*

WordPress.com を選んでよかったと思う3つのポイント

公開日: : 最終更新日:2013/06/10 ブログ

0.はじめに

ブログを始めるとき、どのブログサービスにしようかと考えた結果、WordPress.comを選択しました。選択したときは、たいした理由もなく選んだのですが、今になって思うと、以下の3つのメリットがあると感じます。

WordPress.comは、今のところ、それほどメジャーな選択肢ではないように感じますが、徐々に勢力を拡大してくるのではないかと思っています。

1.My Stats がおもしろい

WordPress.comでブログを作れば、すぐに、My Statsを利用できます。My Stats は、WordPress.comが提供するアクセス解析ツールです。

My Stats で知ることのできる情報のうち、代表的なものは、以下の通りです。

  1. 表示回数(全期間・今日・一日あたりの最高表示回数を表示してくれる。棒グラフ表示もあって、直感的にわかりやすい。)
  2. 人気の投稿とページ(表示回数順に、投稿を並べてくれる。期間を指定しての並び替えも可能。)
  3. 検索キーワード(どんな検索キーワードでたどり着いた人が、どれだけの表示をしてくれたのかを、ランキングで並べてくれる。)
  4. クリック数(投稿内に張ったリンクを、クリックされた回数順で並べてくれる。)
  5. 合計フォロワー&共有(自分が投稿した記事の数、ブログやTwitterのフォロワー数を表示してくれる)
  6. タグ&カテゴリー(タグやカテゴリーごとの表示回数を、表示回数順に並べて、表示してくれる)

ブログを続ける上で、これらの統計情報は、ひとつの指標となります。モチベーションの源泉にもなります。また、検索キーワードや人気の投稿からは、次にどんな内容の投稿を書くかの示唆を受けることができます。そのため、ブログをするのであれば、何らかの統計情報を利用するのがよいと思います。

Googleアナリティクスなどの外部サービスを利用するのも手だとは思いますが、設置の手間がかかることや、対応していないブログもあることから、まずは、ブログサービスが用意している統計情報を使うのがお手軽です。

WordPress.com であれば、My Stats という統計情報ページが元々用意されています。この統計情報には、有益な情報がいっぱい詰まっています。

My Stats を利用することができる点が、WordPress.comを選択してよかったと感じる、ひとつめのメリットです。

2.WordPressへ移行するのが容易(だと思う)

WordPress.com なら、WordPressへ移行することが、容易です。WordPress.comは、WordPressを利用したブログサービスなので、多くの点で、WordPressと共通しているからです。

まず、WordPress.comに蓄積した投稿やページのデータを移行する点です。これは、エクスポート機能を使うことで、簡単に実現可能だと思われます。フォーラムなどの情報をみる限り、カテゴリやタグもそのまま引き継がれるようです。

次に、WordPress.comのDashboardは、WordPressのDashboardと同じなので、操作に戸惑うこともないのではないかと思います。たとえば、ウィジェットの設置や、各種連携ツールの使用についても、WordPress.comでやったことがあれば、たぶん、WordPressであっても、スムーズに実現可能なのではないかと思います。

もっとも、WordPressへの移行に関しては、まだ私自身がやったことがないため、多分そうだと思う、のレベルにとどまります。実際にWordPressに移行しみたら、実際どうだったのかを、まとめてみます。

なんにしても、WordPressに興味があるけれど、いきなりレンタルサーバを用意するのはおっくうだ、という場合、まずWordPress.comを利用するのは、合理的な選択ではないかと思います。

3.ブログサービスとしての基本機能が高い(ような気がする)

WordPress.comは、ブログサービスとしての基本性能が高いような気がします。私がありがたいと感じているのは、以下の点です。(ただし、私は、他のブログサービスを利用したことが、ほとんどありませんので、他との比較でこれらを評価しているわけではありません。)

  • 広告は、いっさい表示されません。
  • ブログの外観は、多くのテーマの中から、自分にあったものを選択することができます。
  • 記事を投稿したときに、TwitterやFacebookに自動で流すことも可能です。
  • RSS配信は、全文か一部かを選択できます。
  • Googleウェブマスターツールを使うことができます。
  • メール投稿も可能です。
  • 各種ブログエディタに対応しています。zoundry ravenにも対応しています。Blogsyでも投稿可能です。
  • ブラウザからの投稿も、結構いろいろなことができます。HTMLを直接編集することも可能です。

スポンサードリンク

関連記事

no image

WorkFlowyについて書いてきた177個のブログ記事を、WorkFlowyによって組み替えた、ひとつの大きな階層つきリスト

1.はじめに 2015年1月から、私は、この「単純作業に心を込めて」というブログに、WorkFlow

記事を読む

no image

ブログに「単純作業に心を込めて」と名前をつけたら、「単純作業に心を込めて」という行動指針を得た。

1.はじめに 単純作業に心を込めて とあるブログ記事が縁になって読ませて頂くようになりました

記事を読む

no image

過去と未来に向けて開かれた流動的な構造

千夜一夜の物語 今から2年ほど前の2014年9月30日、この「単純作業に心を込めて」というブログに、

記事を読む

no image

WordPress.comからWordPressへブログデータを移す方法のメモ

あんまりわかっていないので、とんちんかんなことを書いているかもしれませんが、WordPress.co

記事を読む

no image

Google AdSenseに申し込む手順

1.Google AdSenseへの申し込み このブログにGoogle AdSenseを設置するこ

記事を読む

no image

最初の1ヶ月と少しを終えた段階で、Google AdSenseとのつきあい方を考える

1.はじめに 2013年5月1日午後4時で、Google AdSense上の2013年4月が終わり

記事を読む

no image

ロールズの「無知のヴェール」と、「自分の一番好きなブログを自分で作る」

1.ジョン・ロールズの「無知のヴェール」 以前、別の記事に(フィクションとして)書いたことがあるの

記事を読む

no image

自分の好きなことへの没頭を、「作品」として公開すること

ここしばらく、ブログを続けることの意味について、考えています。普通の勤め人である私が、ブログを続ける

記事を読む

no image

「自分以外の読み手を想定している&書いたあとで整理する」の領域に位置づけられる、Postach.ioとFargo

1.「自分以外の読み手を想定している&書いたあとで整理する」候補の、Postach.ioとF

記事を読む

no image

一冊の読書から得る果実を増やすために、読書記事の型を作った

1.読みっぱなしは、もったいない気がしてきた (1) Kindle Paperwhiteを使ったら、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

no image
WorkFlowyを「書き上げる」ための道具として機能させるための、2つの条件・3つのイメージ

Tak.さんのTweetに触発されて。 WorkFlowyやOmniO

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のサラリーマンです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑