*

Gmailから、Gmailではないメールアドレスのメールを送受信することの、メリットとデメリット(+対策)

公開日: : Google

1.Gmailから、Gmailではないメールアドレスのメールを送受信できる

私がもっとも恩恵を受けているクラウドサービスは、Gmailです。Gmailをメールの中核に据えることで、私がメールに関して抱えていた課題は、ほぼすべて、解消されました。

しかし、私は、Gmailのメールアドレス(@gmail.comのメールアドレス)をメインのメールアドレスとして使っているわけではありません。私のメインのメールアドレスは、さくらのレンタルサーバで作ったプライベート用メールアドレスと、会社から提供を受けた仕事用メールアドレスのふたつです。私が送受信するメールの99%は、このふたつのメールアドレスのメールであり、Gmailのメールアドレスから送受信するメールは、多くても1日数通です。

Gmailは、POPによって、他のメールアドレスを送受信する機能を持っています。私は、この機能を使って、GmailにGmailではないメールアドレスを登録し、Gmailから、Gmailではないメールアドレスのメールを送受信しています。

つまり、私にとって、Gmailは、Gmailのメールアドレスのメールを送受信するためのウェブメールではありません。私にとって、Gmailは、クラウドにあるメールアプリケーションです。

2.Gmailから、Gmailではないメールアドレスのメールを送受信するメリット

Gmailをクラウドにあるメールアプリケーションとして利用すること、つまり、Gmailから、Gmailではないメールアドレスのメールを送受信することには、いくつかのメリットがあります。

(1) Gmailにアクセスすれば、すべてのメールアドレスのメールを共通処理できる

第1に、Gmailにアクセスさえすれば、すべてのメールアドレスのメールを送受信できます。

家にいるときも、職場にいるときも、喫茶店にいるときも、新幹線の中でも、買い物をしているときも、Gmailにアクセスさえすれば、すべてのメールアドレスのメールを確認できます。また、どのアドレスからでもメールを送ることができます。さらに、10通メールが来ていたとして、家で5通既読にしたら、職場に行っても、その5通は既読になっています。

(2) 機種変更やパソコン買い換え時の設定が、激楽

第2に、機種変更やパソコン買い換え時の設定が、激楽です。

やらなければいけないことは、新しいスマートフォンや新しいパソコンから、Gmailにアクセスすることだけです。Androidスマートフォンなら、最初にGoogleアカウントを登録するだけで、終わりです。

Gmailにアクセスしさえすれば、そこに、いつものメール環境があります。

(3) データベースとしてのGmailの強みが拡大する

第3に、すべてのメールをGmailに蓄積できるため、データベースとしてのGmailの強みが拡大することです。

私は、Gmailを、メールとしても活用しているのですが、それと同じくらいに、データベースとしても活用しています。このデータベースとしての強みを活かすためには、自分が送受信したすべてのメールが、Gmailに残っている方が望ましいです。Gmailからすべてのメールアドレスを送受信すれば、自然と、Gmailに、自分が送受信したすべてのメールが、蓄積されます。

3.Gmailから、Gmailではないメールアドレスのメールを送受信するデメリットと、その対策

他方で、Gmailをクラウドにあるメールアプリケーションとして使うことには、デメリットもあります。私が感じているのは、以下の2つです。しかし、どちらに対しても、対策が可能です。

(1) 受信のタイムラグが生じる

a.どんなデメリットか?

Gmailは、Gmailのメールアドレスに届いたメールは、ほとんどタイムラグなしで、受信トレイに届きます。

他方で、POPで受信している他のメールアドレスは、30分程度の間隔で確認しにいっているようです。そのため、POPで受信している他のメールアドレスのメールは、受信までのタイムラグが生じてしまいます。

通常のメーラーを使っている場合、自動受信の間隔を、もっと短く設定することも可能です。この時間を短く設定できない点で、Gmailからすべてのメールアドレスを送受信することには、問題があります。

b.対策

対策は、手動で更新ボタンを押すことです。

更新ボタンは、Gmailの受信トレイの、検索ボックスの下にある回転アイコンです。

以前は、「POPアカウントの更新」というLabs機能を有効にしないと、更新ボタンを押しても、POPアカウントを確認してくれませんでした。

しかし、今は、POPアカウントの更新機能は、Labsを卒業して標準機能になりましたので、更新ボタンを押せば、POPアカウントを確認しにいってくれます。

Google Apps アップデートブログ: Gmail: 3 つの機能がラボを卒業し、標準機能に。

(2) Gmailが不正アクセスを受けたときのダメージがでかい

a.どんなデメリットか?

Gmailは、ウェブメールなので、世界に開かれています。GoogleアカウントのIDとパスワードを不正に取得されると、不正にアクセスされてしまいます。

Gmailからすべてのメールアドレスのメールを送受信していると、Gmailが不正アクセスされたときのダメージは、かなり大きなものになります。

b.対策

対策は、2段階認証プロセスを利用することです。

2段階認証プロセスを利用すれば、Gmailに不正アクセスされる可能性を、かなりの程度、減らすことができるはずです。

4.おわりに

Gmailから、Gmailではない他のメールアドレスのメールを送受信するように設定し、自分が送受信したすべてのメールをGmailに集約することは、大変便利です。革命的な変化をもたらします。

たしかに、デメリットもあります。しかし、デメリットは、対策によって減らすことが可能です。そして、デメリットを大きく上回るメリットがあります。

会社のルール上不可能である、などの事情がなければ、一度、試してみてください。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Googleに依存した生活を送っているなら、2段階認証プロセスを検討する価値がある

1.Googleサービスの便利さと、Googleアカウントを厳密に管理する必要性 Googleサービ

記事を読む

no image

Androidスマートフォンで、Googleリーダーに登録した記事を、Read It Laterで読み、ログをEvernoteに残す流れ

私が行っている、「Androidスマートフォンを使って、Googleリーダーに登録した記事を、Rea

記事を読む

no image

Gmailでタスクを含むメールを受信したとき、ブックマークレットでToodledoに追加する仕組み

1.Gmailでタスクを含むメールを受信したときの方針 タスクが入ってくる経路はいろいろありますが、

記事を読む

no image

Androidの使い方の一例(機種・キャリア/使い方・アプリ・設定)

今の私のAndroidの使い方をメモしておきます。 1. 機種とキャリア (1) 機種 SC-

記事を読む

no image

Google PlayでNexus 7を買ってから、手元に届いてひととおり設定するまで

1.Nexus 7(2013)を買いました 2013/8/28、Google PlayでNexus

記事を読む

no image

予約投稿による毎日投稿のための、Googleドライブによる投稿管理

1.毎日投稿が大切らしいから、予約投稿で毎日投稿をしてみた (1) 毎日投稿が大切といわれているけ

記事を読む

no image

Googleカレンダーだけですべてのスケジュールを管理する

1.Googleカレンダーだけですべてのスケジュールを管理する 私は、自分のスケジュールのすべてを

記事を読む

no image

「まだGoogleドライブの準備が整っていません」から「Googleドライブへようこそ」へ

1.Googleドライブ発表 Googleドライブが発表されました。特徴は、以下の通りです。

記事を読む

no image

Googleカレンダーを記録に使う

1.はじめに Googleカレンダーは、スケジュール帳として使うのが一般的です。すなわち、未来のイ

記事を読む

no image

GmailとGoogleカレンダーに集約することで、個人的データベースが、いつの間にか生まれている

1.はじめに 私は、すべてのメールをGmailに、すべてのスケジュールをGoogleカレンダーに、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑