*

Evernote×タスク管理(2) Toodledoで完了にしたタスクをEvernoteに1日1ノートで保存する

公開日: : Evernote, Toodledo

1.Toodledoの完了タスクを、Evernoteに、自動的に蓄積したい

(1) Toodledoの弱点を補うために、EvernoteにToodledoで完了にしたタスクを蓄積したい

私がタスク管理に使っているツールは、Toodledoです。Toodledoは、個人が合理的な費用でタスク管理システムを使うためには、最適なサービスのひとつだと思います。

Toodledoによる個人的タスク管理システムのはじめ方

でも、Toodledoには、弱点があります。それは、蓄積した完了タスクのデータを活かすのが下手だ、ということです。Toodledoのサーバーには、これまでに私が管理してきたタスクのデータが蓄積されているはずです。自分がどのようなタスクを完了したかは、計画を立てたり、自分の生き方を見直したりするために、大変役に立つデータのはずです。でも、Toodledoには、完了タスクのデータを、このような用途に活かすための手段が、あまり用意されていません。

この弱点を補うため、私は、EvernoteにToodledoの完了タスクを蓄積したい、と考えました。

Evernote×タスク管理 Evernoteに完了タスクをウェブクリップすることで、Toodledoを補完する

(2) これまでの方法は、手動だったから、面倒だった

上でリンクをはった記事にも書いたとおり、Toodledoの完了タスクをEvernoteに蓄積するための方法として、これまでに私が考えた方法は、

  • Toodledoでその日の完了タスクを表示させて
  • その画面をEvernoteでウェブクリップする

というものでした。

でも、これは手作業なので、面倒です。今後ずっと続けていけるとは、あんまり思いません。(事実、これを始めてからあまり経っていないにもかかわらず、毎日きちんと実行できているとは言いがたいです。数日分をまとめてやったり、まあいいかと思ってやっていない日もあります。)

(3) 自動化の方法が見つかった!

もっといい方法はないかなあと考えていたら、こんなすばらしい記事に出会いました。

【万能感】あらゆるライフログを「1日1ノートで」Evernoteに記録できる方法があった! | そふぁねブログ

そふぁねさんのこの記事には、iftttを使って、Evernoteに、1日1ノートで(ここがポイント!)、記録する方法が、とてもわかりやすくまとまっています。

そふぁねさんの方法を応用すれば、Toodledoの完了タスクのみを記録するように設定することによって、Evernoteの1日1ノートに、その日の完了タスクの全部を、基本的には完了した順番に、自動的に、記録することができます。以下、これを整理します。

(私も、iftttを使うことはできないかなあ、と考えたことはあったのですが、1日1ノートに区切る方法を思いつくことができず、断念していました。そふぁねさんの方法の天才的なポイントは、

  1. Date&Timeというチャンネルを使って、毎日新しいノートを作る
  2. IFTTTでノートへの記入先として指定した場合に、「指定した名前をもつノートのうち、最新のノートに書き込まれる」という決まりと、Evernoteは同名のノートを作れるという性質を利用する

という点です。)

2.システムの概要・作り方・働き方

(1) 概要

iftttに次のふたつのレシピを作ることで、Evernoteに、Toodledoの完了タスクを、1日1ノートでまとめたノートを作成する。

基本的には、そふぁねさんの方法に依拠。

【万能感】あらゆるライフログを「1日1ノートで」Evernoteに記録できる方法があった! | そふぁねブログ

(2) 設定(iftttのレシピ)

iftttで作るレシピは、次の2つ。

Image(22)

ひとつは、毎朝3時(でなくてもいいのだけれど、前日の活動が終わった後、当日の活動が始まる前の任意の時間)に、Evernoteのノートブック「Toodledo」に、Toodledoの完了ログを記録するためのノート「Toodledo-log」を作る、というレシピ。

もうひとつは、Toodledoでタスクを完了にしたとき、Evernoteの「Toodledo」ノートブック内にある(最新の)「Toodledo-log」ノートに、完了タスクとそのNoteとFolderを追記する、というレシピ。

a.毎朝、Evernoteに新しいノートを作るレシピ

Image(23)

まず、「毎朝3時、Evernoteのノートブック「Toodledo」に、Toodledoの完了ログを記録するためのノート「Toodledo-log」を作成する」ためのレシピです。

Image(24)

(a) Trigger:Date&Timeの「Every day at」

Triggerは、Date&Timeチャンネルの「Every day at」です。

時刻は、「3:00AM」としました。前日の最後のタスクが終了した後、その日の最初のタスクを始める前の、任意の時間であれば、いつでもOKです。

(b) Action:Evernoteの「Create a Note」

Actionは、Evernoteチャンネルの、「Create a Note」です。

設定項目は、Evernoteにどんなノートを作るか、です。簡単ですが、いくつか注意事項があります。

Titleは、Evernoteのノートのタイトルです。日本語を入れるとうまくいかないので、日本語は使わないようにします。また、日付を表示する{{CheckTime}}は入れずに、毎日同じ名前のノートができるようにします。(ここがポイント)。

Bodyは、1日1ノートの最初の記載を指定します。私は、太字で、「January 29, 2014 at 03:02AMのToodledo完了タスク」などとしたかったため、「<b>{{CheckTime}}のToodledo完了タスク</b>」としました。毎日のノートのタイトルが同じなので、1行目に日付を特定する{{CheckTime}}を入れる方がよいです。

Notebookは、どのEvernoteのノートブックにそのノートを作るか、の指定です。何でもよいです。

また、作成するEvernoteノートのTagを指定することもできますが、私は使っていないので、空白です。

b.Toodledoの完了タスクをEvernoteに追記するレシピ

Image(25)

次に、「Toodledoでタスクを完了にしたとき、Evernoteの「Toodledo」ノートブックの中にある(最新の)「Toodledo-log」ノートに、完了タスクとNoteとFolderを追記する。」ためのレシピです。

Image(26)

(a) Trigger

Triggerは、Toodledoチャンネルの「Any task completed」(任意のタスクが完了したとき)です。

設定項目はありません。

(b) Action

Actionは、Evernoteチャンネルの「Append to a note in」です。これは、指定するノートに追記する、というActionです。

設定項目は、以下のとおりです。

まず、NotebookとTitleは、どのノートブックにあるどんなタイトルのノートに追記するか、の設定です。最初のレシピで指定したノートブック、ノートと同じものを指定します。

Bodyは、どんな文字列を追記するか、です。デフォルトのToodledoチャンネルの「Any task completed」だと、複数行にわたっていろんな情報を追記するようになっています。でも、私は、そんなにたくさんの情報は必要ないのですが、1タスク1行におさめたいと思っています。そのため、

—–<br>

[{{Title}}] {{Note}} ({{Folder}})<br>

という形にしました。

(3) 毎日やること

Toodledoを使って、普通にタスク管理をする。

つまり、ひとつのタスクを完了したら、Toodledoでタスクを完了にする、という、すでに毎日やっている作業を続けるだけ!

(4) 結果(Evernote)

Evernoteの「Toodledo」というノートブックに、1日1つの「Toodledo-log」という名前のノートができる。

それぞれの「Toodledo-log」ノートは、

  • 1行目に太字で「January 29, 2014 at 03:02AMのToodledo完了タスク」
  • 2行目以下に、ひとつのタスクについて「[タスクの名前] Note (Folder)」という形式、タスクの区切りに改行と「—–」という記号

というかたちになります。

こんな感じです。

Image(27)

3.おわりに

これで、Toodledoでタスクを管理しながら、完了タスクのログをEvernoteに蓄積する、ということが、余計な手間なしで、実現できるようになりました。

これもすべて、そふぁねさんの天才的なアイデアのおかげです。指定されたノートブック内の指定された名前のノートが複数あれば最新のノートに追記されるというiftttの性質と、同じノートブック内に同じ名前のノートを複数作ることができるというEvernoteの性質を、うまく組み合わせていて、本当に目から鱗です。

私は、ToodledoのログをEvernoteに残す、という目的のためにそふぁねさんの方法を使いましたが、そふぁねさんの記事に解説されているように、そふぁねさんの方法は、広く、1日1ノートでEvernoteに記録、ということになら、かなり広い範囲で応用可能です。感謝感激。

Evernoteに1日1ノートで何かを残したい方は、ぜひ、そふぁねさんの記事をご覧ください。

【万能感】あらゆるライフログを「1日1ノートで」Evernoteに記録できる方法があった! | そふぁねブログ

スポンサードリンク

関連記事

no image

Evernoteを毎日自然に使うまでの4段階

1.Evernoteを、毎日、自然に、使う (1) Evernoteの強み Evernoteは、「す

記事を読む

no image

Toodledoを、「何も手伝ってくれないけれど、タスクを完璧に教えてくれる秘書」に育てる

1.何も手伝ってくれないけれど、タスクを完璧に教えてくれる秘書 (1) 何も手伝ってくれなくても、

記事を読む

no image

我が家で大活躍!子育てを彩る、Evernote子ども成長記録ノートの作り方と共有方法

1.子育てを彩るEvernote子ども成長記録ノート (1) Evernoteの中に、1日1ノートの

記事を読む

no image

「Toodledoで人生が変わったサラリーマンの、Toodledo運用例・全部入り」へ至った道のり5段階

1.「Toodledoで人生が変わったサラリーマンの、Toodledo運用例・全部入り(2014.2

記事を読む

no image

EvernoteよりもGmailの方がデータベースとしての使い勝手がよい、2つの理由

1.一般人がコスト0円で個人的なデータベースを持つための2つの手段 インターネットにはいろんな情報が

記事を読む

no image

知的生産のためにEvernoteを整理する方法の基礎理論を学べる2冊:『「超」整理法』と『ハイブリッド発想術』

1.知的生産のためにEvernoteを整理する方法の基礎理論を取り入れる (1) Evernote

記事を読む

no image

フロー、ストック、アーカイブ。Evernote情報処理システムに収納する情報の分類。

1.「Evernoteは、あらかじめEvernoteを整理しなくても、目的のノートを、苦労なく見つけ

記事を読む

no image

WorkFlowyのURLを活用するアイデアを妄想する(2) WorkFlowyをToodledoとつなぐ

1.WorkFlowyのURLの活用を妄想する (1) 「WorkFlowyのURLを活用するアイデ

記事を読む

no image

何かを勉強しはじめるとき、Evernoteに新しく専用ノートブックを作る

0.要約 勉強を本業とするわけではない社会人が、自分の仕事に必要不可欠とまではいえないことを勉強しよ

記事を読む

no image

GoogleタスクからNozbeに乗り換え、結局、Toodledoに落ち着いている理由

1.私のタスク管理の変遷 (1)2010.11 Goolgeタスク導入 Androidを入手した

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑