*

能力の相互干渉がある:ドラクエのレベル上げと現実世界との重要な違い(4)

公開日: : 最終更新日:2014/03/28 書き方・考え方

1.もうちょっと続けます

先日、ふと思いついて、ドラクエのレベル上げと現実世界の自分育成の違いを考え始めました。軽い気持ちで考え始めたこのテーマですが、考えてみると、想像以上に、いろんな考えが浮かんでいます。もう少し掘れそうな気がするので、もうちょっと続けます。

さて、これまでに考えた3つは、以下のとおりです。

次に考えるのは、これです。

  • ドラクエでは、強さの能力は基本的には独立なので、能力が相互干渉することはないけれど、現実世界では、能力は独立じゃないから、相互干渉がしばしば生じる

2.ドラクエでは、能力は独立だから、相互干渉がない

(1) ドラクエでは、能力は独立

ドラクエでは、レベルが上がったとき、こんな感じのメッセージが出ます。

ちからが 2ポイント あがった!

すばやさが 1ポイント あがった!

さいだいHPが 10ポイント ふえた!

さいだいMPが 7ポイント ふえた!

メラミのじゅもんを おぼえた!

つまり、ドラクエの強さは、ちから、すばやさ、さいだいHP、さいだいMPなど、いくつかの能力に分かれています。ドラクエでレベルを上げるということは、各能力の値をそれぞれ増やしていく、ということです。

(2) 相互干渉がない

ドラクエでは、これらの各能力は、独立しています。ひとつの能力の増減は、他の能力の増減とは、連動しません。

そのため、ある能力と別の能力が相互に干渉して、マイナスになってしまうことがありません。たとえば、ちからが上がるとすばやさが下がる、とか、ギラを覚えるとメラを忘れる、とか、こういったことは起こりません。

(3) ドラクエのレベル上げは、それぞれの能力を、上げれば上げるほどよい

能力の相互干渉がないので、ドラクエのレベル上げは、シンプルです。どの能力も、上げれば上げるほどよいからです。

たとえば、「ちから」なら、力が上がることには、メリットしかなく、デメリットはありません。なので、ドラクエのレベル上げは、「ちからを上げるべきか?」という悩みとは無縁です。上げられるなら、上げたらよいのです。

ひとつの能力を上げることで、他の能力との相互干渉が起きてしまい、全体としてマイナスになるのではないか、と心配する必要は、ドラクエでは、ありません。

3.現実世界では、能力は独立じゃないから、相互干渉が生じる

(1) 現実世界では、各能力は、独立じゃない

これに対して、現実世界では、各能力は、独立ではありません。「ちから」と「すばやさ」は、独立した能力ではありません。メラとバギも、たぶん独立していません。

たとえば「ちから」に着目すると、現実世界の「ちから」は、それ自体として存在するパラメータではなく、筋肉や体の使い方の結果として決まる何かです。ですから、現実世界では、「ちから」を直接上げることはできません。現実世界で「ちから」を上げるには、筋肉をつけたり、体の使い方を練習したりする必要があります。

そして、筋肉をつけたり体の使い方を練習したりすると、同じく筋肉や体の使い方によって決まる「すばやさ」も、影響を受けます。

このように、現実世界では、各能力は独立ではありません。

(2) 相互干渉がある

現実世界では、各能力が独立ではないため、同時に複数の能力を伸ばすこともできますが、反面、能力間の相互干渉のおそれが存在します。

たとえば、「ちから」を増やすために筋トレをして、体重を増やした結果、体のコントロールがうまくいかなくなって、「すばやさ」が落ちる、ということがあります。また、「メラ」を覚えたことによって、それまで得意だった「ギラ」の勘が鈍るかもしれません。

能力間の相互干渉は、スポーツに顕著です。バッターが、打球の飛距離を伸ばすために筋トレをしたら、ミートが下手になって打率が下がった、とか、ピッチャーが、新しい変化球を覚えたらストレートのスピードが落ちた、とか、そういうことは、しばしば生じるようです。

スポーツほど顕著ではありませんが、能力間の相互干渉は、スポーツ以外の一般的な仕事力にも、たぶん、妥当します。ブログ記事をたくさん書いて、ブログの記事を書く力がついてきたなあと思ったら、いつの間にか仕事で書く報告書を書くのが下手になってしまう、ということも、あるかもしれません。

(3) 全体としてのスタイルを意識した自分育成が大切

このように、現実世界では、能力間の相互干渉がありえます。そのため、現実世界では、能力値は高ければ高い方がよい、とは言えません。現実世界で自分を育成するときは、「ちからを上げるべきか?」という悩みを抱える必要があります。

このとき大切なのは、自分のスタイルです。自分のスタイルがどんなものなのかを考えて、そのスタイルとの関係で、ある能力をどの程度まで伸ばせばよいのかを見定める、という姿勢が有効です。

現実世界で自分を育成するのは、ドラクエのレベル上げよりも、複雑な営みです。

スポンサードリンク

関連記事

no image

「WorkFlowyで本を書いた人からの手紙」

1.はじめに こんにちは。少しずつ暖かくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。 先日さし上げた

記事を読む

no image

煽らず、脅さず、地に足の着いた希望を示し、行動を生み出す本『ゼロから始めるセルパブ戦略』(倉下忠憲)

1.はじめに 読みました。 『ゼロから始めるセルパブ戦略: ニッチ・ロングセール・オルタナティブ (

記事を読む

no image

その文章が果たすべき役割、意識していますか? 典型的な4つの役割とその活用方法

1.仕事文章の特徴は、役割があること 仕事で作成するいろんな文章全般を、「仕事文章」と呼ぶとして、「

記事を読む

no image

マトリクスをやわらかい思考に使う(内観法とマトリクス)

1.マトリクスは、自分と他者との関わりを振り返るためにも使える マトリクスは、便利な思考ツールです。

記事を読む

no image

大学受験勉強にのぞむ4つの基本戦略

1.はじめに 高校生の子どもを持つ知人から、その子に大学受験の受験勉強のコツを教えてくれと頼まれま

記事を読む

no image

本を買って読むことにしている理由と、一回勝負で読んで、どんどん捨てる、という解決法

1.紙の本を整理する仕組みが必要な理由 (1) 本を買って読むことの費用対効果 私は本が好きです

記事を読む

no image

彩郎流二毛作。知的生産の治具マクロ「WFtoMSWD.dot」で、Word文書作成プロセスから得る収穫を倍にする。

1.マロ。さんの知的生産の治具工房による新作Wordマクロ「WFtoMSWD.dot」 マロ。さんの

記事を読む

no image

『WorkFlowy文章作法』第1章「2つの原則」(前半「知的生産のフロー」)

この記事は、『WorkFlowy文章作法』の第1章「2つの原則」のうち、前半の「知的生産のフロー」で

記事を読む

no image

『文章教室』(結城浩)と『アリスの物語』監修PDF(倉下忠憲・藤井太洋)に、ウェブによる教育の可能性を見る

1.よい校正の具体例を、ウェブ上で無料で入手するチャンス (1) ウェブ上に無料で公開された2つの

記事を読む

no image

Androidからさっとメモし、パソコンからじっくりと日記へ仕上げる、Evernote日記システム

1.Evernote日記システム (1)さっとメモし、じっくり日記へ仕上げる スマートフォンは、

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑