*

Androidスマートフォンで、Googleリーダーに登録した記事を、Read It Laterで読み、ログをEvernoteに残す流れ

公開日: : 最終更新日:2013/05/14 Android, Evernote, Google

私が行っている、「Androidスマートフォンを使って、Googleリーダーに登録した記事を、Read It Laterに送り、Read It Laterで読み、ログをEvernoteに残す」という流れを、メモしておきます。

肝は、iftttです。iftttを利用するようになって、快適な流れになりました。

1.使っているサービス

(1)Googleリーダー

Google リーダー

(2)Read It Later

Read It Later: One List Everywhere You Are

(3)ifttt

ifttt / Put the internet to work for you.

(4)Evernote

すべてを記憶する | Evernote

2.使っているAndroidアプリ

(1)NewsRob Pro

NewsRob Pro – Google Play の Android アプリ

(2)Read It Later

Read It Later Pro – Google Play の Android アプリ

3.iftttの設定

次の二つのレシピを利用しています。(厳密にはこれじゃないかもしれません。)

(1)Send Google Reader Starred items to Read It Later

Googleリーダーでスターを付けた記事を、Read It Laterに保存するレシピです。

ifttt / Save starred items from Google Reader to Read It Later.

(2)Read it Later to Evernote

Read It Laterで既読にした記事を、Evernoteに保存するレシピです。全文保存ではなく、タイトルとURLのノートができます。保存するノートブックを指定できます。

ifttt / Read it Later to Evernote

4.流れ

(1)Googleリーダー

ア 登録フィードについて

(ア)登録フィード数

登録フィード数は300程度です。気になった記事を掲載していたニュースサイトやブログを、片っ端から登録していたら、こんな数になってしまいました。ほとんど読まないフィードもあるので、整理した方がいいかなと思うのですが、以下の方法で読んでいる限り、未読数が溜まることはないので、よしとしています。

一日放置しておくと、だいたい300件くらいの未読が溜まります。

(イ)登録フィードの整理

Googleリーダーで、登録フィードの管理は、してません。

この流れなら、しなくても興味ある記事は読めるので、する必要を感じていません。

イ NewsRob Proでの具体的動作

(ア)NewsRob Proのこと

Googleリーダーを読むために使っているAndroidアプリは、NewsRob Proです。

以下の3つの条件を満たす点で、このアプリに不満はありません。(以下の3つの条件を満たすなら、何でもよいです。)

  1. 電波がないところでも記事を読める(地下鉄の中でチェックすることが多いので)
  2. 電波がないところでもGoogleリーダーのスターをつけることができる
  3. 前後の記事に移動するのが楽(NewsRob Proは、ボリュームキーの上下で移動できます)
(イ)具体的な動作

NewsRob Proを起動し、”all articles”を選ぶと、現在未読のすべての記事が一覧で表示されます(未読の記事のみを表示する設定にしておく)。最初の記事をタップして、すべての記事を、順番に見ていきます。

右手中指をボリュームキーに固定し、ボリュームキーで記事間の移動を行います(ボリュームキーの上下で、ひとつ前の記事へ進む・次の記事へ進むの動作をさせる設定をしておきます)。

私とGalaxySの場合、右手中指をボリュームキーに固定する握り方をすれば、スターは右手親指あたりに来ます。そこで、気になった記事は、右手親指で、スターをタップ。スターを付ける基準は、Read it Laterに送るか否か、です。Read it Laterに送ったところでたいしたことはありませんから、気になったらスターを付けるくらいの気持ちで、気楽にスターを付けています。

この基準でスターを付ければ、ひとつの記事あたり、短くて1秒、長くても5秒程度でスターを付けることができます。したがって、所要時間は、未読記事100件でも、100秒~500秒くらいです。

未読がゼロになったら、NewsRob Proの更新アイコンをタップして、おしまい。(最後に更新しておくのは、すぐに、Googleリーダーにスター付与を反映させるためです。Androidの場合、アプリを閉じても、バックグラウンドでそのうち自動で反映されますので、あえて手動で更新しなくてもよいかもしれません。)

(2)ifttt (Googleリーダーでスター→Read It Later)

しばし待ちます。

クラウド上のiftttによって、GoogleリーダーからRead It Laterに記事が送られます。

ifttt / Save starred items from Google Reader to Read It Later.

この間、Androidスマートフォンは、何も動いていません。iftttによって、メモリやバッテリーが消費されることはありません。

(3)Read It Later

少しすると、先ほどNewsRob Pro経由でGoogleリーダーにスターを付けた記事が、Read It Laterに配信されます。AndroidのRead It Laterアプリにも、自動でダウンロードされます。

そのころ、AndroidでRead It Laterのアプリを起動し、興味のある記事から、順に読んでいきます。Read It Laterアプリには、RSSで全文配信されていない記事も、基本、全文配信されます。テキストスタイルにすれば、テキストと写真だけを抜き取ってくれますので、大変読みやすいです。

読み終えたら、Read It Laterアプリでチェックマークをタップし、既読にします。

Read It Laterに記事が全部なくなったら、おしまい。

(ときに、twitterに流したり、Evernoteに記事全文をメモしたりします。記事を読んで、何か行動を起こしたいと思ったら、Ultimate To-Do listに共有することで、Toodledoにタスクを追加します。しかし、これはまた別の話です。)

(4)ifttt (Read It Laterで既読→Evernoteにノート作成)

以上で基本的には完結しているのですが、一応、ログを取っておこうかなと思い、Evernoteに飛ばしています。

ここで利用しているのも、iftttです。

ifttt / Read it Later to Evernote

iftttによって、Read It Laterで既読にした記事のタイトルとURLを記したノートが、Evernoteに作成されます。ノートブックを指定できますので、私は、”RIL”というノートブックに入れています。

(5)Evernote

(4)のiftttでは、ひとつの記事がひとつのEvernoteノートになります。1日30個の記事をRead It Laterに送ったとして、1ヶ月で900個のノートがEvernoteに作成されます。Evernoteのノート数には上限があるようなので、こんな細かいログ的ノートでノート数を消費するのはもったいないところです。

そこで、私は、月に1回、1ヶ月分のRead It Laterノートをマージし、ひとつのノートにしています。

5.おわりに

私の今の流れは、こんな感じです。

言葉で説明するとわかりにくいです。図示するとわかりやすくなりそうです。時間ができたら、図示してみようと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

GoogleカレンダーとToodledoのよいところは、いろんな表示が可能なところ

1.GoogleカレンダーとToodledoのよいところ私は今、GoogleカレンダーとToodle

記事を読む

no image

いちばん大切な、子どもの成長記録を、Evernoteにしまい続ける

1.Evernoteに、子どもの成長がしまわれている 私にとって、いちばん大切な記録は、子どもの成

記事を読む

no image

「自分以外の読み手を想定している&書いたあとで整理する」の領域に位置づけられる、Postach.ioとFargo

1.「自分以外の読み手を想定している&書いたあとで整理する」候補の、Postach.ioとF

記事を読む

no image

Evernote×大学の講義(2) 講師という立場で、Evernoteをどう使っているか

1.担当講義を作るため、Evernoteを活用する (1) Evernoteは、大学の講義のために

記事を読む

no image

Xiでテザリングする場合の、7GB制限の意味を検証してみた(結論:私の使い方なら、気にしなくてよい)

0.はじめに Xiプランのよいところは、テザリングをしても上限が変わらない(キャンペーン等を考慮し

記事を読む

no image

Evernoteを捉えるメタファー

1.Evernoteをメタファーで捉える (1) Evernoteをどんなメタファーで捉えるか

記事を読む

no image

全体としてひとつの流動的な有機体であるか否か(Evernoteとプロセス型アウトライナーの思想のちがい)

1.はじめに 「Evernoteとアウトライナーの融合は可能か?」というテーマを考察した、この記事

記事を読む

no image

予約投稿による毎日投稿のための、Googleドライブによる投稿管理

1.毎日投稿が大切らしいから、予約投稿で毎日投稿をしてみた (1) 毎日投稿が大切といわれているけ

記事を読む

no image

何かを勉強しはじめるとき、Evernoteに新しく専用ノートブックを作る

0.要約 勉強を本業とするわけではない社会人が、自分の仕事に必要不可欠とまではいえないことを勉強しよ

記事を読む

no image

Androidの使い方の一例(機種・キャリア/使い方・アプリ・設定)

今の私のAndroidの使い方をメモしておきます。 1. 機種とキャリア (1) 機種 SC-

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑