*

なぜ、MemoFlowyを使うのか?(2) 直感的な操作でテキストメモを書くことができる

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 WorkFlowy

MemoFlowyは、WorkFlowyにテキストメモを投稿するためのiOS用アプリです。ぱっとアプリを立ち上げ、さっとテキストメモを書き、書いたメモをポンとWorkFlowyに放り込むことができます。

しかし、iPhoneには、WorkFlowy公式アプリがあります。そして、WorkFlowy公式アプリを使えば、WorkFlowyにテキストメモを書くことができます。それなのに、なぜ、わざわざMemoFlowyという非公式アプリを使う必要があるのでしょうか。

ざっくりいえば、理由は次の3つです。

  • MemoFlowyなら、すぐにメモを書き出すことができる。
  • MemoFlowyなら、直感的にテキストメモを書くことができる。
  • MemoFlowyなら、テキストメモを、WorkFlowyのアウトラインの中にある好きなトピックへ、簡単に放り込める。

次に、2つめの理由を説明します。

MemoFlowyなら、ややこしいことを意識せずに、直感的にテキストメモを書くことができます。

1.iPhoneから使うWorkFlowyのテキスト入力は、全然直感的ではない

iPhoneでテキストメモを書くことは、むずかしくもなんともない、極めてシンプルな行為です。普通のメモアプリなら、アプリの画面を見て直感的に操作すれば、思い通りのテキストを入力できます。

ところが、WorkFlowy公式アプリでテキストメモを書くことは、必ずしも、シンプルで簡単な行為ではありません。何も考えずに直感で操作すると、しばしば予想とちがう反応が返ってきて、思い通りにテキストを書くことができません。

どういうことでしょうか。2つの具体例を挙げます。

(1) カーソル移動が直感的ではない

たとえば、あなたが、WorkFlowyで、こんなテキストを入力しているとします。

  • 昔々あるところに、おじいさんとおばあさんがいました。
  • おじいさんは山へ芝刈りに出かけました。
  • おばあさんは川へ洗濯に出かけました。
  • おばあさんが川で洗濯をしていると、桃が流れてきました。
  • おばあさんは、桃を見てびっくりしました。

お話を書いているところ

ここまで書いたところで、あなたは、「おばあさんが川で洗濯をしていると、桃が流れてきました。」の「桃」の前に「大きな」を追加したいと思ったとします。「大きな桃」だったからこそ、おばあさんはびっくりしたわけなので。

さて、どうしますか?

「桃」の前にカーソルを移動する必要があります。だから、「桃」の前をタップするんじゃないかと思います。

このとき、あなたが期待する反応は、カーソルが「桃」の前に置かれることです。さらに、すぐに「おおきな」と入力したいので、キーボードは出たままでいてもらわなければ困ります。

ところが、そうはなりません。

やってみます。

キーボードが引っ込んでしまう。

なんと、キーボードが引っ込んでしまいました。また、キーボードが引っ込んだことにともない、カーソルも消えてしまいました。

では、どうすればよかったのでしょうか。

正解は、キーボードが引っ込んだ状態で、もう一度、「桃」の前をタップすることです。こうすれば、「桃」の前にカーソルを置くことができます。

なぜこうなるかといえば、WorkFlowyは、キーボードが出た状態で、カーソルがあるトピックの外にカーソルを移動することができないためです。カーソルが存在するトピックとは別のトピックにカーソルを移動するには、いったんキーボードを引っ込めて、その後、改めてタップをする必要があるのです。

このことを理解し、意識して操作すれば、WorkFlowyのカーソル位置指定は、それほどむずかしくはありません。でも、全然直感的ではありません。だから、このことを意識しないで操作すると、カーソル位置指定に伴うキーボードの出入りに、期待を裏切られまくることになります。

(2) ペースト操作が直感的ではない

もうひとつ別の例を挙げます。

先ほどの続きに、別の場所からコピーしてきたテキストを貼り付けるとします。

「そこで」まで書いたところ(キーボード出ていない)

貼り付ける場所は、「そこで」の後ろです。

テキストデータは、iOSのペーストボード(クリップボード)に入っていますので、あとはペーストするだけです。さて、「そこで」の後ろにペーストするには、どうしたらよいでしょうか。

直感的に考えると、次のいずれかではないかと思います。

  • ペーストする場所(「そこで」の後ろ)をタップする
  • ペーストする場所(「そこで」の後ろ)を長押しする

ところが、いずれも十分ではありません。

まず、後者の「ペーストする場所を長押しする」をすると、ペーストメニューになるどころか、長押ししたトピックについて、トピック移動モードが発動してしまいます。虫眼鏡モードになることはなく、ペーストメニューも出てきません。

トピック移動モードになる。

次に、前者の「ペーストする場所をタップする」では、キーボードが出てカーソルがペーストすべき場所に置かれるものの、「ペースト」というメニューは出てきません。

「そこで」の後にカーソルあり。

では、どうすればよいのでしょうか。

正解は、

  • ペーストする場所をタップする(これによってキーボードを出し、ペーストする場所にカーソルを置く)
  • もう一度、同じ場所をタップする(これによって、ペーストメニューが出てくる)

という2つの操作を連続で行うことです。

2つの操作を連続で行うと、ペーストメニューが出る

これも、このことを理解し、意識して操作すれば、それほどむずかしいことではありません。でも、全然直感的ではありません。だから、このことを意識しないでペースト操作をしようとすると、なかなかペーストメニューが出てこないばかりか、望まないトピック移動モードに入ってしまい、高確率で戸惑います。

このように、iPhoneからWorkFlowyにテキストメモを入力するには、直感的な操作では十分ではなく、いくつかのいくぶんややこしいことを理解し、意識して操作する必要があります。

2.MemoFlowyのテキスト入力

(1) 直感的にテキスト入力できるシンプルなテキストエディタ

これに対して、MemoFlowyはちがいます。なぜなら、MemoFlowyでは主に「メモ入力画面」でテキストメモを入力するのですが、この「メモ入力画面」は、要するに、普通のシンプルなテキストエディタアプリだからです。

MemoFlowyのメモ入力画面

だから、タップした場所にカーソルは移動しますし、長押しやタップですぐにペーストメニューが出てきます。また、キーボードは常に表示されていて引っ込むことがありませんので、予想外にキーボードが引っ込む、ということが、そもそも発生しません。ややこしいことは何も考えず、直感的に操作すれば、だいたい思い通りにテキストを入力できるのです。

(2) iPhoneからのテキスト入力を補助する機能

その上、MemoFlowyの「メモを入力画面」は、iPhoneからテキストメモを書くことに特化したテキストエディタです。だから、MemoFlowyは、次の5つの機能を備えています。

  • テンプレート機能
  • 登録語句機能
  • ペーストボード履歴機能
  • スワイプでカーソル移動
  • やり直し機能
  • 文字サイズ・行間・文字間を調整できる機能

これらの機能は、いずれもちょっとした機能ですが、頭に浮かんだ着想をiPhoneですばやく捕まえるために、それぞれよい仕事をしてくれる機能です。

【参考】MemoFlowy(iOS版)、本日(2015-12-03)公開です!→「メモ入力画面」

(3) WorkFlowyへのペーストを前提としたテキスト入力

これに加えて、MemoFlowyの「メモ入力画面」は、WorkFlowyに放り込むためのテキストメモを書くためのテキストエディタです。そこで、MemoFlowyは、WorkFlowyへペーストすることを前提とする機能を備えています。

具体的には、行頭のスペースを「→」記号で表示する機能です。

MemoFlowyの行頭スペース

WorkFlowyの仕様上、WorkFlowyにペーストしたテキストデータは、行頭スペースの数に応じて、階層構造を持つ複数トピックとなります。しかし、通常のテキストエディタ画面では、行頭スペースの個数を判別するのは簡単ではありません。そこで、MemoFlowyは、行頭スペースを「→」で表示することによって、行頭スペースの数を簡単に判別できるようにしてくれます。

MemoFlowyを使えば、「メモ入力画面」にテキストを入力するだけで、思い通りの階層構造を形作ることができます。

3.まとめ

iPhoneからWorkFlowyにテキストを入力するための操作は、必ずしも直感的ではありません。

これに対して、MemoFlowyの「メモ入力画面」なら、直感的な操作でテキストを入力できます。また、MemoFlowyの「メモ入力画面」は、iPhoneからテキストメモをすばやくとるために役立つ機能を備えています。さらに、MemoFlowyの「メモ入力画面」は、WorkFlowyにペーストしたときに階層構造のトピックを形作ることを助けてくれる機能を備えています。

このように、MemoFlowyを使えば、WorkFlowyに放り込むのにふさわしいテキストメモを、iPhoneから直感的な操作で、書くことができます。これが、MemoFlowyを使う2つめの理由です。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyのトピック折りたたみ機能とは何で、どんな役割を果たすのか?

1.巨大なリストの認識を助ける、WorkFlowyのトピック折りたたみ機能 WorkFlowyは、テ

記事を読む

no image

WorkFlowyで論文や本を書くときの、注の付け方(タグの活用)

1.課題 WorkFlowyで、論文や本を書くときに、注を付けたい。 どうしたらよいか。 注を作成し

記事を読む

no image

WorkFlowyで、『「超」整理法』の時間軸検索原則を実現するため、検索条件「last-changed:」のURLをブックマーク

1.私の知的生産の基本は、『「超」整理法』の2大原則 このブログのテーマのひとつは、知的生産です。W

記事を読む

no image

WorkFlowyを共同制作環境として活用する(2) 時間軸の検索を活用する

1.WorkFlowyを共同作業環境として活用するための課題と、その対策 HandyFlowyとMe

記事を読む

no image

WorkFlowyで作るKindle本の「読書ノート」の実例:『三色ボールペンで読む日本語』

1.はじめに 『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』を読んでから、「読書ノート」を作る習慣を始めまし

記事を読む

no image

WorkFlowyにKindleのURLを書いて、「読書ノート」を育てる

1.前提知識 (1) WorkFlowyに関する前提知識 a.WorkFlowyは、「読書ノート」と

記事を読む

no image

iPhoneから使うWorkFlowyに対してあなたが感じるその不満、全部まとめて、HandyFlowyが相手にします! #ただしペーストは除く

拝啓 WorkFlowyを愛用するiPhoneユーザーの皆様へ 寒い日が続きますが、いかがお過ごしで

記事を読む

no image

【連載】WorkFlowyのテキスト入力に関するキー操作の基本(3) カーソル移動

WorkFlowyは、テキストを階層構造で管理するシステムです。テキストをトピックに格納し、トピック

記事を読む

no image

『知的生産の技術』のカード・システムと、WorkFlowy

前回は、シゴタノ!の倉下忠憲さんの記事を下敷きにして、『知的生産の技術』の各章を、WorkFlowy

記事を読む

no image

「WorkFlowy専用Firefox」で、キーボードからブックマークレットを動かす(ShortcutKey2URL)

1.やりたいこととその背景 (1) やりたいこと 「WorkFlowy専用Firefox」で、キ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑