*

続・WorkFlowyのZoomの基本「Zoomの本質と4つのZoom」

公開日: : WorkFlowy

1.はじめに

Zoomは、WorkFlowyの中核的な機能といえます。Zoom機能があるからこそ、WorkFlowyは、「ただひとつの巨大なリスト」であることと、幅広い活動のために力を発揮するツールであることを、両立できているからです。

WorkFlowyは、文章を書くためのツールとして、優れています。その活動が文章を書くことに関連しさえすれば、その活動にWorkFlowyを使うことで、その活動が何か新しい意味を持つようになるかもしれません。文章を書くことに関連する活動全般にとって、WorkFlowyは有力な選択肢です。

他方で、WorkFlowyに登録したユーザーが、ひとつのアカウントにつき作ることができるアウトラインは、たったのひとつです。そのため、ユーザーがたくさんの活動にWorkFlowyを使いたいと考えても、それぞれの活動に別個のアウトラインを用意することはできません。

Zoom機能は、このジレンマを解消します。Zoom機能は、任意のトピックを、一時的に、リストの最上位階層トピックとして表示する機能です。「ただひとつの巨大なアウトライン」の一部を拡大表示しているので、Zoomといいます。

Zoom機能を使えば、「ただひとつの巨大なアウトライン」に多種多様な情報が保存されていても、そのうちの一部だけを拡大表示できます。今の場面で必要な情報をリストに表示し、不必要な情報をリストに表示しない、というように、リストに表示するトピックを思い通りにコントロールできます。

Zoom機能があるからこそ、WorkFlowyは、「ただひとつの巨大なリスト」でありながら、たくさん活動のために力を発揮するツールであることができるのです。

だから、Zoomは、WorkFlowyの中核的機能です。

以前、私は、WorkFlowyのZoom機能について、こんな記事を書きました。

WorkFlowyのZoom機能の基本

Zoomの基本概念を説明し、「Zoom in」と「Zoom out」を説明し、Zoom時の画面構成を説明しました。

この記事の内容について、基本的に、私は今でも同じように考えています。

でも、ちょっと補足したいこともあります。日々、いろんなことにWorkFlowyを使ったり、何人かの方とWorkFlowyについてのやりとりをする中で、Zoom機能についての考察を、もう少し先へと進めることができたためです。

そこで、今回は、次の2つのことを書きます。

  • Zoomの本質は、視点を置く場所の変更である
  • Zoomには、「Zoom in」「Zoom out」のほかに、「Jump」と「Slide」がある

2.Zoomの本質は、視点を置く場所の変更

(1) Zoomの本質は、視点を置く場所の変更

Zoomは、任意のトピックを、一時的に、リストの最上位階層トピックとして表示するものです。

Zoomは、トピックの階層構造を変化させるものではありません。

どのようなZoomをしても、アウトライン自体は、何も変化しません。トピックの階層構造はそのままですし、トピックの折りたたみ状態もそのままです。

Zoom機能は、その瞬間の「ただひとつの巨大なリスト」を前提として、それをどのように表示するかを切り替えるだけの機能です。

では、Zoom機能による表示の切り替えには、どのような特徴があるでしょうか。

視点を置く場所の変更、と捉えるのがよいと思います。

Zoomは、任意のトピックを、一時的に、リストの最上位トピックとして表示するものです。この、リストの最上位トピックとして表示するトピックは、ある意味、そのリストの視点だともいえます。そのリストには、そのトピックの子孫トピックだけが表示され、そのトピックの先祖トピックは表示されなくなるからです。ということは、Zoomという動作は、リストの視点とするトピックを切り替える動作なので、視点の場所の変更だと捉えることができます。

視点の場所には、順序と階層があります。「ただひとつの巨大なリスト」全体の中で、どの順序とどの階層から表示するのかを切り替えることが、Zoomです。

(2) Zoomとリスト

「リスト」とは、WorkFlowy全体の「アウトライン」のうち、Zoomによって拡大表示されている一部分のことでした。

私家版WorkFlowy用語の基礎知識(β版)→「リスト」

Zoomとリストには、密接な関係があります。

あるトピックにZoomすると、そのトピックを最上位階層のタイトルトピックとするリストが表示されます。「A」トピックをタイトルトピックとするリストを表示することは、「A」トピックにZoomすることと同じことです。

Zoomとリストは、ほとんど同じことを別の視点から述べています。

3.Zoomの種類は、「Zoom in」「Zoom out」「Jump」「Slide」の4種類

(1) 「Zoom in」と「Zoom out」ではないZoomの存在

Zoomの分類を考えると、「Zoom in」と「Zoom out」の2つがまず思い浮かびます。「Zoom in」は視点を対象物に近づける拡大表示で、「Zoom out」が視点を対象物から引く縮小表示です。

WorkFlowyのトピック階層構造に即して説明すれば、

  • 「Zoom in」
    • 今のリストがZoomしているトピックの子トピックにZoomすること
  • 「Zoom out」
    • 今のリストがZoomしているトピックの先祖トピックにZoomすること

となります。

でも、Zoomの本質は、視点の場所を変更することです。視点の場所を変える動きは、「Zoom in」と「Zoom out」ですべてなのでしょうか。

結論からいえば、すべてではありません。この2つ以外にも、次の2つがあります。

  • 「Jump」
  • 「Slide」

つまり、Zoomは、「Zoom in」「Zoom out」「Jump」「Slide」の4種類です。

では、「Jump」と「Slide」は、どのようなZoomなのでしょうか。項を改めて、「Jump」と「Slide」を説明します。

(2) 「Jump」と「Slide」

a.「Jump」

WorkFlowyは、トピックごとに、トピック固有のURLを持っています。トピック固有URLにアクセスすると、そのトピックをタイトルトピックとするリストを表示することができます。

このように、トピック固有URLにアクセスする動作は、リストの表示を切り替える動作なので、Zoomのひとつです。そこで、このようなZoomを、「Jump」と呼ぶことにします。

つまり、「Jump」は、トピック固有URLにアクセスするという手段による、リストの表示切替のことです。

あらかじめJump先トピックのURLがわかっていさえすれば、「Jump」によって、どこからどこにでも、Zoomすることができます。「Jump」は、WorkFlowyの「ただひとつの巨大なリスト」の中を自由に動き回ることを助けてくれる、強力なZoom機能です。

b.「Slide」

WorkFlowyは、いくつかのショートカットキーを用意しています。その中に、兄弟姉妹トピックへZoomするためのショートカットキーがあります。

Macなら、「Control+Shift+0」と「Control+Shift+9」です。「Control+Shift+0」で、弟妹トピックにZoomし、「Control+Shift+9」で、兄姉トピックへZoomします。

このショートカットキーによるZoomを、「Slide」と呼ぶことにします。

ショートカットキーによってのみ可能になるZoomですが、視点とするトピックを変えてリストの表示を切り替えるものなので、「Slide」もZoomのひとつです。

「Slide」は、今のリストがZoomしているトピックの兄弟姉妹トピックへZoomすること、です。

(3) 「Zoom in」「Zoom out」「Jump」「Slide」を分類する基準

さて、私は、「Zoom in」「Zoom out」「Jump」「Slide」を、次のように定義しました。

  • 「Zoom in」
    • 今のリストがZoomしているトピックの子孫トピックへZoomすること
  • 「Zoom out」
    • 今のリストがZoomしているトピックの先祖トピックへZoomすること
  • 「Jump」
    • トピック固有URLにアクセスするという手段でZoomすること
  • 「Slide」
    • 今のリストがZoomしているトピックの兄弟姉妹トピックへZoomすること

一読してわかるとおり、「Jump」だけが他の3つとちがいます。「Jump」以外の3つは、Zoom先のトピックによる分類ですが、「Jump」はZoomの手段による分類だからです。基準が2つあるので、このままでは、「トピック固有URLにアクセスするという手段で、今のリストがZoomしているトピックの子孫トピックへZoomすること」が「Jump」なのか「Zoom in」なのかも不明確です。

そこで、これを、次のように整理します。

  • トピック固有URLにアクセスするという手段によるZoom→「Jump」
  • それ以外の手段によるZoom
    • 今のリストがZoomしているトピックの子孫トピックへのZoom→「Zoom in」
    • 今のリストがZoomしているトピックの先祖トピックへのZoom→「Zoom out」
    • 今のリストがZoomしているトピックの兄弟姉妹トピックへのZoom→「Slide」

これで、漏れやダブリはなくなりました。「Jump」の守備範囲を広げた調整です。

他方で、次のように整理することもできます。

  • 今のリストがZoomしているトピックの子孫トピックへのZoom→「Zoom in」
  • 今のリストがZoomしているトピックの先祖トピックへのZoom→「Zoom out」
  • 今のリストがZoomしているトピックの兄弟姉妹トピックへのZoom→「Slide」
  • それ以外のトピックへのZoom→「Jump」

「Zoom先のトピックと、今のリストがZoomしているトピックの関係」という基準ひとつだけで4つに分類するものなので、こちらのほうがわかりやすいかもしれません。

分類の基準をどのように立てるかは、今後、継続的に考えてみたいと思います。

4.おわりに

WorkFlowyのZoomは、すごい機能なのですが、とてもシンプルで簡単な機能でもあります。ここでは、WorkFlowyのZoomに関する理屈をいろいろと書いたのですが、こんなことを一切考えなくても、Zoomを快適に使うことはできます。

でも、Zoomの理屈を理解することは、WorkFlowyを自分なりに活用することと、密接につながっているような気がします。

ここに書いた理屈が、皆様のZoomに対する理解の助けになれば、とてもうれしく思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyの同期の基本

1.WorkFlowyの同期 WorkFlowyは、クラウドサービスです。 WorkFlowyのプロ

記事を読む

no image

スワイプによるカーソル移動機能(MemoFlowy ver.1.2)

MemoFlowyはWorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモアプリです。ぱっとアプリを立ち上

記事を読む

no image

彩郎流二毛作。知的生産の治具マクロ「WFtoMSWD.dot」で、Word文書作成プロセスから得る収穫を倍にする。

1.マロ。さんの知的生産の治具工房による新作Wordマクロ「WFtoMSWD.dot」 マロ。さんの

記事を読む

no image

HandyFlowy、本日(2016-02-16)、公開です。どんな役割を果たすアプリなのか、全体像を紹介します。

「パソコンから使うWorkFlowyは、とても使いやすい。でも、iPhoneからは、どうも使いづらい

記事を読む

no image

WorkFlowyで、Kindle本の「読書ノート」を作る

実例をまとめました。→WorkFlowyで作るKindle本の「読書ノート」の実例:『三色ボール

記事を読む

no image

なぜ、MemoFlowyを使うのか?(1) すぐにメモを書き出せる

MemoFlowyは、WorkFlowyにテキストメモを投稿するためのiOS用アプリです。ぱっとアプ

記事を読む

no image

【連載】iOSからWorkFlowyを快適に使う(6) iPhoneからのWorkFlowyをもっと自由にするMemoFlowy&HandyFlowy

この連載では、iOSのWorkFlowy公式アプリが抱える次の7つの課題に取り組んできました(iOS

記事を読む

no image

WorkFlowyをプレゼンツールとして使うことのメリット

1.WorkFlowyをプレゼンツールとして使う 仕事などで、プレゼンの機会をいただくことがあります

記事を読む

no image

WorkFlowyで文書を作成することによって、文章作成主体に生じる、副次的だけど、より本質的で根本的な革命について(その1)

1.WorkFlowyによる文書作成が革命的であるもうひとつの側面は、文書作成主体への影響 先日、こ

記事を読む

no image

日時機能のパワーアップ(MemoFlowy ver.1.2)

MemoFlowyはWorkFlowyへのテキスト入力に特化したメモアプリです。ぱっとアプリを立ち上

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑