*

まず始めることから何を得たか? 分不相応なレンタルサーバー+独自ドメイン+WordPressへの引っ越しを振り返る。

公開日: : ブログ

1.レンタルサーバー+独自ドメイン+WordPressから、もうすぐ1年です

このブログを始めたのは、2012年3月上旬です。当初は、WordPress.comという無料ブログサービスを利用していました。

それから2ヶ月弱の2012年4月末、私は、このブログを、レンタルサーバー+独自ドメイン+WordPressに引っ越しました。
引っ越した段階で、このブログのPVは、せいぜい1日500程度でした。まだまだ生まれたての小さなブログでした。無料ブログサービスでも、何も不自由はありませんでした。わざわざお金を出してレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを持つことなんて、分不相応でした。

しかし、ブログを始めたときから、私は、WordPressというものに興味を持っていました。ある程度ブログを続けられるなら、お金を出してレンタルサーバーと独自ドメインを用意するのも悪くないかなと思っていました。そして、無料ブログサービスで2ヶ月弱続いたので、今度はお金を出してレンタルサーバーを借りても、悪くないな、と思うようになりました。

要するに、まったく必要はなかったけれど、やりたかったので、まず始めることにしました。この引っ越しをしたのは、2012年4月末。今から約1年前のことでした。

2.まず始めることから、何を得たか?

必要性があって引っ越したわけではなく、WordPressや独自ドメインを活用して何かをしたくて引っ越したわけでもありません。実際、引っ越したあとのこのブログで、レンタルサーバーでないとできないことや、WordPressでないとできないことを、どの程度しているのか、我ながらけっこう疑問です。

しかし、それでも、まず始めたという自分の選択は、よい選択だったと思っています。2012年4月にまず始めちゃってからの1年間で、私は、いろいろなものを得たからです。これらは、WordPress.comでブログを続けていたなら、得られなかったことだと思います。

(1) WordPressを知った

まず、WordPressを知りました。WordPressを通じて、コンテンツマネジメントシステム(CMS)というものの仕組みも、なんとなくわかりました。

WordPressを知ったことによって、WordPressなら、ブログだけでなく、普通のウェブサイトだって作ることができる、ということも知りました。こまめに更新したり、複数の担当者が記事を書いたりするサイトを運営するなら、HTMLとCSSだけで作るウェブサイトだけでなく、WordPressを使うという選択肢がある、ということを学びました。

将来的に、ウェブサイトを使って仕事なりプロジェクトなりをするときに、WordPressというものの基本的な仕組みを知っていることは、ちょっとした武器になるのではないかと思います。

(2) PHPの基礎を勉強できたし、HTML/CSSを復習できた

WordPressを勉強しているうちに、PHPのごく基礎的なところを勉強することができました。

また、ずいぶんと前に勉強して、かなり忘れていたHTMLとCSSを、きちんと復習することができました。

PHPも、HTML/CSSも、とてもおもしろい思想で成り立っている言語だなあと思います。私は、プログラミングもデザインも完全に門外漢ですが、このふたつを勉強することによって、自分の仕事に対しても、何らかのフィードバックがあるように思います。

(3) Google AdSenseによって、ウェブ上の広告の仕組みが、少しわかった

レンタルサーバー+独自ドメイン+WordPressの組み合わせにしていたからこそ、最近、Google AdSenseを試すことができました。

Google AdSenseを始めてからまだ半月程度ですが、Google AdSenseのガイドブックを読んだり、実際にGoogle AdSenseのサイトを確認したりしているうちに、ウェブ上の広告の仕組みが、少しわかってきました。

今後、自分がどのようにウェブ上の広告に関わるかはわかりませんが、これからの社会において、ウェブ上の広告は、それなりに重要な広告手段です。ウェブ上の広告がどのような仕組みで動いているのかを、実体験として学べていることは、貴重な財産だと思います。

(4) ブログに対する姿勢が変わった

最後は、若干精神的なことなのですが、ブログに対する姿勢が変わったことです。大げさに言えば、腹が据わりました。

WordPress.comでブログをしているとき、私は、とても気楽にブログをしていました。ブログに対して、あまり当事者意識を持っていませんでした。WordPress.comは、整えられたブログサービスなので、自分でやることは、記事を書くことだけです。自分でブログをメンテナンスをする必要はありませんでした。自分が管理するブログ、という感覚は、ありませんでした。

しかし、レンタルサーバー+独自ドメイン+WordPressに引っ越してからは、自分が管理しなければいけないブログである、という感覚を持つようになりました。ブログに対して当事者意識が生まれ、このブログと今後も長い間つきあっていくのだろうと、腹が据わりました。

そのおかげで、それなりの頻度での記事更新ができているのだと思います。そのおかげで、Google AdSenseによってブログ費用くらいは稼ぎたいな、と思ったのだと思います。そのおかげで、プラグインやテーマを勉強しようという気になったのだと思います。

私にとってブログは趣味ですが、趣味だとしても、腹が据わって当事者意識を持って取り組んだ方が、おもしろいです。レンタルサーバー+独自ドメイン+WordPressに引っ越したからこそ、ブログに対する姿勢が、当事者意識のあるものへと変わり、その結果、趣味としてブログから、たくさんのわくわく感やおもしろさを得られているのだろうと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyについて書いてきた177個のブログ記事を、WorkFlowyによって組み替えた、ひとつの大きな階層つきリスト

1.はじめに 2015年1月から、私は、この「単純作業に心を込めて」というブログに、WorkFlow

記事を読む

no image

hタグ整理の方法と、作業完了の感想

1.hタグの不統一とその原因 (1) hタグが統一できていなかった つい先日まで、このブログのhタグ

記事を読む

no image

整った論理構造を持つ文章を書くための、自分のブログの強みと落とし穴

1.ブログのために書くほうが、ブログ以外のために書くよりも、整った論理構造を持つ文章を書くのが、うん

記事を読む

no image

『実存からの冒険』から受け取った〈実験=冒険としての生〉というイメージが、ブログによって現実になっていた。

1.「積極的な社会参加」としてのブログ 好きなブログを告白する11月は昨日で終わっちゃいましたが、

記事を読む

no image

Pocket Buttonを設置したら、Pocketの数から、ブログを読んでくださる方の存在を感じられて、うれしい。

1.Pocket Buttonの設置方法 (1) Pocket Buttonを設置しました。 先ほど

記事を読む

no image

ブログ記事の原稿を書くなら、Evernoteが一番。アイデアを、素早くキャッチし、気長に育てる。

1.Evernoteでブログ原稿を書くと、何がよいか このブログの原稿は、基本的には、すべて私のE

記事を読む

no image

過去と未来に向けて開かれた流動的な構造

千夜一夜の物語 今から2年ほど前の2014年9月30日、この「単純作業に心を込めて」というブログに、

記事を読む

no image

ロールズの「無知のヴェール」と、「自分の一番好きなブログを自分で作る」

1.ジョン・ロールズの「無知のヴェール」 以前、別の記事に(フィクションとして)書いたことがあるの

記事を読む

no image

アシタノレシピの仲間に加わり、普通の個人がブログのある毎日を送り続けることの意味と可能性を考える。

1.アシタノレシピの仲間に加わりました この4月から、アシタノレシピの執筆メンバーに加えていただきま

記事を読む

no image

自分の「面白い」を掘り下げることと〈自己了解〉

1.自分の「面白い」を掘り下げること by WRM 2016/09/26 第311号 倉下忠憲さんの

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑