*

Xperia SX(SO-05D)とXperia GX(SO-04D)の実機をソニーストアでさわった感想

公開日: : 最終更新日:2012/07/13 Android

1.さわってきました

先日、名古屋のソニーストアで、Xperia SXとXperia GXの実機をさわってきました。先行展示が始まったのが6月20日なので、さぞ混んでいるのだろうと覚悟して行きましたが、意外や意外、誰もいませんでした。うれしいようなさみしいような、でしたが、おかげで、Xperia SXを4台(黒・白・ピンク・オレンジ)、Xperia GXを2台(黒・白)、ひとりでゆっくりと操作し放題でした。

ただし、残念だったのは、ネットワークに繋がっていなかったことです。3G/Xiも、Wi-Fiも、どちらも繋がっていませんでした。そのため、ウェブページを表示したり、GooglePlayで対応アプリを確認したりすることはできませんでした。

Xperia2つをさわった今のところ、次の機種は、Xperia SXにしようかなと思っています。Xperia SXは、求めていた片手フリックと画面のくっきりきれいさが合格点であったことに加え、デザインが気に入りました。Xperia GXは、片手フリックも意外に大丈夫そうでしたし、画面はすばらしかったのですが、デザインが意外と普通でした。

以下、感想をメモします。

2.Xperia SX(SO-05D)

(1)総評

気に入りました。

片手フリック入力は、(慣れれば)かなりやりやすそうです。文字の表示は、くっきりきれいです。

動きはさくさくです。大きさは、コンパクトでありながら、小さすぎません。デザインは、ちっこくてかわいいですし、安っぽくはありません。

(2)各ポイント

a.片手フリック入力

(a)持ちやすさ

小さくて持ちやすいです。

スペック上、Xperia SXは、Xperia rayとほぼ同じサイズです。Xperia rayと同じくらいの持ちやすさです。

  • Xperia ray  約111mm×約53mm×約9.4mm
  • Xperia SX  約115mm×約54mm×約9.4mm

角のかくばりやボタンが引っかかることもありませんでした。

(b)画面サイズと片手フリック入力

若干気になったのは、画面サイズが小さいために、繊細なフリック入力が要求される点です。

画面サイズが小さくなれば、その分、ひとつのキーの大きさが小さくなります。「あ」をねらったのに「か」や「た」をふれてしまう危険性は、画面が小さいほど大きいのだと思われます。

展示品のXperia SXでフリック入力をしたところ、それなりにミスタッチをしてしまいました。ひとつには、画面の小ささが影響しているのだろうと思います。

また、テンキーのすぐ下にAndroid4.0のタッチボタン3つが並んでいるのですが、入力中に、このうちの「戻る」ボタンを触ってしまうことが何度かありました。テンキーの文字を小さくするボタンのすぐ下に、戻るボタンが配置されているためです。

なお、ここでもXperia rayと比べれば、ディスプレイサイズは、Xperia rayが3.3インチであるのに対して、Xperia SXは3.7インチです。Xperia rayに比べれば、Xperia SXのディスプレイサイズは大きくなっているため、Xperia rayと比べれば、フリック入力のしやすさの点でも改善されているのではないかと思います。

フリック入力をするときにねらったボタンを正確にフリックできるかは、感覚的な慣れの部分が大きいのではないかと思います。ディスプレイが小さいことによるミスタッチのおそれや戻るボタンの誤タッチも、慣れればなくなるのではないかと思っています。

b.文字の表示

(a)くっきりさ

十分くっきりでした。

ネットワークにつながっていなかったので、ウェブページを表示させることができなかったため、docomoあんしんスキャンの利用規約ページを表示しましたが、かなり細かい文字までくっきりと表示されていました。

(b)表示範囲

広いとは感じませんでしたが、逆に、せまさも感じませんでした。

細かい文字でもよく見えるため、3.7インチで不足はありません。

c.動作はさくさくか

さくさくでした。

ただ、Xperia GXと比べてよりさくさくさを感じたかといえば、そうでもないです。Xperia GXも十分さくさくでした。

d.カラーバリエーション

白・黒は、予想通り、無難に好印象です。どちらかといえば、白は硬質な感じで、黒はちょっとつや消しのマットな感じでした。

ピンクとオレンジは、あざやかできれいな色です。シックな色合いではありませんが、下品な印象、安っぽい印象は受けませんでした。

e.大きさ・軽さ

手にすっぽり収まる大きさです。大型化が進む最近のスマートフォンと比べると、小さいなあという印象を受けます。胸ポケットやズボンのポケットにも、自然に収まってくれそうです。

軽さは、いい意味で、あまり感じませんでした。大きさが小さいためか、ぎっちり詰まっているという感覚を受けました。

f.デザイン

実機を触って気に入ったのは、Xperia SXのデザインでした。何より、コンパクトでありながら、安っぽくないところが気に入りました。どうってことのない形なのですが、小さいからか、きっちり詰まっている感じがして、好印象でした。

小さいことはいいことだなと感じた次第です。

3.Xperia GX(SO-04D)

(1)総評

ディスプレイはすばらしかったです。画面は広く、表示は細かいです。文字もくっきり表示されていました。

本体の大きさは、予想と比べれば、そんなに気になりませんでした。片手でフリック入力も、可能です。そんなに速度はでないですが。

ただ、デザインの点では、それほどスタイリッシュには見えませんでした。わりとふつうです。アーク形状も、よく見ればアークかな、程度です。

結論として、全体としてよくまとまっていて、非常にいい端末なのですが、私にとっては、この機種でなければいけない、という要素が見当たらない端末でした。今後、Xperia SXに致命的な問題を発見したら、再度候補に挙がるかもしれません。

(2)各ポイント

a.片手フリック入力のしやすさ

片手フリックも可能でした。

カタログ上のサイズから想像していたよりも、片手でつかみやすい形状でした。本体の質感や角の丸みがよく考えられているのかもしれません。

また、大画面であるが故に、フリック入力におけるミスタッチは少なかったです。ただ、指を動かさなければいけない距離が長いので、スピードは落ちます。

その機種に慣れた段階でのフリック入力のしやすさでいえば、やはり、本体の小さいXperia SXの方が、自然で速い入力が可能ではないかと感じました。とはいえ、片手フリック入力も、ふつうに可能でした。

b.ディスプレイのきれいさ

とてもきれいです。

Xperia SXと比較してのppiの違いは、私の目では、まったくわかりませんでした。しかし、表示範囲の広さは、一目瞭然でした。一度にたくさんの情報を確認できる点は、スマートフォンでスケジュール確認をするときなど、便利そうだなと思いました。

c.デザイン

質感は、マットな感じです。白は真っ白で、黒は少し弱めの黒という印象を受けました。

アーク形状は、そんなにアークではありません。横からのぞき込めばアークかな、という程度です。

Xperia GXは、デザイン面では一番じゃないかと思っていたのですが、実際にXperia SXと見比べてみると、私は、Xperia SXの方が好きでした。

スポンサードリンク

関連記事

no image

GALAXY S3(SC-06D)の実機を触った結果、GALAXY S3を候補から外しました

1.ビックカメラ名古屋駅西店で、GALAXY S3の実機を触れました (1)2012年6月28日、

記事を読む

no image

パワフルではないAndroid端末でEvernoteを快適に使う

1.AndroidでEvernoteを使う Evernoteは、私がもっとも利用しているクラウドサ

記事を読む

no image

Android版ATOKの拡張辞書(文例辞書)をインストールしてみました

1.Android版ATOKの拡張辞書 AndroidがiPhoneより勝っているところのひとつは

記事を読む

no image

AndroidでEvernoteを使う際の工夫~iPhoneとの比較~

AndroidでEvernoteを使うことについて考えてみます。比較対象は、iPhoneでEvern

記事を読む

no image

docomoのAndroidを快適に使うための3つの工夫

1.docomoのAndroidスマートフォンは、少なくない工夫が必要 Android自体、快適に使

記事を読む

no image

AndroidでToodledoを使う(3) インテント機能でタスクを追加する

1.インテント機能でToodledoにタスクを追加する AndroidでToodledoを使う際に

記事を読む

no image

PenTileとは何なのか? GALAXY S3のディスプレイを検証する。

GALAXY S3のディスプレイは、ペンタイル配列を採用しているそうです。ネット上には、ペンタイル配

記事を読む

no image

WriteNote Proリリース! 画像添付機能がつき、複数のノート設定が可能になりました。

1.WriteNote Proがリリースされました WriteNoteは、Evernoteに投稿す

記事を読む

no image

Androidをストレスなく使うための、4つの投資

1.Androidは、手をかければ、悪くない Androidは、手がかかります。Androidを使っ

記事を読む

no image

サポテキ(1) SupportText:テキストのインテントにおいて、ハブとしての役割と起点としての役割を果たすAndroidアプリ

1.SupportText(サポテキ)とは 先日、SupportTextというAndroidアプリ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの協力ネットワークが機能する背後には、どんな仕組みがあるのか?(第2部 農業革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
養殖と放流。MemoFlowyで釣ったアイデアを漁獲する方法。

MemoFlowy Ver.1.8のTwitter機能に関連して。 1

no image
ライフログツールとしての進化と新しい可能性/位置情報とTwitter機能を備えたMemoFlowy Ver.1.8

MemoFlowyは、WorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモ

no image
[『サピエンス全史』を読む]サピエンスの強みはどこにあるのか?(第1部 認知革命)

『サピエンス全史』があまりに面白いので、じっくりと時間をかけて、丁寧に

no image
『サピエンス全史』からブロックチェーンへ

1.『サピエンス全史』 2016年も、たくさんのよい本と出会うことがで

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑