*

サーバーと同期できなくてもEvernote for Windowsの便利さは損なわれないけれど、「関連するノート」が使えないのが味気ない

公開日: : Evernote

1.Evernoteのサーバーとつながらなかった

一昨日の夜8時半ころ、ブログ記事でも書こうかなと思ってEvernote for Windowsを立ち上げました。

でも、同期をしようとしても、エラーメッセージが出て、同期ができません。

Twitterで検索をしてみたら、Evernoteサーバーが落ちているとつぶやいている人が多数いて、@EvernoteStatusも障害の情報をつぶやいていました。Evernoteのサーバーの障害だったようです。

その後、まもなくサーバーは復活し、障害は解消したのですが、まあ、その間も、そんなに不自由なくEvernote for Windowsを使うことができました。そのときに感じたこと、気づいたことをメモします。

2.サーバーと通信できなくても、Evernote for Windowsは、便利なアプリだった

まず、サーバーと通信できなくても、Evernote for Windowsは、私にとって、便利で使いやすいアプリでした。

(1) Evernote for Windowsでできること

サーバーと通信ができなくても、新しいノートを作ったり、以前作ったノートを編集したりすることは、全然不自由なくできました。

ひとつのノートを開いて書いているときに思いついた何かを別のノートにメモすることも簡単ですし、あるノートから別のノートに渡り歩きながら同時並行でいろんなノートを少しずつ編集するのも楽々でした。

同期とか関係なく、文章を書くためのアプリとして、Evernote for Windowsは、かなりいい線行っています。

(2) 同期ができなくてもそれほど不便を感じなかった理由の考察

私が、同期ができなくてもそれほど不便を感じなかった理由は、私がEvernoteを使う端末が偏っていることです。Evernoteはマルチプラットフォームのクラウドサービスなので、私はいろんな端末からEvernoteを使っていますが、その使い方には大きな偏りがあります。Evernoteを使うのは、持ち歩き用のノートパソコン、職場のデスクトップ、Androidスマートフォン、iPad、Nexus7ですが、圧倒的に多いのが持ち歩き用のノートパソコンです。ですから、だいたいのデータが持ち歩き用のノートパソコンに入っているため、持ち歩き用のノートパソコンからEvernote for Windowsを使うなら、一時的に同期ができなくても、それほど不便はありません。

このように、サーバーと通信できず、リアルタイムに同期をすることができなくても、Evernote for Windowsは、文章を書くための優れた道具です。これがひとつめの感想です。

3.サーバーと通信できないと、「関連するノート」が使えない

(1) 「関連するノート」は、クラウドにあるEvernoteのコンピュータが処理している

次に、気づいたことです。

Evernoteのサーバーと通信できないとき、「関連するノート」は表示されません。「関連するノート」が表示されるのは、Evernote for WindowsがEvernoteのサーバーと通信できるときだけです。

これまで、私は、Evernote for Windowsは、パソコン内に保存されたノートの情報を、パソコンのリソースを使ってデータベース化して、パソコンのリソースを使って分析し、「関連するノート」を表示しているのだろう、と想像していました。

でも、サーバーと通信できない間は「関連するノート」が表示されないことからすれば、「関連するノート」を分析して表示するのは、クラウドにあるEvernoteのコンピュータであって、Evernote for Windowsではないようです。

私にとって、Evernoteの「関連するノート」の精度は驚愕のレベルです。よくもまあこんなどんぴしゃなノートを探してくるな、と感心しています。

この精度を実現しているのは、自分のパソコンにインストールされたEvernote for Windowsではなくて、クラウドにあるEvernoteのコンピュータだったのですね。ちょっと納得です。

(2) 「関連するノート」が表示されないと、ちょっとつまらない

「関連するノート」が表示されないことに、致命的な不都合は、何もありません。「関連するノート」はあくまでも関連であって、そこに何かが表示されなくても、今編集しているこのノートとの関係では、ダメージはゼロです。

でも、「関連するノート」が出なかった間、私は、若干の味気なさを感じていました。

それで気づいたのですが、私にとって、「関連するノート」に表示される3つのノートを見ることは、Evernote for Windowsを使って文章を書くときの、ささやかな楽しみになっていたようです。これを書くと何が表示されるかな、と思いながらEvernote for Windowsに文章を書き綴るのは、とても楽しいことです。

私がEvernote for Windowsで文章を書くのが好きな理由のひとつは、「関連するノート」機能だったんだな、と気づかされました。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Evernoteは「大きな引き出し」。「しまう」と「響く」

1.「しまう」と「響く」 恩田陸さんの『光の帝国』に、「大きな引き出し」という短編が収録されていま

記事を読む

no image

Androidからひとりブレーンストーミングをするなら、PostEverが最適!

1.概要 PostEverを使えば、ひとりブレーンストーミングをすることができます。 PostE

記事を読む

no image

Evernoteを気持ちよく使い続けるための、「受信箱を空にするというルール」

1.受信箱を空にするというルール (1)Evernoteを気持ちよく使えるようになったきっかけ

記事を読む

no image

全体としてひとつの流動的な有機体であるか否か(Evernoteとプロセス型アウトライナーの思想のちがい)

1.はじめに 「Evernoteとアウトライナーの融合は可能か?」というテーマを考察した、この記事

記事を読む

no image

私がEvernoteのウェブクリップをあまり使わない理由と、例外的にウェブクリップを利用する場面

1.Evernoteのウェブクリップをあまり使わない理由 私は、基本的には、Evernoteのウェ

記事を読む

no image

Evernote×読書「Evernoteにクラウド読書ノートを作る」(『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』Chapter-4のご紹介)

この文章は、『ソーシャル時代のハイブリッド読書術』(倉下忠憲著)をご紹介するものです。書きたい内容が

記事を読む

no image

Evernote×就活。自己分析、エントリーシート、面接対策、情報管理

1.「Evernoteを就活に活用する方法を教えて」 Evernoteで大学の講義ノートをとる方法を

記事を読む

no image

紙の本の読書ノートを、Evernoteに蓄積する

1.紙の本の読書ノートをEvernoteにとる 次の記事を読みました。 で、思いついた読

記事を読む

no image

Evernoteを捉えるメタファー

1.Evernoteをメタファーで捉える (1) Evernoteをどんなメタファーで捉えるか

記事を読む

no image

Evernoteにおけるノートブック「ATOK Pad」の活用法を考える

1.ATOK Padとは 私が愛用しているアプリのひとつに、ATOK Padというものがあります。

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑