*

EvernoteよりもGmailの方がデータベースとしての使い勝手がよい、2つの理由

公開日: : 最終更新日:2013/08/03 Evernote, Google

1.一般人がコスト0円で個人的なデータベースを持つための2つの手段

インターネットにはいろんな情報が蓄えられています。しかし、インターネットには、自分に関する個人的な情報はありません。知人の田中さんのメールアドレスとか、親戚の鈴木さんが好きな和菓子とか、自分が契約したレンタルサーバーの更新時期とか、自宅の間取りや天井の高さなどは、インターネットで一般的な情報を調べても、わかりません。

このような、自分に関する個人的な情報を検索するためには、個人的なデータベースが必要です。個人的なデータベースにいろいろな情報を入れておけば、ふとしたときに、ちょいちょい役に立ちます。

一般人が、コスト0円で、個人的なデータベースを持つためには、2つの手段があります。ひとつは、Evernoteで、もうひとつは、Gmailです。

Evernoteは、いろんなデータを保存するためのサービスです。まさに、個人がデータベースを持つためのサービスと言えます。

これに対して、Gmailは、ウェブメールです。メールとしての機能は圧倒的ですが、本来、データベースサービスではありません。

とすれば、本来データベースを目的とする点で、Evernoteを個人的なデータベースとして使うのがよいという結論になりそうなのですが、私にとっては、EvernoteよりもGmailの方が使い勝手がよいです。

この理由は、次に述べる2つです。

2.Gmailの方がデータベースとしての使い勝手がよい、2つの理由

(1) いつの間にかデータが蓄積される

Gmailには、無意識のうちに、重要なデータが、日々蓄積されます。

私は、ほぼすべてのメールをGmailから送受信しています。そして、Gmailには2013年07月段階では、15GBもの豊富な容量が確保されていますので、メールを削除する必要はありません。このため、Gmailからいろんなメールを送受信するだけで、Gmailには、たくさんの重要な情報が、日々、蓄積されていきます。

これに対して、Evernoteに情報を蓄積するのは、基本的には、自動です。メール転送やiftttなどを利用して、自分で自動蓄積の仕組みを作ることもできますが、この場合も、自分でわざわざ仕組みを作らなければいけません。

(2) 人という検索キーが使いやすい

GmailもEvernoteも、優れた検索機能を持っています。しかし、私にとっては、Gmailの方が、必要な情報を検索しやすいです。

Gmailの検索が使いやすいいちばん大きな理由は、メールには、送信者と受信者という人の要素がくっついていることです。自分がほしい情報が、誰から受け取ったメールの中にあるかとか、誰に送ったメールの中にあるかとか、どのメーリングリストで流れていたかとかは、わりと記憶に残っています。そのため、人を検索キーで検索すると、ほしいメールにたどり着くことができます。

特に、Gmailは、検索窓に人の名前やメールアドレスの一部を入力すると、自動的に保管して、特定の人のメールアドレスで検索をかける機能を持っています。この機能を使えば、人の名前が頭に浮かべば、その人との間でやりとりしたメールをもれなく拾い出すことができます。

3.EvernoteとGmailは、核となるサービスだから、それぞれの強みを活かす

私にとって、EvernoteとGmailは、自分の生活を支えてくれる、核となるサービスです。EvernoteとGmailそれぞれの強みを活かし、両方のサービスを、自分にとってもっとも高いパフォーマンスを発揮するように、使いたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

no image

Evernoteの2段階認証を有効化する手順

1.Evernoteの2段階認証 少し前の話になりますが、2013年6月ころから、Evernoteで

記事を読む

no image

体験を深める手段として、Evernoteを使う。「深めたい体験をEvernoteに記憶させる」という方針。

1.Evernoteに体験を記憶させると、結果として、体験が深まる (1) Evernoteの強み

記事を読む

no image

Evernoteのノートブックとタグをゼロベースで考えるとしたら

1.はじめに Evernoteが私の日常に定着して、1年くらいになります。 今では、Everno

記事を読む

no image

私にとっては、LINEよりもハングアウトの方が好ましいけれど、ハングアウトには課題も感じる

1.Googleのハングアウト 少し前の話ですが、Googleは、Google I/O 2013で、

記事を読む

no image

「Googleカレンダーを軸としたスケジュール管理システム」を、考え始める

1.はじめに (1) Googleカレンダーのおかげで、致命的な失敗は発生していません 現在、私

記事を読む

no image

Evernote×日記。書き続ける仕組み、リターンを大きくする工夫。

1.Evernoteで日記を書く 私にとって、日記を書く習慣は、もっとも大きなリターンを得ている習慣

記事を読む

no image

Androidの使い方の一例(機種・キャリア/使い方・アプリ・設定)

今の私のAndroidの使い方をメモしておきます。 1. 機種とキャリア (1) 機種 SC-

記事を読む

no image

Evernoteの育て方。子どもの成長記録・知的生産・セルフマネジメントのノート具体例とあわせて。

1.Evernoteの中に具体的なノートが増えることで、Evernoteが育つ いつのころからか、

記事を読む

no image

好きな素材を、上達論のテキストとして使い込む

1.「上達論のテキストとしてみる習慣」という考え方 齋藤孝の『「できる人」はどこがちがうのか』に、

記事を読む

no image

この2点が備われば、WriteNoteは、私のAndroid上で、PostEver並の活躍をしてくれるはず

1.はじめに WriteNoteは、Evernoteにテキストデータを投稿することに特化した、シン

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

no image
お待たせしました! オフライン対応&起動高速化のHandyFlowy Ver.1.5(iOS)

お待たせしました! なんと、ついに、できちゃいました。オフライン対応&

no image
「ハサミスクリプト for MarsEdit irodrawEdition」をキーボードから使うための導入準備(Mac)

諸事情により、Macの環境を再度設定しています。 ブログ関係の最重要は

no image
AI・BI・PI・BC

AI 『〈インターネット〉の次に来るもの 未来を決める12の法則』を読

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]「それは、サピエンス全体に存在する協力を増やすか?」という評価基準

1.「社会派」に対する私の不信感 (1) 「実存派」と「社会派」 哲学

no image
[『サピエンス全史』を起点に考える]サピエンス全体に存在する協力の量と質は、どのように増えていくのか?

『サピエンス全史』は、大勢で柔軟に協力することがサピエンスの強みだと指

→もっと見る

  • irodraw
    彩郎 @irodraw 
    子育てに没頭中のワーキングパパです。1980年代生まれ、愛知県在住。 好きなことは、子育て、読書、ブログ、家事、デジタルツールいじり。
    このブログは、毎日の暮らしに彩りを加えるために、どんな知恵や情報やデジタルツールがどのように役に立つのか、私が、いろいろと試行錯誤した過程と結果を、形にして発信して蓄積する場です。
    連絡先:irodrawあっとまーくtjsg-kokoro.com

    feedlyへの登録はこちら
    follow us in feedly

    RSSはこちら

    Google+ページ

    Facebookページ

PAGE TOP ↑