*

サポテキ(3) サポテキで、spモードメールアプリの弱点を補う

公開日: : 最終更新日:2012/07/17 Android ,

1.概要

(1)サポテキで補うspモードメールアプリの弱点

サポテキを使えば、「動作が重い。特に、メール本文編集画面への切り替えが遅い。」というspモードメールアプリの弱点を補うことができる。

(2)サポテキの事前準備

  • a. サポテキを、テキストデータの起点として使うように設定する
    1. 編集モードで開始にチェック
    2. 編集モード切替IME表示にチェック
  • b.サポテキに、spモードメールアプリにテキストデータを受け渡すためのユーザー定義を作る
    1. ユーザー定義を作成する
    2. 編集モードのボタンに設置する

(3)実際の操作

  • a.サポテキの操作
    1. サポテキを立ち上げる
    2. サポテキに、メール本文を入力する
    3. spモードメールに受け渡すユーザー定義をタップする
  • b.spモードメールアプリの操作
    1. spモードメールアプリが、本文に入力済みで、立ち上がる
    2. 宛先を入力する(必要に応じて件名も)
    3. 送信する

2.spモードメールアプリの弱点

spモードメールアプリは、docomoのキャリアメール(@docomo.ne.jpのメール)をAndroidスマートフォンで扱うために必要なアプリです。

このspモードメールアプリ、評判が悪いです。Google Playのユーザーレビューには、受信が遅い(あるいはできない)、メールが消えた、フリーズする、容量が大きすぎ、動作が重い、などなど、いろんなコメントが掲載されています。

幸い、私は、受信の不具合やメール消失などの致命的な問題には見舞われていません。しかし、たまにフリーズしますし、動作の重さはもう少しどうにかならないかなあと思っています。特に、メール本文編集画面への切り替えが遅いように感じます。メール本文欄をタップしてからメール本文編集画面に切り替わるまで、ワンテンポ待たなければいけません。

私にとっては、この、動作が遅い、特に、メール編集画面への切り替えが遅いという点が、spモードメールアプリの弱点です。

3.サポテキで、どう補うか

(1)どうなればよいか

メール編集画面への切り替えが遅いのが弱点なので、spモードメールアプリでメール編集画面への切り替えをしなければいいわけです。

Androidのインテントを使えば、他のアプリでメール本文を完成させた後、インテントでテキストデータをspモードメールアプリに渡すことができます。こうすれば、spモードメールアプリで行うことは、宛先を選択することと、(場合によって件名を入れることと、)メール送信の操作をすることだけです。

サポテキは、このためにうってつけのアプリです。このためのサポテキの事前準備と、実際の操作について、説明します。

(2)サポテキでの事前準備

a.編集モードで始める

サポテキを起動したらすぐにメール本文を入力できるように、サポテキを設定します。設定→アプリの詳細設定にある、次の二つにチェックを入れるだけです。これにより、サポテキを起動したらすぐにテキストを入力できるようになります。

  • 「編集モードで開始」
  • 「編集モード切替IME表示」

Image(2)

b.ユーザー定義ボタンの作成

テキストボックスに入力したテキストをspモードメール本文欄に渡すためのユーザー定義ボタンを作成します。きわめて単純です。

[TITLE]
spモードメール新規作成
[TYPE]
TEXT
[CCODE]
NONE
[PACKAGE]
jp.co.nttdocomo.carriermail
[CLASS]
jp.co.nttdocomo.carriermail.activity.EulaViewer
[END]

タイプを「TEXT」にして、アプリ選択でspモードメールアプリを選ぶだけです。 「テキスト」欄は、空白でOKです。(%sさえ不要です。)

Image(3)

c.編集モードのボタンに、作成したユーザー定義ボタンを設置する

設定→ボタンの設定→編集モードのボタン編集で、先ほど作成した、編集モードのボタンに、テキストをspモードメール本文欄に渡すためのユーザー定義ボタンを設置します。

Image(4)

(私は二段目の一番左を、spモードメール新規作成のユーザー定義ボタンにしています。)

(3)操作

a.サポテキでの操作

  1. サポテキを起動します。
  2. サポテキを起動すると、テキストを入力できる状態になっています。本文を入力します。
  3. spモードメール新規作成のユーザー定義ボタンをタップします。

Image(5)

b.spモードメールアプリでの操作

  1. サポテキで入力したテキストがspモードメールアプリの本文欄に流し込まれた状態で、spモードメールアプリのメール作成画面が立ち上がります。
  2. 宛先を選択します。
  3. 送信します。

spモードメールアプリでメール本文を入力する必要はありません。

スポンサードリンク

関連記事

no image

GalaxySにインストールしたCommuniCaseにYahoo!メールを登録してみました

1.はじめに (1)CommuniCaseリリース docomoが、spモードメールアプリの後継

記事を読む

no image

docomoのAndroidを快適に使うための3つの工夫

1.docomoのAndroidスマートフォンは、少なくない工夫が必要 Android自体、快適に使

記事を読む

no image

Androidスマートフォンで、広告付きアプリを使わない理由

1.はじめにAndroidには、いろんなアプリを入れることができます。私もたくさんのアプリにお世話に

記事を読む

no image

Androidをどう使うか(キャリア・契約・機種・使用方法の一例)[2012.08版]

2012年8月29日のIFA2012でXperia Tsubasa(SO-01E)が発表されるかにも

記事を読む

no image

Androidで撮影した写真を整理する仕組み

スマートフォンに機種変更をしてから、スマートフォンで写真撮影をする機会が増えました。しかし、Andr

記事を読む

no image

XiとFOMAとで、家族間無料通話はできるのか?等(Xiプランのメモ)

次に機種変更をするスマートフォンの3候補は、いずれもXiスマートフォンです。ですから、機種変更を機に

記事を読む

no image

Android版ATOKで、さっと単語登録をする方法

0.Android版ATOKから、単語登録 Android版ATOKには、単語登録の機能があります

記事を読む

no image

この2点が備われば、WriteNoteは、私のAndroid上で、PostEver並の活躍をしてくれるはず

1.はじめに WriteNoteは、Evernoteにテキストデータを投稿することに特化した、シン

記事を読む

no image

サポテキ(5) Evernoteへサポテキからテキストを投稿する方法を3つ

1.Evernoteへサポテキからテキストを投稿する 私は、サポテキを、もっぱら、テキストデータの

記事を読む

no image

まだ見ぬドコモメールを、LINEのトークと比較する

1.ドコモメール、まだ来ない 2013年3月になって、今日で1週間です。しかし、2013年3月にスタ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑