*

Evernote子ども成長記録ノートのサンプルと作り方(Android×WriteNote Pro)

1.我が家で大活躍する、Evernote子ども成長記録ノート

我が家では、Evernoteに、子どもの成長記録ノートを作っています。

詳細は以前書いた通りなのですが、その日1日分の写真とコメントが並んだノートが、1日1ノートできます。

我が家で大活躍!子育てを彩る、Evernote子ども成長記録ノートの作り方と共有方法 | 単純作業に心を込めて

2.こんな感じになります。子ども成長記録ノートのサンプル。

上のやり方で子どもの成長記録ノートを作ると、こんな感じになります。ダミーの写真を並べただけですが、雰囲気はお伝えできるのではないかと思います。

(1) Androidの画面で見たところ

Androidの画面でEvernote公式アプリから、このノートを開いたところのスクリーンショットです。

Screenshot_2013-07-18-10-09-55

(2) Evernoteノートの本体は、こんな感じ

Evernoteノート本体は、こんな感じです。 (Evernoteノートが開きます。)

2013/07/18

3.AndroidとWriteNote ProでEvernote子ども成長記録ノートを作るための設定と操作

このようなEvernoteノートを作るための設定は、以下の通りです。AndroidでもiPhoneでもできるのですが、ここでは、私が使っている組み合わせ、Android×WriteNote Proの組み合わせを説明します。

(1) WriteNote Proのインストールから設定まで

a.WriteNote Proのインストール

まずは、Google Playで、WriteNote Proをインストールします。

WriteNote Pro – Google Play の Android アプリ

2013/07/18現在、220円のアプリです。安い!

WriteNote Proの使い方を調べるなら、WriteNoteの公式サイトがおすすめです。

WriteNote Pro

b.WriteNote ProのEvernote認証をする

まず、WriteNote ProにEvernoteアカウントを認証します。

設定メニューから可能です。

c.子ども成長記録用のノート設定を作成する

次に、WriteNote Proのノート設定を作成します。

WriteNote Proは、いろんな形でEvernoteに投稿することができます。設定メニューから、「ノート設定」に入り、「ノート設定●の詳細」をタップすると、ノート設定の設定画面に入ることができます。

1日1ノートのEvernote子ども成長記録を作るための設定は、次の通りです。

Screenshot_2013-07-12-08-19-20

(a) 設定名

何でもよいです。

(b) ノートブック名

何でもよいです。子どもの名前などがよいのではないかと思います。

(c) ノートタイトル

yyyy/MM/dd

とします。

こうすると、スクリーンショットの通り、

2013/07/18

という形式になります。

MMは大文字です。

(d) タイムスタンプ

HH:mm

とします。

こうすると、

14:52

などのように、24時間表記で時間と分が入ります。

(e) タグ

お好みで

(f) ノートの下に追記する

チェックを入れます。

こうすると、上から下に写真が流れるようになります。

(g) 位置情報

お好みで

(2) 写真撮影から投稿まで

WriteNote Proの設定が終われば、あとは、写真を撮影して、WriteNote Pro経由でEvernoteに投稿するだけです。

a.カメラアプリから写真を撮る

まずは、普通に、写真を撮ります。カメラアプリから撮影します。まだWriteNote Proは使いません。

b.ギャラリーアプリから、写真をWriteNote Proに共有

写真を撮影したら、撮影した写真を開き、Androidのインテント機能を利用して、WriteNote Proに共有します。

(a) ギャラリーアプリで写真を開き

Screenshot_2013-07-18-10-04-52

(b) 共有ボタン(こんなの「<」)をタップし

Screenshot_2013-07-18-10-04-59

(c) WriteNote Proに共有します

Screenshot_2013-07-18-10-05-07

c.WriteNote Proでコメントをつける

WriteNote Proに写真データを共有したら、あとは、WriteNote Proから投稿するだけです。

Screenshot_2013-07-18-10-05-22

文字パネル上メニュー左側のクリップのようなアイコンが緑色に光っていることが、写真データを保持していることを意味します。

Screenshot_2013-07-18-10-06-01

コメントを入力して、投稿ボタンをタップ。

これで完了です。

(3) こんな感じで投稿される

うまく投稿できると、こうなります。

Screenshot_2013-07-18-10-10-05

タイムスタンプ

コメント

写真

の順番に並びます。

4.おわりに

WriteNote Proの設定は、若干面倒です。しかし、最初の設定さえやってしまえば、あとは、写真撮影+αの手間で、子どもの成長記録ノートを作成することができます。

よろしければ、お試しください。

スポンサードリンク

関連記事

no image

いちばん大切な、子どもの成長記録を、Evernoteにしまい続ける

1.Evernoteに、子どもの成長がしまわれている 私にとって、いちばん大切な記録は、子どもの成

記事を読む

no image

Evernoteで文章を書くようになって約3年、Evernoteは私の知的生産をどう変えたか?

1.はじめに 〜Evernoteは、私の知的生産を、どう変えたか?〜 (1) 「ずっと完成しないで

記事を読む

no image

NEX-5RLを開封直後に感じた諸々:「手軽にぼけ味」は、100点満点!

1.NEX-5RLが届きました。 NEX-5RLが届きました。注文の翌日に届きました。おそるべし、A

記事を読む

no image

Evernoteにおけるノートブック「ATOK Pad」の活用法を考える

1.ATOK Padとは 私が愛用しているアプリのひとつに、ATOK Padというものがあります。

記事を読む

no image

文章を書くツールとしてEvernoteを使うことのメリット テキストデータのポケットひとつ原則

1.自分で入力したテキストデータのためだけに、Evernoteを使う意味 私がEvernoteに保

記事を読む

no image

好きな素材を、上達論のテキストとして使い込む

1.「上達論のテキストとしてみる習慣」という考え方 齋藤孝の『「できる人」はどこがちがうのか』に、

記事を読む

no image

Evernote×就活。自己分析、エントリーシート、面接対策、情報管理

1.「Evernoteを就活に活用する方法を教えて」 Evernoteで大学の講義ノートをとる方法を

記事を読む

no image

Evernote子ども成長記録ノートを、タグで整理する

1.Evernote子ども成長記録ノートをもっと価値あるものにするために、タグを活用 我が家では、子

記事を読む

no image

もしも、子どもに、「生きる意味って何?」と尋ねられたら。

大学生の一時期、私は、「人生全体の目的」とか「生きる意味」とかのことを、本気で、考えていました。 昨

記事を読む

no image

Evernote Educationを妄想する

1.名付けてEvernote Education (1) Evernote Businessを、授

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑