*

Evernoteにおけるノートブック「ATOK Pad」の活用法を考える

公開日: : 最終更新日:2012/07/18 Evernote, iPad

1.ATOK Padとは

私が愛用しているアプリのひとつに、ATOK Padというものがあります。一太郎やATOKで有名なJust Systemが開発・公開しているメモアプリです。現在、iOS版、Windows版、Mac版があります。

「ATOK Pad」とは、すぐ起動して表示でき、ATOKと連携して入力できるメモツールです。複数のメモを作成でき、入力したメモをTwitterにツイートしたり、Evernoteとメモを同期することができます。

こんなことができる | ATOK.com

2.ATOK PadとEvernoteとの同期

(1)ATOK PadとEvernoteとの同期

ATOK Padで書いたメモは、Evernoteと同期されます。

ATOK Padで書いたメモは、ボタンを押すだけでEvernoteと同期。ATOK PadをEvernoteクライアントのように使えるようになりました。Evernoteは、さまざまなプラットフォームから利用できるので、書いたメモをいつでもどこでもフル活用できます。

(2)ノートブック「ATOK Pad」との同期

ATOK Padのメモは、Evernoteにおける「ATOK Pad」というノートブックと同期されます。Evernoteに「ATOK Pad」ノートブックがなければ、新規に作成されます。

ATOK PadとEvernoteの「ATOK Pad」ノートブックとの同期は、同期です。投稿ではありません。双方向の同期です。したがって、

  • ATOK Pad→Evernoteの「ATOK Pad」

の方向でデータを送信するだけでなく、

  • Evernoteの「ATOK Pad」→ATOK Pad

の方向でも、データが送信されます。

双方向の同期なので、iOS版ATOK Padのメモと、Windows版ATOK Padのメモと、Mac版ATOK Padのメモを、同期することができます。(当然、同じEvernoteアカウントを設定していれば、ですが。)

また、Evernoteのウェブ版、クライアント、アプリから、ノートブック「ATOK Pad」内のノートを編集すれば、その内容は、ATOK Padにも反映されます。

(3)ATOK PadとEvernoteの「ATOK Pad」との同期の特徴

a.同期の速さ

特筆すべきは、ATOK PadとEvernoteの同期スピードです。体感速度は、かなり速いです。後述の通り、この速さの源泉は、テキストデータだけに絞って同期しているためではないかと思いますが、とにかく速い。

b.ノートブック名は、変更できない

ATOK Padと同期するEvernoteのノートブック名は、変更できません。「ATOK Pad」です。

c.テキストデータ以外は、なくなってしまう

ATOK PadとEvernoteの「ATOK Pad」で同期されるのは、テキストデータだけです。ノートにテキスト以外のデータが入っていた場合に、ATOK Padでそのノートを編集すると、テキストデータ以外のデータは、取り除かれてしまいます。

取り除かれてしまうデータは、以下のとおりです。

  • 画像
  • ハイパーリンク
  • フォント(サイズ・種類・装飾等)
  • チェックボックス

3.ATOK PadとEvernoteの「ATOK Pad」ノートブックの同期の活用と注意点

(1)同期であることと、同期の速さを活かして、進行中ノートブックとして使う

ATOK PadとEvernoteの「ATOK Pad」ノートブックは、同期する上、同期が速いという強みを持っています。そのため、Evernoteの「ATOK Pad」ノートブックは、進行中のメモを入れるノートブックとして使うのがよいのではないかと思っています。

a.同期であることで、進行中ノートブックとして機能する

ATOK PadとEvernoteの同期は、同期です。したがって、ATOK Padで書いたものをEvernoteで編集することも、Evernoteで書いたものをATOK Padで編集することも、あるデバイスのATOK Padで書いたノートを、別のデバイスのATOK Padで編集することも、可能です。

私の場合は、以下の組合せで、ノートブック「ATOK Pad」内のノートを編集しています。

  • Windows → ATOK Pad for Windows
  • iPad → ATOK Pad for iOS
  • Android → Evernote公式アプリ

自分が使うどのデバイスからの参照と編集が可能ですので、ノートブック「ATOK Pad」は、進行中のノートを入れる進行中ノートブックとして活躍してくれます。

b.同期が速いので、使い勝手がよい

おまけにATOK PadとEvernoteの「ATOK Pad」ノートブックとの同期は、非常に速いです。したがって、使い勝手がよいです。

(2)「ATOK Pad」ノートブックは、スタックに入れる

ただ、ATOK Padにも、若干の欠点があります。

ひとつは、ノートブック名を変更することができないことです。

Evernoteのノートブック名は、自動でアルファベット順に並びます。そこで、多くの人は、ノートブック名冒頭にアルファベットや数字を入れて、表示させたい順序でノートブックを並べていると思います。

これに対して、ATOK Padが使用するノートブック「ATOK Pad」は、名称を変更することができません。そのため、自分が意図したとおりに並び替えをすることができません。

解決方法として、ノートブック「ATOK Pad」を、スタックに入れることを提案します。ノートブック「ATOK Pad」は、スタックに入っていても、ATOK Padと同期しますので、スタックに入れることが可能です。

スタックに入れた上で、並び方を考えてスタックの名前をつければ、表示させたい場所にノートブック「ATOK Pad」を表示させることが可能です。

私の場合、進行中ノートブックとして使う観点から、「000進行中」という名前のノートブックに入れています。

(3)テキストデータ以外は入れない

ATOK Padが扱えるデータは、テキストデータのみです。ノートブック「ATOK Pad」にテキストデータ以外を含むノートを入れて、ATOK Padでそのノートを編集すると、テキストデータ以外のデータは、きれいさっぱり消えてしまいます。

そのため、ノートブック「ATOK Pad」には、テキストデータ以外は入れないようにします。

そのかわり、進行中に関するノートで、テキストデータ以外のものを含むノートは、進行中スタックの中に、別途ノートブックを作り、そこに入れておくことにしています。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Evernote×仕事。Evernoteに自分なりのマニュアルを蓄積する

1.Evernoteを仕事に活用する 先日、Evernote Businessのセミナーに行きまし

記事を読む

no image

iPad+キーボードの組み合わせは、ありだと思う。Logicool TK700を使ってみての感想その1

1.はじめに Logicool TK700を入手して、1日が経過しました。まだちょっとしか使ってい

記事を読む

no image

アイデアの「畑」と「地層」:『ハイブリッド発想術』読書メモ(「なぜ、私は、思考するツールとして、Evernoteを使うのか」番外編)

1.『Evernoteとアナログノートによるハイブリッド発想術』がドンピシャだった (1) ブログ

記事を読む

no image

Evernoteマニアになる秘訣

1.「エバーノートマニア」! 先日、紙の本の読書ノートをどんなふうにEvernoteに蓄積している

記事を読む

no image

Evernote×思考。Evernoteで、考えを捕まえ、育て、寝かせる。

1.Evernoteは、思考の場所 Evernoteのキャッチフレーズは、「すべてを記憶する」です。

記事を読む

no image

Toodledoの完了タスクの情報から、価値を掘り出す・ログとしての価値とマニュアルとしての価値

1.タスク管理システムの完了タスクを蓄積するねらいは? (1) なぜ、Toodledoの完了タスク

記事を読む

no image

PostEverが画像添付に対応したこの機会に、PostEverとWriteNoteを比較する(Android)

1.はじめに (1)PostEverのアップデート Android版PostEverに、待望のア

記事を読む

no image

母の日にiPadを贈る(7) 大画面テレビで大画面テレビ電話

1.大画面テレビによるFaceTimeで、二つのリビングをつなぐ(1) FaceTimeとAirPl

記事を読む

no image

Evernoteを中心に、知的生産のためのクラウドベースを作る

1.Evernoteを中心としたクラウドサービスのおかげで、知的生産を続けられている (1) サラ

記事を読む

no image

私がEvernoteのウェブクリップをあまり使わない理由と、例外的にウェブクリップを利用する場面

1.Evernoteのウェブクリップをあまり使わない理由 私は、基本的には、Evernoteのウェ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑