*

『文章教室』(結城浩)練習問題実践記録・第7回「よい比喩を使いましょう」

公開日: : 書き方・考え方

この文章は、『文章教室』の練習問題に取り組んだ記録です。

『文章教室』は、結城浩先生がご自身のウェブサイトに公開しているコンテンツです。よい問題・解答例・丁寧な添削が掲載されていますので、文章を書くための練習として、この上ない教材です。

結城先生の『文章教室』は、こちらです。

文章教室

第1回~第6回の記録は、こちらです。

『文章教室』2014期生は、いつでも、新入生募集中です。

結城浩先生の『数学文章作法 基礎編』を読んでから、『文章教室』2014期生のクラスメイトができるまで(あるいは、『文章教室』2014期生へのお誘い)

クラスメイトが増えてきました!

1.第7回「よい比喩を使いましょう」

文章教室 第7回 問題編

(1) ポイント

文章教室の第7回のテーマは、「よい比喩を使いましょう」です。

たんなる比喩ではなく、「よい比喩」です。

よい比喩は、読者の理解を助けますが、 わるい比喩は、読者の理解を妨げます。

文章教室 第7回 問題編より)

a.「よい比喩」

では、「よい比喩」とは何なのでしょうか。

結城先生は、「読者が、自分の理解が正しいかどうかを比喩によって確認できる比喩」とおっしゃいます。

こうすると、 読者は、自分の理解が正しいかどうかを比喩によって確認できます。

文章教室 第7回 問題編より)

具体例は、もとページの例文をご覧ください。

b.「わるい比喩」

「わるい比喩」の例として、結城先生は、3つのものを説明します。

  • 比喩になっていない比喩
  • 過剰な対応付けをしている比喩
  • 比喩の方が理解しにくい比喩

耳が痛いです……。

いずれも、もとページの例文を読めば、一目瞭然です。ぜひご覧ください。

(2) 練習問題

さて、練習問題です。

ピオミクタンとサドラミンを同時に使うと、 サドラミンの効果は失われ、ピオミクタンの効果だけが残ります。 サドラミンとグドランをいっしょに使うと、 サドラミンの効果だけが残り、グドランの効果は失われます。 グドランとピオミクタンを合わせて使用したりすると、 ピオミクタンの効果は失われてしまい、グドランの効果だけが残るようになります。 ピオミクタン、サドラミン、グドランを一緒に使うと、 すべての効果が失われてしまいます。

文章教室 第7回 問題編より)

今回は、次の注記が入っています。

※適切な比喩が見つかればそれを使います。 見つからなければ無理に比喩を使わないようにしましょう。

文章教室 第7回 問題編より)

2.私の解答

(1) 第7回の解答

——–

3つの薬品、ピオミクタン、サドラミン、グドランは、複数の薬品を同時に使うと、一定のルールに従って、効果が失われます。

  • ピオミクタンとサドラミンを同時に使うと、サドラミンの効果は失われ、ピオミクタンの効果だけが残ります。
  • サドラミンとグドランを同時に使うと、グドランの効果は失われ、サドラミンの効果だけが残ります。
  • グドランとピオミクタンを同時に使うと、ピオミクタンの効果は失われ、グドランの効果だけが残ります。
  • そして、ピオミクタン、サドラミン、グドランを同時に使うと、すべての効果が失われ、何の効果も残りません。

3つの薬品を複数同時に使ったときのルールは、じゃんけんのようなものです。ピオミクタンはサドラミンに勝ち、サドラミンはグドランに勝ち、グドランはピオミクタンに勝ちます。また、ピオミクタン、サドラミン、グドランを同時に使うと、あいことなって、誰も勝ちません。

——–

(2) 考えたこと

a.比喩に関して

よい比喩はないだろうか、と考えました。最初に、じゃんけんを思いつきました。三すくみの関係から、じゃんけんを連想しました。

でも、じゃんけんの比喩は、3つ全部を使うとすべての効果が失われることを、必ずしもうまく説明できていないかもしれません。じゃんけんのあいこは、すべてがなくなるわけではないので。

しかし、もっとよい比喩を探しても、思いつくことができませんでした。

そこで、じゃんけんを採用した上で、3つ全部使うと全部の効果が失われることを、「誰も勝たない」という形で説明することにしました(じゃんけんでは、「全員負ける」とは言えないので、「誰も勝たない」を「すべての効果が失われる」に対応させることにしました)。

b.それ以外

(a) パラレリズム

問題文の前半は、3つの薬品のうち2つずつの組合せ3パターンを検討しています。ここに、パラレリズムを使うことにしました。

つまり、「○○と□□を同時に使うと、□□の効果は失われ、○○の効果だけが残ります。」という記載順序と言葉を使う、ということに揃えました。

後半の3つすべてを同時に使う場合も、多少これを意識して、「すべての効果が失われ、何の効果も残りません。」と、「失われる→残る」という形式にしました。

また、パラレリズムがわかりやすいように、箇条書きにしてみました。

(b) 用語の統一

「使う」、「同時に」などに揃えました。

(3) 解答編などを読む

a.解答編

じゃんけんの比喩が圧倒的多数でした。ほっ。

「あいこ」をどう説明するかは、皆さん、いろいろ工夫されているのかもしれません。「きはらさん」の解答からは、私が感じた「あいこ」への戸惑いと、通じるものを感じます。

さて、それでは、3つの薬品を同時に使用するとどうなるのでしょう。 「ジャンケン」では「あいこ」になる所ですが、 この場合は、3つの薬品の効果がすべて失われるという結果になります。

第7回 解答編より)

b.るうさんの解答

次に、クラスメイトのるうさんの解答を読みました。

『文章教室(結城浩)』第7回にチャレンジ (るう) | るうマニアのnote | note

ストーリーがあって、いい感じです。

「ところが」「こんどは」「それでは」という接続詞が、ワクワクした感じを醸し出していて、よい雰囲気です。

文章は、自由だなあ。

3.おわりに

結城先生のメールマガジンの最新号で、『文章教室』2014期生のことをご紹介いただきました。ありがとうございます。

そこで結城先生が書かれていたこの一文に、私はとても共感します。

約12年前に書いたWebページを使って新しいことが起きるなんて、 素敵なことだと思いませんか。

Vol.109 結城浩/たくさん読まれたノートを振り返る/対話形式で書く難しさ/素直に実行する態度/:結城浩の「コミュニケーションの心がけ」:結城浩の「コミュニケーションの心がけ」(結城浩) – ニコニコチャンネル:社会・言論より)

はい、すてきなことだと思います。ウェブで学ぶことのひとつの形を見つけました。

スポンサードリンク

関連記事

no image

アウトライナーによる「大量の書きかけの文章群全体を管理する仕組み」について感じていること

1.問題の状況 私は、このブログを始めたころからつい最近まで、ブログエントリを書くために、Evern

記事を読む

no image

何度も読み返すこと・何度も書き直すこと

1.いちばん基本の読書術・いちばん基本の文章術 (1) いちばん基本の読書術 世の中には、いろん

記事を読む

no image

「オブジェクト型ワード・プロセッサ」という夢と、その実現

1.大学生のときに共感した「オブジェクト型ワード・プロセッサ」の夢と、その後の10年 (1) 「オブ

記事を読む

no image

彩郎流二毛作。知的生産の治具マクロ「WFtoMSWD.dot」で、Word文書作成プロセスから得る収穫を倍にする。

1.マロ。さんの知的生産の治具工房による新作Wordマクロ「WFtoMSWD.dot」 マロ。さんの

記事を読む

no image

「文章群を書き続ける」によって考えることの具体例

「文章群を書き続ける」とは、ここ数年間、私の中で、とてもうまく機能している知的生産のあり方です。 私

記事を読む

no image

Evernote、WorkFlowy、Ulysses、OmniOutliner

1.はじめに 「文章を書く」ということについて、いろいろ考えていたら、私にとって大切なのは、「ひとつ

記事を読む

no image

私は、こんな道具を使って、文書を作りたい。(その2・道具の枠組み)

WorkFlowyやUlyssesからヒントを得て、「私は、こんな道具を使って、文書を作りたい。」と

記事を読む

no image

『文章教室』(結城浩)練習問題実践記録・第5回「語順を変えてみましょう」

この文章は、『文章教室』の練習問題に取り組んだ記録です。 『文章教室』は、結城浩先生がご自身のウェ

記事を読む

no image

なぜ、文章群を書き続けるのか?

私の知的生産の基礎は、「文章群を書き続ける」です。 なぜ、「文章群を書き続ける」というあり方を大切に

記事を読む

no image

文章の個数(WorkFlowyで文章を書くこと)

1.文章の個数は仮のもの WorkFlowyで文章を書くようになって実感したことは、「文章の個数は

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑