*

サーバーと同期できなくてもEvernote for Windowsの便利さは損なわれないけれど、「関連するノート」が使えないのが味気ない

公開日: : Evernote

1.Evernoteのサーバーとつながらなかった

一昨日の夜8時半ころ、ブログ記事でも書こうかなと思ってEvernote for Windowsを立ち上げました。

でも、同期をしようとしても、エラーメッセージが出て、同期ができません。

Twitterで検索をしてみたら、Evernoteサーバーが落ちているとつぶやいている人が多数いて、@EvernoteStatusも障害の情報をつぶやいていました。Evernoteのサーバーの障害だったようです。

その後、まもなくサーバーは復活し、障害は解消したのですが、まあ、その間も、そんなに不自由なくEvernote for Windowsを使うことができました。そのときに感じたこと、気づいたことをメモします。

2.サーバーと通信できなくても、Evernote for Windowsは、便利なアプリだった

まず、サーバーと通信できなくても、Evernote for Windowsは、私にとって、便利で使いやすいアプリでした。

(1) Evernote for Windowsでできること

サーバーと通信ができなくても、新しいノートを作ったり、以前作ったノートを編集したりすることは、全然不自由なくできました。

ひとつのノートを開いて書いているときに思いついた何かを別のノートにメモすることも簡単ですし、あるノートから別のノートに渡り歩きながら同時並行でいろんなノートを少しずつ編集するのも楽々でした。

同期とか関係なく、文章を書くためのアプリとして、Evernote for Windowsは、かなりいい線行っています。

(2) 同期ができなくてもそれほど不便を感じなかった理由の考察

私が、同期ができなくてもそれほど不便を感じなかった理由は、私がEvernoteを使う端末が偏っていることです。Evernoteはマルチプラットフォームのクラウドサービスなので、私はいろんな端末からEvernoteを使っていますが、その使い方には大きな偏りがあります。Evernoteを使うのは、持ち歩き用のノートパソコン、職場のデスクトップ、Androidスマートフォン、iPad、Nexus7ですが、圧倒的に多いのが持ち歩き用のノートパソコンです。ですから、だいたいのデータが持ち歩き用のノートパソコンに入っているため、持ち歩き用のノートパソコンからEvernote for Windowsを使うなら、一時的に同期ができなくても、それほど不便はありません。

このように、サーバーと通信できず、リアルタイムに同期をすることができなくても、Evernote for Windowsは、文章を書くための優れた道具です。これがひとつめの感想です。

3.サーバーと通信できないと、「関連するノート」が使えない

(1) 「関連するノート」は、クラウドにあるEvernoteのコンピュータが処理している

次に、気づいたことです。

Evernoteのサーバーと通信できないとき、「関連するノート」は表示されません。「関連するノート」が表示されるのは、Evernote for WindowsがEvernoteのサーバーと通信できるときだけです。

これまで、私は、Evernote for Windowsは、パソコン内に保存されたノートの情報を、パソコンのリソースを使ってデータベース化して、パソコンのリソースを使って分析し、「関連するノート」を表示しているのだろう、と想像していました。

でも、サーバーと通信できない間は「関連するノート」が表示されないことからすれば、「関連するノート」を分析して表示するのは、クラウドにあるEvernoteのコンピュータであって、Evernote for Windowsではないようです。

私にとって、Evernoteの「関連するノート」の精度は驚愕のレベルです。よくもまあこんなどんぴしゃなノートを探してくるな、と感心しています。

この精度を実現しているのは、自分のパソコンにインストールされたEvernote for Windowsではなくて、クラウドにあるEvernoteのコンピュータだったのですね。ちょっと納得です。

(2) 「関連するノート」が表示されないと、ちょっとつまらない

「関連するノート」が表示されないことに、致命的な不都合は、何もありません。「関連するノート」はあくまでも関連であって、そこに何かが表示されなくても、今編集しているこのノートとの関係では、ダメージはゼロです。

でも、「関連するノート」が出なかった間、私は、若干の味気なさを感じていました。

それで気づいたのですが、私にとって、「関連するノート」に表示される3つのノートを見ることは、Evernote for Windowsを使って文章を書くときの、ささやかな楽しみになっていたようです。これを書くと何が表示されるかな、と思いながらEvernote for Windowsに文章を書き綴るのは、とても楽しいことです。

私がEvernote for Windowsで文章を書くのが好きな理由のひとつは、「関連するノート」機能だったんだな、と気づかされました。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Evernoteの2段階認証を有効化する手順

1.Evernoteの2段階認証 少し前の話になりますが、2013年6月ころから、Evernoteで

記事を読む

no image

紙の本の読書ノートを、Evernoteに蓄積する

1.紙の本の読書ノートをEvernoteにとる 次の記事を読みました。 で、思いついた読

記事を読む

no image

Evernote×Toodledo Toodledoの完了タスクをEvernoteに蓄積するiftttレシピの整理

1.いろんな人の助けを借りてできあがった、おすすめの方法 Toodledoの完了タスクをEvern

記事を読む

no image

クラウドに上げない方がよい情報の範囲と、Evernoteのローカルノートブックの可能性

1.どの資格で預かったかによって、クラウドに上げない方がよい情報を線引きする (1) 問題の背景

記事を読む

no image

【Toodledo×IFTTT×Evernote】電子業務日誌を自動的に作成する

1.『「超」整理法』がすすめる電子業務日誌 『「超」整理法』は、時代を超える名著です。この本は、単

記事を読む

no image

いちばん大切な、子どもの成長記録を、Evernoteにしまい続ける

1.Evernoteに、子どもの成長がしまわれている 私にとって、いちばん大切な記録は、子どもの成

記事を読む

no image

Evernote×大学の講義。講師の立場から考える「Evernoteで講義ノートをとる方法」

1.講師の立場から「Evernoteで講義ノートをとる方法」を考える (1) 自分が大学生のときにE

記事を読む

no image

Evernote子ども成長記録ノートを、じぃじ・ばぁばと共有すれば、みんなハッピー。

1.Evernote子ども成長記録ノートは、続ければ続けるほど、価値が出る (1) 我が家で大活躍の

記事を読む

no image

Androidからさっとメモし、パソコンからじっくりと日記へ仕上げる、Evernote日記システム

1.Evernote日記システム (1)さっとメモし、じっくり日記へ仕上げる スマートフォンは、

記事を読む

no image

Evernote×業務日誌 「関連するノート」で過去の経験を今に活かす

1.Evernoteを仕事に活用するなら、業務日誌がよい気がする Evernoteを仕事に活用する

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑