*

Gmailを使う(2) 受信箱を空にすることを中心に据えた運用ルール

公開日: : Google

1.はじめに

私は、基本的にはすべてのメールを、Gmailで送受信しています。(spモードメールだけはspモードメールで送受信することができないので、定期的にGmailにバックアップしています。)すべてのメールをGmailに集約しているため、Gmailに来たメールをすべて処理(返信・転送・保存等)すれば、メールに関するすべての処理が終わります。

Gmailは、ワンクリックでメールをアーカイブできることと、すべてのメールを保存しておける容量、そして優れた検索性能によって、メール処理を効率的に行うためにも、優れています。しかし、Gmailの力を発揮するためには、運用ルールを決めておくことが大切です。

以下、私の運用ルールをまとめます。

2.シンプルな3つのルール

私の運用ルールは、以下の3点です。

  1. 受信トレイは、空の状態が基本
  2. スターと下書きを活用する
  3. スマートフォンでできる限りのことをする

(1)受信トレイは、空の状態が基本

Gmailのもっともすばらしい機能は、一瞬にしてメールをアーカイブできることではないかと思います。この機能を利用し、受信トレイに届いたすべてのメールをすぐにアーカイブし、受信トレイから消し去ります。こうして、受信トレイの基本状態を、メールが1通もない状態にします。

メールをアーカイブするには、そのメールに対して、何らかの処理をする必要があります。

まず、確認するだけでよいメールは、すぐに内容を確認し、アーカイブします。

次に、何らかの行動を求められるメールは、すぐに何らかの行動をとって、アーカイブします。
何らかの行動としては、以下のとおりです。

  1. 返信が必要なメールは、返信を書きはじめます。
  2. その場で返信できるメールには、すぐに返信します。
  3. 返信するために何らかの行動が必要な場合、それがすぐにできる行動なら、すぐその行動を完了させ、返信します。
  4. すぐには返信できないメール(何らかの確認が必要な場合など)は、書けるところまで返信メールを作成し、下書きに保存して、アーカイブします。
  5. メールから新しいスケジュールが生じた場合は、すぐにGoogleカレンダーにスケジュールを追加します。
  6. メールから新しいタスクが生じた場合は、すぐにToodledoにタスクを追加します。

こうして、受信トレイにメールをためないようにします。

受信トレイの基本状態をメールが1通もない状態にしておけば、受信トレイに入ってきたメールをうっかり見逃すことはありません。新しく届いたメールが重要かそうでないかの判断を即下すことができるため、新しく届いたメールの処理もすばやくできます。

(2)スターと下書きを活用する

受信トレイに届くメールの中には、アーカイブするために何らかの行動が必要だけれど、その場で完了することができないというメールがあります。

このようなメールを、その何らかの行動が終わるまで受信トレイに放置しておくと、受信トレイはあっという間にメールであふれます。

この対策として、スタート下書きを活用することが考えられます。

a.スターの活用

何らかの行動が必要だけれど、今すぐにはできないというメールには、スターを付けて、アーカイブしてしまいます。

毎日どこかの区切りのタイミングで(出社時、昼休み、帰社時等)、「スター付き」を確認することを習慣にすれば、とりえあず受信トレイからメールをなくすことができます。

b.下書きの活用

最終的には返信が必要だけれど、返信するためには何らかの行動が必要なメールは、とりあえず返信メールを書き始めてしまうのがよいと思います。そうすれば、下書きに書きかけの返信メールが入ります。この状態で、当該メールをアーカイブしてしまえば、受信トレイからは消すことができます。

下書きを、今後返信が必要なメールのToDoリストにするような使い方です。

(3)スマートフォンでできる限りのことをする

Gmailは、スマートフォンとの連携も十分です。Androidなら、端末に登録したGoogleアカウントのGmailは、特別な設定をしなくても、すぐに使うことができます。iOSなら、Gmailというアプリをインストールするなどによって、Gmailを快適に使うことができます。

確認するだけでよいメールをアーカイブしたり、メールで通知されたスケジュールやタスクをGoogleカレンダーやToodledoに追記したり、ちょっとした返信をさくっと送ったり、スマートフォンでかなりのことを片付けることができます。

ただし、Android版のGmailは、プレーンテキスト形式でのメール作成ができません。選択なしに、強制的にHTML形式になってしまいます。AndroidのGmailアプリに対しては、この点が唯一の不満です。(なんでこんな仕様なのか、心底謎です。)

スポンサードリンク

関連記事

no image

私のタスク・スケジュール管理システム(GoogleカレンダーとToodledo、AndroidとWindowsPC)

1.私のタスク・スケジュール管理システム 2010年10月にAndroidスマートフォンを使い始めた

記事を読む

no image

Androidの使い方の一例(機種・キャリア/使い方・アプリ・設定)

今の私のAndroidの使い方をメモしておきます。 1. 機種とキャリア (1) 機種 SC-

記事を読む

no image

Gmailをクラウドにあるメールソフトとして利用することで解消できた、メールについての3つの悩み

1.Gmailを、クラウドにあるメールソフトとして、利用する 私は今、すべてのメールを、Gmailの

記事を読む

no image

Gmailの癖を理解して、Gmailの力を引き出す

1.Gmailを薦めたいけれど、Gmailには癖がある 私はGmailが大好きです。Gmailは、

記事を読む

no image

Googleカレンダー色分けのすすめと、色分けのために複数カレンダーを使うことのすすめ

1.Googleカレンダー色分けのすすめ (1) スケジュール管理ツールは、スケジュールを視覚的に把

記事を読む

no image

GoogleカレンダーとToodledoのよいところは、いろんな表示が可能なところ

1.GoogleカレンダーとToodledoのよいところ私は今、GoogleカレンダーとToodle

記事を読む

no image

『Google ドライブへようこそ』メールが届きました。Android版Googleドライブの第一印象。

1.『Googleドライブへようこそ』 今朝起きたら、メールが届いていました。 ■件名:Goog

記事を読む

no image

Gmailを使う(3) メールは、整理しないで、検索する(検索の基本と検索を意識したメールの使い方)

1.Gmailにフォルダ機能がなくてもよい理由 Gmail以外のメーラーやウェブメールを使っていた

記事を読む

no image

Google AdSense2次審査対策のため、WordPressブログのリンクエラーを「Broken Link Checker」で調査

1.Google AdSenseの2次審査対策で、リンクエラーへの対処 現在、Google AdS

記事を読む

no image

Googleカレンダーを記録に使う

1.はじめに Googleカレンダーは、スケジュール帳として使うのが一般的です。すなわち、未来のイ

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑