*

Evernoteの「共有するタグ」機能を妄想する

公開日: : Evernote

1.Evernoteで、ノーブックにできて、タグにできないことは、共有

Evernoteの整理に取り組んでいます。ノートブックについてはだいたい落ち着いたのですが(Evernoteのノートブックを整理した結果の記録(2014.6段階))、タグは現在進行形で検討中です。

基本的には、私は、「ノートブックよりもタグの方が、高機能だし、Evernoteの本領をより深く発揮させる」と考えています。(今のところは、ノートブック主体でEvernoteを整理しているので、もっとタグを使いたいなあ、と思っています。)

【参照】タグ整理とフォルダ整理との比較、あるいは、なぜ私はフォルダで整理したくなるかの検証

でも、今回、Evernoteを整理するにあたって、ノートブックとタグの違いを考えていたら、ノートブックにできて、タグにはできないことを発見しました。

ノートブックにできて、タグにできないこと。それは、共有です。

Evernoteのノートブックは、ノートブック単位でノートブックに属するノートを共有する機能を持っています。しかし、Evernoteのタグは、タグ単位でタグが付与されたノートを共有する機能を持っていません。

Evernote ではノート単位での共有とノートブック単位での共有ができますが、ここではノートブックの共有・公開について説明します。

Evernote日本語版ブログ | すべてを記憶する | Evernoteより)

たとえば、「Aと共有するノートブック」というノートブックに入れたノートすべてをAさんと共有することは可能です。Evernoteでは、ノートブック単位でノートを共有することができます。

しかし、「Aと共有」というタグをつけたノートすべてをAさんと共有することは不可能です。Evernoteでは、タグ単位でノートを共有することができません。

2.タグ単位での共有機能「共有するタグ」機能を妄想する

(1) 「共有するタグ」機能(妄想)

Evernoteのノートブックにできてタグにできないことについての説明は、これで全部です。

でも、もう少し先を考えてみます。もう少し先というのは、妄想です。ノートブック単位の共有と同じように、タグ単位の共有ができたら、どんなことが可能になるんだろうか、を考えてみます。妄想ついでにこの機能を名付けるなら、「共有するタグ」機能でしょうか。

「共有するタグ」機能(妄想)は、タグ単位で共有をコントロールする機能です。

Evernoteの共有は、他のEvernoteアカウントとノートを共有します。ノートブック単位での共有は、特定のノートブックに入れたノートを一括で、他のEvernoteアカウントと共有します。

「共有するタグ」機能(妄想)は、タグでこれをします。つまり、特定のタグをつけたノートを、特定のユーザーと共有する、というものです。

(2) 「共有するタグ」機能(妄想)が本領を発揮する場面

「共有するタグ」機能(妄想)を使えば、たとえば、「Aと共有」というタグをAさんのEvernoteアカウントと共有する設定をしておけば、Aさんと共有したいノートに「Aと共有」タグをつけることで、そのノートをAさんと共有できます。

「共有するタグ」機能(妄想)が本領を発揮するのは、複数人に対して、複数のノートを共有する場面です。とくに、すべてのノートをすべての人に対して一括で共有するのではなく、誰にどのノートを共有するのかを細かくコントロールするときには、「共有するタグ」機能(妄想)が、大変役に立ちます。

具体例で説明しましょう。

  • ノート1~ノート10という10個のノートがあるとします。
  • そして、Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさんという5人の人がいるとします。
  • このとき、ノート1~3は、A~Eの全員と共有し、ノート4はA,B,C、ノート5はBだけ、ノート6~9はA,C,D、そしてノート10はD,Eと共有、というかたちで共有をしたいとします。

どうすればよいでしょうか。

「共有するタグ」機能(妄想)を使えば、簡単です。

  • 「Aと共有」「Bと共有」「Cと共有」「Dと共有」「Eと共有」という5つのタグを作ります。
  • それぞれのタグに、それぞれのEvernoteアカウントと共有する設定をします。
  • あとは、それぞれのノートに、共有したい相手のタグをつけるだけです。具体的には、ノート1~3には「Aと共有」「Bと共有」「Cと共有」「Dと共有」「Eと共有」という5つのタグをつけ、ノート4には「Aと共有」「Bと共有」「Cと共有」という3つのタグをつけ、ノート5には「Bと共有」という1つのタグをつけ、ノート6~9には「Aと共有」「Cと共有」「Dと共有」という3つのタグをつけ、そしてノート10には「Dと共有」「Eと共有」という2つのタグをつけます。

(3) ノートブック単位の共有では、どうなるのか

これに対して、現在用意されているノートブック単位の共有では、こうはいきません。この理由は、ひとつのノートが複数のノートブックに所属することができないからです。

ひとつのノートが複数のノートブックに所属できないため、共有の単位がノートブックだと、共有のパターンの数だけ、ノートブックを作る必要があります。

「Aと共有するノートブック」「Bと共有するノートブック」というように5つのノートブックを作るだけでは、誰か1人としか共有できません。「全員と共有するノートブック」というノートブックだけでは、すべてのノートを全員と共有することになってしまいます。細かくコントロールするためには、「A,B,Cと共有するノートブック」「B,C,Dと共有するノートブック」のように、使う共有パターン分だけ、ノートブックを用意する必要があります。

このため、「共有するタグ」機能(妄想)は、ノートブック単位での共有には実現できない価値を実現できます。

3.おわりに

私はEvernoteの仕組みもプログラミングも何も知らないので、この「共有するタグ」機能(妄想)の実現可能性がどれくらいあるのかは、よくわかりません。

でも、ノートブックもタグも、Evernoteのデータベース内のデータをどのように人間に見せるか、という問題のようにも思います。そうであれば、ノートブック単位の共有ができるなら、タグ単位の共有もそんなに難しくないような気がします。

また、Postach.ioは、「Published」というタグをつけたノートだけを公開する、という動きをします。これが可能なら、特定のタグをつけたノートを共有する、ということも、技術的には十分実現可能なんじゃなかろうか、という気がします。

となると、あとはニーズなのですが、少なくとも、私がEvernoteの共有機能の恩恵を受けている「Evernote子ども成長記録ノート」に関しては、この「共有するタグ」機能(妄想)があると、活用の幅がぐんと広がるんじゃないかなあ、と感じています(我が家で大活躍!子育てを彩る、Evernote子ども成長記録ノートの作り方と共有方法)。

以上、妄想でした。

スポンサードリンク

関連記事

no image

「倉庫としてのEvernote」「作業場としてのEvernote」

1.「作業場としてのEvernote」は、私にとって、革命だった こんな記事を書きました。 Ev

記事を読む

no image

Evernote×読書「Evernoteにクラウド読書ノートを作る」(『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』Chapter-4のご紹介)

この文章は、『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』(倉下忠憲著)をご紹介するものです。書きたい内容が

記事を読む

no image

Evernoteを整理する3つの目的「検索を補助」「だけ&もれなく一覧表示」「頭と心を整える」

1.どうやってEvernoteを整理するかを決めるために、なんのためにEvernoteを整理するかを

記事を読む

no image

Evernoteの「関連するノート」は、過去を今に繋ぐ

1.「関連するノート」で、Evernoteがますますおもしろい Evernoteには、「関連するノ

記事を読む

no image

いちばん大切な、子どもの成長記録を、Evernoteにしまい続ける

1.Evernoteに、子どもの成長がしまわれている 私にとって、いちばん大切な記録は、子どもの成

記事を読む

no image

我が家の子育て×Evernote。子育てのためにEvernoteに入れているものと、その目的・方法

1.我が家の子育ては、Evernoteなしには語れない 我が家の子育てには、Evernoteが大活躍

記事を読む

no image

「自分以外の読み手を想定している&書いたあとで整理する」の領域に位置づけられる、Postach.ioとFargo

1.「自分以外の読み手を想定している&書いたあとで整理する」候補の、Postach.ioとF

記事を読む

no image

Androidからさっとメモし、パソコンからじっくりと日記へ仕上げる、Evernote日記システム

1.Evernote日記システム (1)さっとメモし、じっくり日記へ仕上げる スマートフォンは、

記事を読む

no image

紙の本の読書ノートを、Evernoteに蓄積する

1.紙の本の読書ノートをEvernoteにとる 次の記事を読みました。 で、思いついた読

記事を読む

no image

Evernoteのノートブックとタグをゼロベースで考えるとしたら

1.はじめに Evernoteが私の日常に定着して、1年くらいになります。 今では、Everno

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑