*

WorkFlowyの有機体から、暫定的な作品群を切り出す。AppleScript「WF2html_p3.scpt」による魔法を公開します。

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 WorkFlowy

1.WorkFlowyでブログ原稿を書くとは、WorkFlowyでどこまで書くことなのか?

(1) WorkFlowyでブログ原稿を書くすべての段階を進める

2015年1月になってから、私は、WorkFlowyでブログ原稿を書いています。

具体的にいうと、WorkFlowyで書いたエントリは、次の9つです。

「Evernoteは便利だよ」ではない言葉で、Evernoteの魅力を表現する。

WorkFlowyで「ずっと完成しないで変化し続ける有機体」を育てる

クラウドアウトライナーWorkFlowyの説明

WorkFlowyのURLの基本と「保存された検索」のような活用例

WorkFlowyによる「ブログ原稿を育てる畑」から、見出しタグで構造化されたHTMLを収穫するための、知的生産の治具(Mac・AppleScript)

WorkFlowyのURLを活用するアイデアを妄想する(その1・ブックマークに登録)

ブラウザのブックマークによって、WorkFlowyに、2ペイン方式のちょっといいところを取り込む(試案・私案)

WorkFlowyに書き込んだ内容を自動的にEvernoteに蓄積し続ける仕組み(差分メール転送とRSS&IFTTT)

「WorkFlowy専用Firefox」によって、パソコンからのWorkFlowyを、さらに強力なツールに育て上げる(Windows&Mac)

私は、これら9つのエントリを、基本的にすべてWorkFlowyで書きました。テーマやアイデアを思いついてメモする段階から、文章の構造を組み立てる段階、リンクや引用をメモする段階などを経て、実際に文章を書き進める段階も、推敲して書き直す段階も、全部WorkFlowyで進めました。

(2) 具体例

私は、実際に公開したエントリとほぼ同じ内容になるまで、WorkFlowyで文章を育てました。

たとえば、「WorkFlowyに書き込んだ内容を自動的にEvernoteに蓄積し続ける仕組み(差分メール転送とRSS&IFTTT)」は、WorkFlowyでここまで書きました(WorkFlowyのトピックを共有します)。

→【WorkFlowyのトピック共有】WorkFlowyに書き込んだ内容を自動的にEvernoteに蓄積し続ける仕組み(差分メール転送とRSS&IFTTT) (AppleScript「WF2html_p3.scpt」の実例として公開)

たとえば、「「WorkFlowy専用Firefox」によって、パソコンからのWorkFlowyを、さらに強力なツールに育て上げる(Windows&Mac)」は、WorkFlowyで、ここまで書きました(同じく、共有します)。

→【WorkFlowyのトピック共有】 「WorkFlowy専用Firefox」によって、パソコンからのWorkFlowyを、さらに強力なツールに育て上げる (Windows&Mac) (AppleScript「WF2html_p3.scpt」の実例として公開)

(なお、表示されたアウトラインでトピックが折りたたまれている場合、タイトル部分をダブルクリックすると、すべて展開されます。)

私のいう「WorkFlowyでブログ原稿を書く」とは、何もない段階からこの公開した実例にあるような段階までを、WorkFlowyで書く、ということを意味します。

2.WorkFlowyからHTMLを切り出す魔法 AppleScript「WF2html_p3.scpt」

(1) WorkFlowyからブログエントリまでの手順は?

さて、では、この公開したWorkFlowyのトピックから、実際のブログエントリにするまでは、具体的に、どんな手順が必要なのでしょうか。

ブログエディタなどにそのままコピー&ペーストするだけでは、うまくいきません。

WorkFlowyにはExportという機能があるので、その機能を使ってExportしようと思っても、WorkFlowyが用意している3つのオプションのいずれでも、余計な文字が入ってしまいます。

また、そもそも、WordFlowyのアウトラインは構造を持っているのに、そのままコピペするだけでは、この構造が死んでしまいます。HTMLが構造を持っていることからすれば、WorkFlowyのアウトライン構造をそのまま活かしてHTMLにすることができないなら、それはすごくもったいないような気がします。

何かよい手はないでしょうか。

(2) WorkFlowyからHTMLを切り出す魔法

ここで大活躍するのが、マロ。さんによるAppleScriptです。

WorkFlowyによる「ブログ原稿を育てる畑」から、見出しタグで構造化されたHTMLを収穫するための、知的生産の治具(Mac・AppleScript)

Workflowyで選択したアウトラインにhタグを付けて書き出すAppleScript|マロ。|note

このAppleScriptは、WorkFlowyのアウトラインを、WorkFlowyのアウトラインの構造をそのまま活かして、きれいなHTMLに変換する役割を果たします。ごく控えめに言って、魔法のようです。

a.具体例1

たとえば、WorkFlowyのこのアウトライン。

【WorkFlowyのトピック共有】WorkFlowyに書き込んだ内容を自動的にEvernoteに蓄積し続ける仕組み(差分メール転送とRSS&IFTTT) (AppleScript「WF2html_p3.scpt」の実例として公開)

このデータをマロ。さんのAppleScriptに通すと、それだけで、このエントリのHTMLになります。

WorkFlowyに書き込んだ内容を自動的にEvernoteに蓄積し続ける仕組み(差分メール転送とRSS&IFTTT)

ブログエディタに貼り付けて、アップロードするだけです。

b.具体例2

たとえば、WorkFlowyのこのアウトライン。

【WorkFlowyのトピック共有】「WorkFlowy専用Firefox」によって、パソコンからのWorkFlowyを、さらに強力なツールに育て上げる(Windows&Mac) (AppleScript「WF2html_p3.scpt」の実例として公開)

このデータをマロ。さんのAppleScriptに通すと、あとはスクリーンショットを追加するだけのHTMLができあがります。

「WorkFlowy専用Firefox」によって、パソコンからのWorkFlowyを、さらに強力なツールに育て上げる(Windows&Mac)

ブログエディタに貼り付けて、スクリーンショットを追加すれば、完成です。

c.説明用の例

このAppleScriptがどのように動いているかは、次のアウトラインを見ると、よくわかるのではないかと思います。

【WorkFlowyのトピック共有】タイトル(h1)※このトピックをOPMLでエクスポートする。 (AppleScript「WF2html_p3.scpt」の実例)

このデータをマロ。さんのAppleScriptを通すと、構造のあるHTMLになります。

(3) WorkFlowyの有機体から、暫定的な作品群を切り出すことを、格段に楽にしてくれる魔法

この切り出しは、本当に、魔法です。これまで手作業でhタグを設定していたことと比べると、格段に楽になりました。

マロ。さんのAppleScriptは、WorkFlowyという有機体から暫定的な作品群としてのHTMLを切り出すための、理想に近い解決策です。WorkFlowyでブログ原稿を書いているMacユーザーの方に試してもらえたら、本当にうれしいなと思っています。

(なお、ブックマークレット版の公開も予定されているそうです。Windowsユーザーの方は、こうご期待。)

ちなみに、まさにこのエントリのWorkFlowyのトピックは、こんな感じです。

WorkFlowyの有機体から、暫定的な作品群を切り出す。AppleScript「WF2html_p3.scpt」による魔法を公開します。 (AppleScript「WF2html_p3.scpt」の実例として公開)

WorkFlowyに興味をお持ちの方は

WorkFlowyは、基本機能を使うだけなら、無料です。1ヶ月間に作成できるトピック数に制限がありますが、それ以外は、さしたる制限なく使うことができます。

WorkFlowyに興味をお持ちの方は、お気軽に試していただけるとうれしいです。

無料プランの場合、1ヶ月間に作成できるトピック数は、標準だと250トピックに制限されています。しかし、以下の紹介リンクからご登録いただくと、250増えて、500トピックになります。

Get 2x the free WorkFlowy space.

紹介リンクからご登録いただくと、同時に、紹介主の1ヶ月あたりの制限数も、250トピック増えます。

この紹介リンクは、知的生産の治具工房のマロ。(@maro_draft)さんのものです。マロ。さんは、WorkFlowyと他のツールとをつなぐ知的生産の治具を精力的に開発されています。

スポンサードリンク

関連記事

no image

【連載】WorkFlowyのテキスト入力に関するキー操作の基本(3) カーソル移動

WorkFlowyは、テキストを階層構造で管理するシステムです。テキストをトピックに格納し、トピック

記事を読む

no image

そのときどきの「やりたい」のつまみ食いを、文書の完成へと統合できる_文書作成ツールWorkFlowyの可能性(2)

個人的で主観的な経験なのですが、WorkFlowyで文書を作成するようになってから、文書作成がぐっと

記事を読む

no image

WorkFlowy→ハサミスクリプト→でんでんコンバーターで『WorkFlowyの説明書』『WorkFlowyの教科書』『WorkFlowyの理論書』を作る計画を構想する

1.WorkFlowyとハサミスクリプトとでんでんコンバーターで、電子書籍を作る (1) ハサミスク

記事を読む

no image

【WorkFlowy】#タグと@タグで、脇道の着想をキャッチする

1.はじめに:WorkFlowyのタグ機能で、脇道の着想をキャッチする (1) WorkFlowyの

記事を読む

no image

WorkFlowyをプレゼン資料として使ってみたことの報告(後編:新たな試行錯誤とそこから得た収穫)

1.はじめに ここしばらくの間、私は、WorkFlowyをプレゼン資料として使うことに取り組んでいま

記事を読む

no image

WorkFlowyについて語るときに僕の語ること

走ることについて正直に書くことは、僕という人間について(ある程度)正直に書くことでもあった。途中から

記事を読む

no image

WorkFlowyのURLを活用するアイデアを妄想する(その1・ブックマークに登録)

1.WorkFlowyのURL WorkFlowyは、クラウドアウトライナーなので、URLを持ってい

記事を読む

no image

WorkFlowyで、「朝一番の自動書記」(by結城浩先生)をする

1.朝一番の自動書記 少し前、いつも読んでいる結城浩先生のブログに、「朝一番の自動書記 」が紹介さ

記事を読む

no image

WorkFlowyで論文や本を書くときの、注の付け方(タグの活用)

1.課題 WorkFlowyで、論文や本を書くときに、注を付けたい。 どうしたらよいか。 注を作成し

記事を読む

no image

続・WorkFlowyの文字数を数える(WorkFlowyを「文章エディタ」へと育てる)

1.WorkFlowyを「文章エディタ」に育てる知的生産の治具 2015年3月、『アウトライン・プロ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑