*

AndroidでFastEver的運用が実現!Evernoteへの投稿に特化したシンプルなアプリ「WriteNote」

公開日: : 最終更新日:2012/07/13 Android, Evernote

1.Evernoteへの投稿に特化したシンプルなAndroidアプリ「WriteNote」

先ほど、すばらしいアプリを発見しました。2012年3月13日にリリースされた「WriteNote」というアプリです。

WriteNote – Google Play の Android アプリ

WriteNoteは、Evernoteにテキストデータを投稿することに特化した、シンプルなアプリです。無料で広告なしです。

Evernote にさっとメモを書くためだけのアプリです。

設定したノートにどんどん追加していきます。

ノート名に日付などを設定しておけば1日1ノートに追加して書きこむことができます。また、自動で書き込んだ時刻を記録することも可能です。

日記やちょっとしたメモをEvernoteに書き込むのに便利です。

WriteNote を使用するには、もちろんEvernoteのアカウントが必要です。

2.WriteNoteでできること

WriteNoteでできることは、作者様のウェブサイトに詳しく説明されています。

WriteNote

ざっくり要約すると、FastEver的な使い方もPostEver的な使い方も、どちらも可能なEvernote投稿アプリです。

(0)WriteNoteの特徴

私なりに要約すると、4つの特徴を持っています。これら4つの特徴を持っているため、FastEver的な運用も、PostEver的な運用も、どちらも可能です。

  1. 特定の文字列で、日時をタイトル等に入力することができる
  2. ノートタイトルを設定できる
  3. タイムスタンプを入れることができる
  4. 同一ノートタイトルで投稿すると、当該タイトルのノートに追記できる

a.特定の文字列で、日時をタイトル等に入力することができる

「ノートブック名」「ノート名」「タイムスタンプ」には、メモを書いた日時を指定できます。 特定の文字列を指定すると、日時などに変換されます。

設定例(2012年7月5日21時3分5秒の場合)
設定文字 変換後の文字
[yyyy/MM/dd] [2012/07/05]
HH:mm:ss 21:03:05
yyyy’年’M’月のノート’ 2012年7月のノート

これによって、「ノートブック名」「ノート名」「タイムスタンプ」を、自分の運用にしたがって、自由にコントロールできます。

b.ノートタイトルを設定できる

ノートタイトルを設定できます。あらかじめ決めておくこともできますし(その際は、日時等を設定することが可能)、空白にもできます。そして、ノートタイトルの設定を空白にした場合、一行目がノートタイトルとなります。

何も設定されていない場合は、メモの1行目をノート名として保存します。

c.タイムスタンプを入れることができる

投稿ごとに、タイムスタンプ等を入れることができます。どのような形式で入れるのかを指定できますので、時間だけを入れることも、日時を入れることも、あるいは、日時ではなく、特定の文字列を入れることも、可能です。

メモを保存する時に追加して付ける文字を設定します。 何も設定されていない場合は、何も追加しません。

タイムスタンプではなく、決まった文字だけでもOKです。

初期設定は「[HH:mm:ss]」に設定されていて、「21:23:05」と時刻を追加してノートに保存します。

d.同一ノートタイトルで投稿すると、当該タイトルのノートに追記できる

同一ノートタイトルでの投稿は、当該タイトルのノートに追記されます。

上に追記するか、下に追記するかを設定できます。

(1)FastEver的な使い方

ノートタイトルに何も設定しなければ、一行目がノートタイトル、二行目以下がノート本文になるノートが、保存されます。これによって、テキストデータのノートを、素早く作成できます。

FastEver的な使い方が可能になります。

(2)PostEver的な使い方

ノートタイトルを日付(yy/mm/dd)にして、タイムスタンプを付ければ、PostEver的な使い方が可能になります。

3.AndroidでEvernoteを使う仕組みの改善(PostEverとの使い分け)

Androidには、FastEverがなかったため、これまで私は、PostEverだけをつかって、PostEver的な使い方と、FastEver的な使い方を、どちらも行ってきました。

AndroidからEvernoteへテキストを入力するなら、PostEverが一番だと思う。PostEverの設定例と使用例 » 単純作業に心を込めて

しかし、WriteNoteと出会いましたので、これからは、FastEver的な使い方はWriteNote、PostEver的な使い方はPostEver、というように、使い分けをしたいと思います。

しばらく使ってみて、FastEver的な使い方を完全にWriteNoteに任せることができれば、PostEverは、基本は日付タイトルとすることにして、タイトル欄を隠すことも検討したいと思います。

4.連続投稿への期待

WriteNoteは、非常によくできたアプリだと思います。まさに私が求めていたアプリであり、このアプリを無料で公開してくださっている作者様には、感謝してもしきれません。

ただひとつだけ、期待したいことがあります。

それは、連続投稿です。

設定が済んでいれば、メモを書いて送信ボタンを押すだけです。

Evernoteに送信後、Writenoteは終了します。

WriteNoteは、ひとつのメモをEvernoteに送信すると、アプリが終了してしまいます。連続でいろんなメモを投稿したいときは、いちいちWriteNoteを立ち上げる必要があるので、若干不便です。

Evernoteへの送信後にも終了しないようにするか、あるいは、終了するかどうかを設定できるようになれば、もっとすばらしいと思います。

何にしても、すばらしいアプリです。AndroidからEvernoteにテキストのメモをよく投稿する方は、使ってみて損はないアプリだと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Read It Laterがpocketになりました。Android版pocketを少し触ってみた感想。

はじめに 愛用している「あとで読む」サービスのRead It Laterが、名称を、Pocketに

記事を読む

no image

我が家の子育て×Evernote。子育てのためにEvernoteに入れているものと、その目的・方法

1.我が家の子育ては、Evernoteなしには語れない 我が家の子育てには、Evernoteが大活躍

記事を読む

no image

Evernote×大学の講義。講師の立場から考える「Evernoteで講義ノートをとる方法」

1.講師の立場から「Evernoteで講義ノートをとる方法」を考える (1) 自分が大学生のときにE

記事を読む

no image

パパ友に子どもの写真と動画を共有したとき、ひと手間加えたら、よろこばれた(EvernoteとRoadMovies)

1.パパ友と遊んだら、写真と動画を共有 自分がそういう年代だからかだと思うのですが、昔からの私の友人

記事を読む

no image

好きな素材を、上達論のテキストとして使い込む

1.「上達論のテキストとしてみる習慣」という考え方 齋藤孝の『「できる人」はどこがちがうのか』に、

記事を読む

no image

PostEverが画像添付に対応したこの機会に、PostEverとWriteNoteを比較する(Android)

1.はじめに (1)PostEverのアップデート Android版PostEverに、待望のア

記事を読む

no image

Androidをどう使うか(キャリア・契約・機種・使用方法の一例)[2012.08版]

2012年8月29日のIFA2012でXperia Tsubasa(SO-01E)が発表されるかにも

記事を読む

no image

Androidスマートフォンで、広告付きアプリを使わない理由

1.はじめにAndroidには、いろんなアプリを入れることができます。私もたくさんのアプリにお世話に

記事を読む

no image

バーチカル表示がうれしいAndroidのカレンダーアプリ「Business Calendar」(7) アジェンダ表示の検索を活用してみようと思う

はじめに ここまで、AndroidのカレンダーアプリであるBusiness Calendarのヘル

記事を読む

no image

Evernote×思考。Evernoteで、考えを捕まえ、育て、寝かせる。

1.Evernoteは、思考の場所 Evernoteのキャッチフレーズは、「すべてを記憶する」です。

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑