静電容量性タッチスクリーンを採用。軽いタッチにより正確に反応します。

25%速くなった、というのが、どの程度の改善なのかはよくわかりません。しかし、今のKindle Paperwhiteよりは、確実に改善されているはずです。

c.この方向性は、ありがたい

プロセッサーとタッチパネルを改善するというこの方向性は、大変ありがたいです。Kindle Paperwhiteに今求められているのは、たぶん、斬新な機能よりも、基本性能です。基本性能を重視している点で、今回のバージョンアップに、私は、とても期待しています。

3.その他のおもしろそうな機能

基本性能以外にも、いくつかのおもしろそうな機能が追加されそうです。

(1) Page Flip

まず、Page Flipです。これは、読んでいるページを開いたままに、別のページをプレビューする機能です。

新搭載のPage Flip機能で読んでいるページを開いたまま、ページごと、章ごとにパラパラとページをめくっていく感覚で、簡単にプレビューできます

Image(17)

(2) 単語帳機能

単語帳機能が搭載されました。

調べた単語が、単語帳に記録される機能です。単語帳に登録した単語は、フラッシュカードとして、単語チェックをすることができます。

Kindle Paperwhiteを使った英語の勉強に、役立ちそうです。

辞書で調べた単語を自動的に単語帳に追加。単語帳機能を使って、新しい語彙を確認したり、テストをしたり、用例を見たりできるので、学習にもぴったり。

Image(18)

(3) Wikipediaでチェックが簡単に

これまでは、単語を調べると、デフォルトでは内部辞書で検索であり、Wikipediaで調べるには、「その他」からたどる必要がありました。

これに対して、新型Kindle Paperwhiteでは、Wikipediaで調べるのが簡単になります。

Kindle Paperwhiteの検索機能は辞書とウィキペディアを統合しているので、文字の意味や本の内容などをページから離れることなく調べることができます。

Image(19)

4.私は、3G版を予約しました

私は、3G版を予約済みです。

私は、Kindle Paperwhiteを毎日、最低1~2時間は使っています。毎日使うものなので、基本性能が少しでも上がるなら、新型を購入する価値があると判断しました。

スポンサードリンク

関連記事

no image

より自由な「思考する場所」としての紙の本。その特徴と活用を考察する。

1.紙の本も、「思考する場所」 こんな文章を書きました。 本を、「思考する場所」として捉える

記事を読む

no image

彩郎版のKindleハイライト取得ブックマークレットを構想する

1.はじめに hilotter(@hilotter)さまによるブックマークレット「KindleHig

記事を読む

no image

Kindleが、本棚のスペースというボトルネックを、解消した

1.読書における、本棚というボトルネックについて (1) 本は、買って読むもの、という感覚 小さ

記事を読む

no image

kindle.amazon.co.jpで、パソコンからKindle本に書き込む(が、現時点では保存できない。)

1.kindle.amazon.co.jpで、パソコンから、Kindle本に書き込むことができる!

記事を読む

no image

Kindleが、電車やスタバを、書斎にする

1.はじめに 以前、私は、電子書籍に懐疑的でした。読書は紙じゃなくちゃ、と思っていました。紙の方が

記事を読む

no image

ブックマークレット「KindleHighlight」で、「kindle.amazon.co.jp」から、Kindle本のハイライト箇所を、シンプルなデータで、クリップボードに取り込む

その後の展開です。(2015-04-07追記) WorkFlowyにKindleのURLを書いて

記事を読む

no image

Kindle本の返品方法

1.子どもがKindle Paperwhiteで、Kindle本を誤注文 うちの子は、iPadやK

記事を読む

no image

Kindleの個人ページ(kindle.amazon.co.jp)はおもしろい

1.Kindleの個人ページ、見たことありますか? Kindleの個人ページ、見たことありますか?

記事を読む

no image

Kindleの「Your Highlights」で、目当ての本のハイライト一覧を、直接、表示するには?

1.課題=Kindleの「Your Highlights」で、目当ての本のハイライト一覧を簡単に表示

記事を読む

no image

自信を持っておすすめする、2013年に収穫したKindle本10冊

1.Kindle Paperwhiteのおかげで、たくさん本が読めた1年だった 私にとって、201

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑